日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 >勝ちに向かう打法5

雀力アップ

勝ちに向かう打法5

 



1.ノー和了を脱する方法

南1局にきて、自分だけアガリに見放され、1人マイナスになる展開がある。
こういうケース、どんな手を打てばよいか。私がよく用いる秘策を紹介しよう。

例えば図Aの手。

図A
 ツモ ドラ

文句なしにのペンチャンを外してピンフの構えを残すことになる。
しかし、それまでノー和了という状況だと、素直で順当な切り口では展開は変わらない。

“ツキの波”を変えることができない。

ならば、どう打つか。あえてリャンメンのを切って捨て、最終的な待ちは図B。

図B
 

ペンに構えようとするのだ。
この決断こそ急所というべきで、ピンフを犠牲にしてスジのを誘い出す一手。
テンパイすれば即リーチ。

もしこので出ればそこでツキのバランスが崩れ、少なくとも放銃した当人よりもこちらが優位に立つことができる。
相手は意表をつくテンパイに放銃したことで点棒だけでなく気持ちの上でも一歩後退。

麻雀は、一方が後退すれば一方が浮上、相手を後退させればこちらが浮かび上がる。
ツキのないときは逆を行く打法で相手に放銃させることが大切だ。
そのとき手役が大きいかどうかは、さして問題ではないのだ。



2.アガリに結びつける「折刻ホ和」

「折刻ホ和(チヤイコチユーホー)」とは中国に伝わる麻雀定石の1つ。
折(チヤイ)は、牌を切ること。刻(コ)は、麻雀用語にある暗刻からも判断できるように、刻子というような意味。

そこで、この定石を直訳するならば、“アンコ牌を切り出し、アガリを求める”となる。
これを実戦例で説明すると、図Cのような構えがこれに該当する。

図C
 ツモ ドラ

いま、三色目の方のを引いた。
テンパイできる場面だが、問題は何を切り出し、テンパイするかだ。
この手はあるプロの実戦譜だが、この場面で、この手の持ち主は切りでタンキと構え、
次にを引いたところでを切り出し、図Dの構えでリーチと出た。

図D
 リーチ

この場合、この人の捨て牌の中に、筋でつれるが切り出されてあったわけではない。
たぶん端牌は出やすいという気持ちがあり、そのためにリーチに出かけたのだと思う。

ファン牌が暗刻となれば間違いなく1ハンはつくだけに、切りはないものと考えたのだろう。
しかし、ここはを雀頭に切り替え、-のリャンメン待ちの手がベストなのだ。
そう打つと教えた定石なのだ。



3.アガリトップは「下馬殺賊」戦法で

中国から伝えられた格言のなかに、下馬殺賊という教えがある。
相手の不要牌を自分のアガリ牌にせよ、という意味だ。

すなわち、実戦でよくぶつかるケースの1つに、メンツオーバーがある。
例えば、図Eの手。南4局、西家、5巡目の手牌だ。

図E
 ツモ ドラ

ドラが2枚含みでピンフ手。アガリたいと考えるのは打ち手として当然の心理だ。
問題は、メンツのどれを嫌うかだ。
こんなときメンツ嫌いの1つの方法として教えた定石がこれなのだ。

いま、対面の親がピンズのホンイツに走っているとしよう。
巡目が進み、もうテンパイしているのではと思われるような局面であれば、振り込みになってしまう可能性があるのでこの定石は通用しないが、
図Eの西家のようにまだ5巡目と早く、相手がもたついているという局面であれば、ここでの切り牌は、を切り出すべきなのだ。
ピンズホンイツ者であればマンズ、ソーズは当然不要なだけにツモ切りしてくることになる。
そこをすかさずとらえるのだ。

例えば図Fの手でアガるという寸法だ。

図F

下馬殺賊・・肉を切らせて骨を断つの戦法に似ているが、この手をアガればトップという局面では必要な戦術の1つなのだ。



4.強力な手は1シャンテン戻しで完成

ドラが固まって入っていると、どうしてもストレートに、手なりに手を進め、早くテンパイに持っていこうとしがちだ。
例えば、ドラ中がトイツの図Gの手に、

図G
 ドラ

もう1枚ドラを引いてきた場合、ほとんどの人は打とし、ペンのテンパイをとりにいく。
ドラ3で満貫なのだから文句なしというわけだ。

しかし私は、この手なら打といっていったんテンパイを崩す。
理由の1つは、ペンのテンパイに持ち込んでもは要牌。ヤミで待っても簡単に出る牌ではないこと。
それに、これだけの手材料をもらって満貫止まりにしていいか。
ドラにとらわれなければを切っていくのに、ドラがあるために手役を放棄するのはやはりつまらないと思うのだ。

このとき打としてそのままの振り替わりを待つという人もいるが、しかし振り替わった瞬間、そのでアウトなんていうことは日常茶飯事。
ならば、先に打っておく一手。打のあと、次にを引けば、図Hの手のようにツモり倍満になる。

図H

ドラばかりに目を奪われては、本当の強力な手は作れないの意だ。



5.風水の意をきく打法

柳生新陰流の秘伝の中に、“風水の音をきく”という教えがある。
勝負の最中にあっても平常心を失うことなく、風水の音が気にならず、耳に入れることができるほどに心に余裕を持って、という意味だ。

とかく一般の雀士の中には、後ろから自分の手を見られることを嫌う打ち手が多い。
いい格好を見せたいとの意識が働くのか、他人の目を気にするあまり、自分の麻雀を打てなくなるとからという意味らしい。

他人の目を気にすること自体、すでに平常心を失っていることになるし、心に余裕を持ってない証拠でもある。
そんなためか、図Iの手のところにを持ってくると、

図I
 ツモ ドラ

カンチャンを引いてのドラ1ピンフなら、アガリのムードが高まったとばかりに、つい即リーチに出てしまう。
だが、このリーチは、リーチ後にドラのを持ってこないとも限らない。
そうなれ他家に食われ、迷惑という場面だって生まれるのだ。リーチ後の暴牌という意味だ。

ドラが来るか来ないかは別として、この手はドラをツモってからあるいはを引いて三色を完成させてからリーチに向かう手なのだ。

図J

リーチは手づくり完了後に、という余裕が必要という意だ。


      
 
 



執筆:灘 麻太郎  文中・敬称略

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。