日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

雀力アップ

何を切る? 

Aリーグと各リーグのプロに出題して、解答を比較し、
各リーグのプロがその一打を深く解説し、掘り下げていくコーナーである。



問題作成者:山田 浩之(五段)





東風戦ロン2道場ルール(赤なし、一発、裏ドラ、カンドラ有り)
東3局1本場、南家28,600点持ち3着目


Aリーグ
 
Dリーグ
 



Aリーググラフ

切り 8人、切り 6人、切り 6人、切り 3人
切り 1人、切り 1人、切り 1人、切り 1人

          
Dリーググラフ

切り 21人、切り 7人、切り 5人、切り 4人
切り 3人、切り 2人、切り 1人、切り 1人

 


【Aリーグ回答】

切り
老月貴紀 近藤久春 瀬戸熊直樹 ダンプ大橋 朝武雅晴
仁平宣明 望月雅継 吉田幸雄

・望月雅継(A機

ピンフ含みのイーペーコーの1シャンテンに受けるか、七対子の1シャンテンに受けるかの選択ですが、私は打とします。
跳満を狙うなら、まだ手中にないドラを引くことを念頭に置いて七対子に決めた方がいいのでしょうが、
次局に親番を控えた3着目であるということも考慮し、受け入れの広い形を選択します。
手役派のイメージが強い私ですが、ここ数年のテーマは『美しさ』と共に『自然に打つ』ということを掲げています。
この牌姿はそれほどアガリに向かいたい訳でもなく、さらには意思を介入させる程のでもありませんので、素直に進めるのがベターでしょう。
ただ1つ気をつけないといけないことは、打とした以上、必ず手順を守らなければいけないということです。
この後、ツモやツモと来た場合、必ず打としなければならないのはもちろん、ツモ--でイーペーコーのテンパイを果たした後でも、
ツモやツモと来た場合はテンパイを外す打としたいのです。
ということは、ダイレクトにツモと来た場合のみリーチを打ちますが、それ以外はダマを選択するということです。
前述したように、今局のテーマはどうやって親番を迎えるかということですから、なるべくローリスクで手を進めることに主眼を置きたい所です。
『牌に素直に』と考えれば、ツモと来た意味を考えて七対子を本線に進めるのですが、打牌選択は常に打ち手の意思を求められます。
場況を判断材料にしていく七対子はこの局のテーマに合わないと判断したいのです。これがラス目の北家の手牌でしたら七対子にするのでしょうが。
自然なテンパイを組み、親番を迎えた所で爆発させる。その為の布石となる足掛かりの1局としたいところです。


切り
明石定家 石渡正志 中村毅 古川孝次 前原雄大
四柳弘樹 

切り
荒正義 猿川真寿 沢崎誠 鈴木基芳 滝沢和典 
山田浩之

・猿川真寿(A供
連荘中の親の手が良さそうに見えるので、リーチはしたくなくピンフにしたい。
引きのロスは痛いので1枚を外して様子をみる。
-は親に通りそうなので切りたくないです。

切り
伊藤優孝 金子貴行 白鳥翔

切り
柴田弘幸

切り
勝又健志

切り
右田勇一郎

切り
山井弘

・山井弘(A供
まず、この手はメンツ手と見ます。
すでに2メンツとリャンメンが1つあり、ドラ表示牌のも2枚持っています。
と分けて考えれば、メンツ選択としてペンチャンを払うのがベストと考えられます。
ならば、受けの苦しい七対子を見切って、メンツ手で攻めようと思います。
最終的にはメンタンピンを目指してリーチ!!と行きたいですね。





【Dリーグ回答】

切り
安達紘文 吾妻さおり 泉亮多 大木亮典 ガース
小島広宣 齋藤麻衣子 重原聡 嶋村泰之 白河雪菜
杉浦幸 高沢智 高沢雅 田代航太郎 谷岡育夫
富村つぐみ 中山奈々美 藤川まゆ 古谷知美 本間道成
吉野敦志

・高沢智(D機
親が連荘しているので、次局の親番のためにも自らアガリが欲しいので素直にテンパイに向かうを選びます。
を持ってくるようなら切りでの打点も見込める手にかわるが、そうでない限り、打点よりアガリを優先する。

切り
小川淳 上岡美里 越野智紀 富田久志 長山雅幸
福光聖雄 松岡昭彦 

・小川淳(D供
七対子は見ずにピンフ、イーペーコーを狙う。
を引いたら切りで柔軟に対応したい。
は親の現物なのでを切る。


切り
北野由実 戸嶋祥太 童瞳 平岡理恵 藤原正充

『コメント』:平岡理恵(D機
ドラがなのでを頭にしたくないし、ペンを残すのも形が苦しいのでを切る。
七対子は考えず、マンズかピンズののびに期待したい。


切り
大庭三四郎 美波智子 山下忍 山口大和

切り
犬見武史 中土恵介 牧野和弘 

切り
内山えみ 佐倉麻由 

切り
水越京子

切り
和久津晶

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。