日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 仕掛け

雀力アップ

仕掛け

 


今回は、仕掛けについてのポイントやその是非について、ロン2の実戦譜から抜き出して解説していきたい。

東風戦ラス前で、上家からが切り出された局面。
ここでのは、鳴いてはならない。
仕掛けの基本的考え方は、鳴いた後に愚形を残さないようにする事だ。

カンを鳴いて、またカンが残るような仕掛けはいただけない。
もしが一枚余分にあって、の形ならで鳴いての切りでのリャンメンが残る。
これなら好形が維持できて、一歩前進と言える。

ソーズの仕掛けは、のポンのみで、はノータイムでスルーする感覚を身につけておく必要がある。

仕掛けた後も同様で、

 ポン

例えばこんな仕掛けから、1つ鳴くも2つ鳴くも同じと、-をチーしてはならない。
チーするのは、だけにする。
愚形仕掛けの好形残しが重要なのだ。

カンでテンパイしているところに、が切り出された場面。
ここはポンしての、切りとしたい。

メンゼンでのテンパイを、鳴いてしまうのがもったいないと感じられるかもしれないが、カン待ちと--待ちというテンパイ形を比べれば、当然の仕掛けと言える。
アガリ点が少し安くなるが(1.300点が1.000点)アガリ易さを優先すべき。

ドラが絡んで、2.600や5.200の手であっても、仕掛けて、2.000、3.900を取りに行くべきだ。
そもそもカン待ちをヤミテンに受けたのは、とのシャンポンやリャンメン、変則多メンチャン待ちへの変化を期待するとともに、ポンも視野に入れての構えなのだ。
メンゼンにこだわる必要はない。

同じように、

こんな手でツモでの三色にこだわるより、ポンで、

 ポン

 ポン

こう受けた方がアガリに近くなる。
メンゼンでテンパイしたら鳴いてはならない、ということはない。

苦しいメンゼンより、アガリへ近づく仕掛けも頭の中に入れておく必要があるのだ。

北家5巡目、ツモの局面。

ドラのが暗刻となっていて、アガリ役の一翻を確保する事が重要となる。
翻牌、タンヤオ、リーチ‥‥等、何でもいいので早く役を確定させたい。
ここでは、切りが実戦的打ち筋と言える。

メンゼンに限定される“リーチ”より、仕掛けて行ける翻牌やクイタン狙いに的を絞る。
翻牌のくっ付きとタンヤオをにらんで、仕掛けを前提に手を進めるのだ。

ただ漠然と手を進めるのではなく、狙いを絞れば今回の不要牌はとなる。
可能性が高いと思われる役を予想し、逆算して、打牌を選ぶ事が重要なのだ。


東風戦オーラストップ目で、上家からが切り出された局面。

もちろんチーして、(あるいは)切りのテンパイに取る。トップ目だけに当然で、異論はないと思われる。
問題は、上家が1巡前に捨てたにある。

がツモ切りで、同じ手牌に対してが捨てられた事になる。
で鳴いてソーズを切り出して行きたくなる手だ。
しかし、このは我慢の一手だ。

1シャンテンから鳴いて、まだ同じ1シャンテンだからだ。
要するに手を進めている事にならない、無駄な鳴きと言える。
前進もしないのに、手を狭める事は避けるべき。タンヤオを確定させて、リャンメンと3メンチャンが残るので、いかにも進んでいるように見えるが錯覚なのだ。

もう一つ忘れてならないのが、-は薄いように見えるが、が切り出された時には、4枚残っていて他家には不要に見える事だ。
つまり、-待ちになれば、いい待ちでアガリに近いという事。
いい待ちを嫌って、鳴いて手牌を短くしてはならない。

トップ目に立っているという事は、流れも悪くない証拠で、無駄鳴きをしてはならない。
この手牌から仕掛けるべき牌は、ただ一つなのだ。




 
日本プロ麻雀連盟オフィシャルネット対戦サイト 『ロン2』





執筆:石崎 洋

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。