日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

雀力アップ

初段認定

 

第27回 初段解答

問題A

1. 東場 東家 ドラ

  
 リーチ ツモ

A ・・ 2.000オール    B ・・  3.900オール    C ・・  4.000オール

正解 B ・・  3.900オール

解説 役はリーチの1ハン、メンゼンツモの1ハン、タンヤオの1ハン、ドラ1の1ハンで合計4ハン。
    符は副底の20符、が暗刻の4符、ツモの2符で合計26符。
    親の4ハン30符は3,900オールとなります。






   

2. 東場 西家 ドラ 

  
 チー ロン
     
A ・・ 3.900    B ・・ 5.200    C ・・ 6.400

正解 B ・・ 5.200

解説 役はチャンタの1ハン、ドラ2の2ハンで合計3ハン。
    符は副底の20符、が暗刻の8符、が雀頭の2符、待ちがカンチャンの2符で合計32符。
    子の3ハン40符は5,200となります。


    

 3. 南場 南家 ドラ      

   
  ポン ポン ツモ
                       
A ・・ 600、1.200    B ・・ 700、1.300    C ・・ 800,1.600

正解 C ・・ 800,1.600

解説 役はトイトイの2ハン。
    符は副底の20符、が暗刻で4符、が暗刻で4符、が明刻で2符、が明刻で4符、が雀頭で4符、
    待ちが単騎待ちの2符、ツモの2符で合計42符。
    子の2ハン50符は800・1600となります。





4. 南場 北家 ドラ 

  
 ツモ

A ・・ 4.000、8.000   B ・・ 6.000、12.000   C ・・ 8.000,16.000

正解 B ・・ 6.000、12.000

解説 役は清一色の6ハン、リャンペーコーの3ハン、ドラ2の2ハン、ピンフの1ハン、タンヤオの1ハン、メンゼンツモの1ハンで合計14ハン。
    子の14ハンは三倍満ですから、6,000・12,000となります。
    連盟ルールでは数え役満は採用していませんので注意が必要です。





問題B
 

1. 東1局 西家 7巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
  ツモ

A:  B:  C:

正解 B:

解説 を引いてぐっと形がしまりました。ここは雀頭をどちらにするかですが、カンの受け入れを残す切りが正解です。
     344568みたいなリャンメンカンチャンの形は逃さないようにしましょう。  









2. 東3局 東家 10巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
  ツモ

A:  B:  C:

正解 A:

解説 456に567の三色の可能性があり、親番で是非とも連荘したいところですから、
    ここはドラであっても最も受け入れの広い切りが正解です。







3. 東4局 南家 9巡目 ドラ 持ち点:38.000

  
  ツモ

A:  B:  C:

正解 A:

解説 いろいろな可能性がありますが、345の三色と受け入れの広い切りが正解です。
    裏目のドラを引いてもカバーできるので安心ですね。









4. 南2局 北家 7巡目 ドラ 持ち点:22.000

  
  ツモ

A:
  B:  C:

正解 A:

解説 最期の親も落ち、オーラスも近くなり点数が欲しい局面です。
これだけ内に寄っている手をピンフ、もしくはリーチのみではつまらないです。
狙うは456か567の三色同順。ここは切りが正解です。








5. 南4局 南家 8巡目 ドラ 持ち点:30.000(跳満ツモでトップ)

  
 ツモ

A:  B:   C:

正解 C:

解説 タンピンに三色を付ければトップが狙えそうです。
    
    

      

    こんな形が理想ですね。







問題C 

1. 東1局 南家 7巡目 ドラ 持ち点:30.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 開局ですね。このリャンシャンテンでのドラ切りはやや早計でしょう。
    ドラは重なりに期待しての切りが正解です。









2. 東3局 北家 13巡目 ドラ 持ち点:28.000

  
  ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 D:

解説 切りと切りがそれぞれ打点、アガリ枚数でほとんど条件が一緒なのですが、
    高めの枚数が切りのほうが多いので一番優秀です。





   


    

3. 東4局 東家 7巡目 ドラ 持ち点:32.000 

  
 ツモ 

A:  B:  C:  D:

正解 C:

解説 親でのチャンス手です。678の三色が見えますがリャンメンを拒否して待ちがカンチャン受けになってしまっては苦しいですね。
なお、よりの方がの重なりの分テンパイチャンスが多いので ここは素直に切りとしておくのが優秀でしょう。


 






4. 南2局 西家 6巡目 ドラ  持ち点:12.000

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 B:

解説 点数がない子方です。安めのを拒否してタンヤオ、ピンフ、345や567の三色までつけば言う事なしですね。








5. 南4局 西家 9巡目 ドラ 持ち点:41.000(トップと800点差)

  
 ツモ

A:  B:  C:  D:

正解 A:

解説 アガればトップの状況です。
    打点はいらないので一番手広くを切ります。






問題D


正解 B:

南2局1本場
、東家、7巡目 宮内こずえプロ ドラ

配牌
ツモ   
捨て

 

解説 を切った宮内プロは、次巡を引き切りリーチ。
一発でドラのをツモリ、裏ドラがで僥倖の8,000オールをアガった宮内プロはこのまま勢いに乗り、
なんと70,000点オーバーの特大トップで、見事、天空麻雀初優勝を果たした。












問題E



正解 B:


東4局、西家、4巡目。 森山茂和プロ ドラ

配牌
ツモ
捨て

 



解説 を切った森山プロは、見事な手順で9巡目に、

  リーチ  

この形でリーチを打つ。

11巡目に高目三色のドラをツモって跳満をアガった森山プロは2連勝で優勝を決め、
天空麻雀では三度目の優勝という偉業を成し遂げた。




ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。