日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

雀力アップ

何を切る? 〜連盟員50名に聞きました〜

2010年11月の『何を切る?』 連盟員50名の回答

問題作成者:沢崎 誠(八段)


(捨て牌の白牌は手出し牌です。)

ルール:25,000点持ち、30,000点返し。リーチ・一発・裏ドラ・槓ドラ有り・赤牌なし。

東2局1本場 西家


 

  


 切り


1名
  [ 朝武雅晴 ]
  朝武雅晴

「重たいマンズをほぐす。七対子にも対応できるように。」



 切り


1名
  [ 王政芳 ]
  王政芳

「3面のチャンスを捨てたくないので。」



 切り


2名
  [ 大川哲哉 柚木正仁 ]
 

大川哲哉

「他家にドラがトイツ以上ありそう。ここは切りで一旦バックする。細心の注意を払い放銃を避ける。」


  柚木正仁

「対面との捨て牌がかぶっているものが多いのでトイツ場とみて縦に受ける。」



 切り


2名
 

「前原雄大 田村りんか 」


  前原雄大

「東南戦であるからには東場は打点を私は求める。何をどう打ってもロスがある以上、深く構える為に打東とする。」


 

田村りんか

を残したところで高くならないし、ドラ近辺やもそろそろ怖いし、安全も考えて。」



 切り


3名
 

「瀬戸熊直樹 増田隆一 長内真実 」


 

瀬戸熊直樹

は鳴かない。門前の両面リーチを目指すが、途中手牌が伸びないようなら、オリも早めに考慮する。」




 

増田隆一

引きは勝負手になるのでを外して様子見とする。 」




 

長内真実

「門前で仕上げるためにを切ります。最悪、が雀頭になっても良いと思います。 」





 切り


6名
 

「仁平宣明 井出一寛 佐々木寿人 こごまさとし 浜上文吾 仲田加南 」


  仁平宣明

「親の手がどこまで進んでいるかはあるが、マンズに手をかけると放銃の可能性がある。この後--を引くようならのトイツ落としで親に動きがあれば素直に受けにまわる。」




  佐々木寿人

「ピンフ・イーペーコー・ドラドラを見ながら、七対子はテンパイにとる。待ち頃の牌を引けばリーチ。」




  こごまさとし

「東はトイツ落とししていく予定でマンズで3メンツとみる。」




 

浜上文吾

「理想はドラを2枚引いてのピンフ・イーペーコー。--をツモるのであればピンフ目指して切り。ツモが縦になるのであれば七対子狙いでを切る。は鳴きません。」




 

仲田加南

--を引いたらを落とす。七対子も見つつ。」





 切り


16名
 

「古川孝次 老月貴紀 右田勇一郎 柴田弘幸 吉田幸雄 井出一寛 
 森脇翼 紺野真太郎 藤岡良一 葛山英樹 太田昌樹 鈴木郁孝 
 菅野直 和泉由希子 黒沢咲 平岡理恵 」


 

古川孝次 

「ドラが--の二度・三度受けは考えられない。だが現在4トイツ、やはり七対子にも視野を入れ、トリプル受けを外す切りがベストか。」




  老月貴紀

「このロスは仕方ないので。メンツ手が本線だが789が重なるようなら七対子も視野にいれて。」




 

右田勇一郎

--は2枚以上必要なのでピンフや面前でメンツ手にはならないと思う。なので七対子目は残す。」




 

柴田弘幸

--の三度受けは決まらない。だがに手をかけるのは軽いと自分は思っている。」




 

吉田幸雄

「ドラ引き七対子も考えながら、の動きも見て。」




 

紺野真太郎
「難しいですね。一応七対子・イーペーコー、ポンなどの可能性を残せるように。」


  葛山英樹 

「ドラが他家に固まっているか山にあるので、二度受けでもOK。ドラが入らないと魅力ある手にならないので、ドラターツ以外を外す。」




  太田昌樹
「ドラをツモらないと魅力がない。中盤から終盤は七対子にして受けるかオリ。」


  和泉由希子

「一応、七対子とメンツ手を天秤にかけつつ・・。」




 

黒沢咲

--の三度受けをほぐす。動きもとれるよう打とします。」





 切り


19名
 

「荒正義 藤崎智 板川和俊 石渡正志 堀内正人 望月雅継 藤原隆弘 
 勝又健志 四柳弘樹 内川幸太郎 二階堂亜樹 宮内こずえ 一井慎也 
 大場篤 三田不二夫 さくらやよい 優木美智 南里はるみ 相沢かおる 」


 

荒正義

「配牌からあるドラ受けのWメンツは辛い。と切って先にここをほぐす。」




  藤崎智

「手なりで手広く受けます。」




 

板川和俊
「受けいれロスが一番少ない打とする。」


 

石渡正志

--の重複受けを嫌いつつ、門前だと少しきついのでポンから入る。次第。」




 

堀内正人

--の三度受けをほぐす。」




  藤原隆弘

「一番ロスの少ない一打はこれですよね。」




  勝又健志

「全力でアガリに行く手には見えないが、余程ツモが効かないと高打点にならない。よって素直に効率で七切り。」




 

四柳弘樹

「一面子できたので面子手を見ます。はロスがの1枚だけなので。」




 

二階堂亜樹
「最高目を狙うなら落としかも知れませんが、まだ東2局なので広く受けます。ドラの二度引きよりの受けを残したいですね。」


 

宮内こずえ

--を3枚持ってくるのは厳しい。」




  優木美智

「門前で東ドラ1とかリーチ両面とか狙いで。別に門前だけにこだわるわけではないです。ドラ表を1枚外しておきます。後は来る牌次第。」




 

南里はるみ

「単純に--の両面・-36受け、雀頭の4メンツ。ポンテン両面マチならテンパイとると思う。が埋まっていれば尚更。」






ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。