日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 >勝ちに向かう打法9

雀力アップ

勝ちに向かう打法9

執筆:灘 麻太郎

1. 「テンパイ速度より構えを重視せよ」

トップ目で迎えた南3局、西家で図Aの手。

図A
 ツモ ドラ

ずばり、カンを引けばメンゼンのテンパイとなるだけに問題はないのだが、
思い通りに牌が来てくれないのも麻雀で、こういう手の時には往々にしてを引いてきたりするものだ。

実戦での引き牌もで、この打ち手は躊躇することなく打で即リーチと出た。
トップ目であり、とにかくテンパイの速度を考えてのリーチだったと思う。
だが、こうした打法は損だ。

武田信玄の教えに“われが人を使うは、人をば使わず、その業を使うなり”という言葉がある。
自分は人を使っているのではなく、その能力を使っているのだという意味なのだが、この教えは麻雀にも役立つ。

アガリはテンパイの速度ではなく、その構えが問題。
与えられた手を生かすも殺すも、打ち手の業が問題なのだ。

例えば、図Aの手。ここはテンパイに取らず一切りの手だ。
これだと次にを引けば切りで図Bの構えになる。

図B
  

これだと、イーペーコーを狙えるし、引き牌がであればタンヤオのテンパイとなる。
図Aの手はあわててリーチを急ぐ手ではなかったのだ。



2. 「一色の乱れ打ちはソバテン注意」

図Cに示した、西家リーチ。

図C
 ドラ
 

ソーズが1枚だけで、マンズは1枚も捨てられていない。
この捨て牌の事実から、他家としては一様にマンズとソーズの待ちを警戒することになるし、
雀士の心理としてもそう読んでむしろ当然といえる。

しかし実戦では、こんな捨て牌を残しているときに意外と多いのが、ピンズで待たれているということだ。
カンチャンで待つ形を嫌っているあいだに他種の待ちがそろってしまい、この種のリャンメンの待ちが残ったという。
メンツづくりに苦しんだことの1つの表れなのだ。

したがって、こういう捨て牌になっている場合には、意外とソバテンが多く、自信満々のリーチが多いのだ。
通常、6、7巡目と早い時期にかかるリーチの場合は、捨て牌の中に切り出されていない種類の数牌で待たれるケースが多いものであるが、
図Cのような捨て牌相を残している場合は別だ。

“一色の乱れ打ちにソバテンあり”
実戦でのリーチは図Dの通り。これがこうしたケースの定石なのだ。

図D
 リーチ

このことを知ってもらえば、実戦で、こんなワナにひっかかることはまずなくなる。
ぜひ、覚えてほしい定石の1つだ。



3. 「絞りペンチャンを見破る方法」

図Eのような手牌のところにをツモったとしよう。

図E
 ドラ

ここでだれしもが考える手段は、123の三色。これを照準に合わせて、打と出るはず。
次に運よくをツモったとすると打1、これで一気に念願の三色が完成。

さて問題はこの瞬間なのだ。
ほとんどの人はと連続して出しているし「これでペンチャンを嫌った格好に見えるゾ」と思い込み、即リーチに走る。

失礼ながらあなたも、ダマテンよりリーチをかけたほうが出やすい、と考えるはず。
しかしこの手順は、私が“絞りペンチャンの打法”と名づけている作戦で、実戦では極めてよく見受けられる形だ。

従って私がこのリーチに対してを放つ事態はありえない。
というのも、この絞りペンチャンの捨て牌には1つの大きな特徴があるのだ。

の出る前に注目すると、ふだんならもう少し遅れて切られるはずの中張牌が早々と出ている。図F。

図F

これが見抜く法。この形こそ、チャンタや三色を狙う場合の“よくある手”。
序盤に中張牌が切られ、そのあとでペンチャンを嫌った形の捨て牌は、逆にペンチャンが要注意なのだ。



4. 「すっぱい梅の味の戦法」

三国志の主人公。曹操が南陽の張繍討伐に向かったときの話。

行軍は暑いさかりの五月から六月にかかっていた。
土地は乾き、太陽が照りつけるなかで、水を求めながら倒れる兵士が続出していた。
これを見て曹操が、山を越えると梅の林がある、とみなを元気づけたという。
兵士はすっぱい梅の味を想像し、口の中につばをわかせつつ、いつかノドのかわきを忘れ、南陽にせまっていった。

これは曹操のすぐれた兵法の1つとして現在にも伝えられたものだが、麻雀にもこうした兵法がときには必要なのだ。
例えば、図Gの手。

図G
 ツモ ドラ

実戦ではこの場面で、この手の持ち主はに手をかけ、トイツ落とし。
3巡後の9巡目にはを引いてきたところで、安全牌として残しておいたを切り出し、図Hの構えでリーチ。

図H
 リーチ  

2巡後、でロン。だがこの手、アガったからよいとはいえない。
この手は6巡目のとき切りの手だった。三暗刻、チャンタという役狙いがあったからだ。

すなわち、すっぱい梅の味(満貫)を思いつつ、ここは手づくりに向かうべき場面だったのだ。
牌は使い方次第で、生きもし、死にもするという意味だ。



5. 「仮テン、焦りのリーチは避けよ」

テンパイは大きく分けて2種類ある。
1つは最終的なテンパイ形となる“本テン”で、もう1つは手が変わる余地がある、“仮テン”だ。

ここで大事なのは、仮テンでリーチをかけてはいけないということ。
とかくメンゼンでテンパイすれば即リーチ、という打ち方をする人が多く、リーチ後「しまった」と、舌打ちをする場面をよく見かけるのだが、
これではせっかくのチャンスがだいなしとなる。

七対子のタンキにしても、もっとよい待ちに変わることもあるし、少し待てば三色になったり、一通になったりすることだってある。
そういう可能性を持った手牌は実戦でゴロゴロしている。

これを見つけて、手変わりが完了したときこそホンモノの“本テン”だ。

図I、東2局の西家、8巡目の手。

図I
 ツモ ドラ

はすでに河に3枚切られている。
実戦では雀頭がないと切りで三色狙いのリーチと出た。の出が多く、アガれるなら高目のという気持ちのはず。
だが、これは好手とはいえない。リーチをかけ、簡単にが出るのならよいが・・。

図Iの手、を切らなければヤミテンでアガれるし、その後ドラ引きなら図Jの構えにまで変化できるのだ。

図J
    


     
 
 



執筆:灘 麻太郎  文中・敬称略

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。