日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > オーラスの対応

雀力アップ

オーラスの対応

 


今回は、最後の詰めで一番勝敗に関わるオーラスに絞り込んで、ロン2の実戦譜から抜き出して解説していきたい。


東風戦のオーラス、北家でツモの局面。

オーラスで重要な要素は、言うまでもなく現時点での持ち点。
トップ目だったり、あるいはアガリトップの場合は、無理にホンイツに向かう必要が全くない。

三元牌のいずれかを切って、マンズやソーズでメンツを作っていく事を考えるべき。
と切り出していくのは、点棒がない時や、動いていない場合。
トップ目なのにここからホンイツを狙っていくのは、手に惚れて局面を見誤ったと言う事。
オーラスは持ち点によって進むべき道が決まるのだ。


点棒状況を見ていただきたい。

トップの下家との差が15.100点。ハネ満をツモアガったとしても、100点届かない。
満貫以上をトップ目の下家から直撃するか、倍満以上をツモアガるしかトップは取れない事になる。
トップを目指すには余りにも遠く、狙える手牌とは言えない。
したがって、2着を守る事が今回のテーマとなる。
トップではなく、3着以下との点差を頭に入れて戦うことが重要となる。

したがって、ここで切る牌は、ドラ
2巡目ではあるが、対面の捨てたドラに合わせて切っておくのだ。
ただドラだという理由で抱え込んではならない。後で捨ててポンされる可能性がゼロではないのだ。

もう一つ、2着狙いに徹したら、自分のアガリだけにこだわる必要がないという事。
下家なら、安手であれば打ち込んでもいいのだ。トップ目があえて高い手を狙ってくる事は少ない。
狙わなくても自然に高くなることはあるが、万一仕掛けてくるような事があれば、アガリ点の予想は難しい事ではない。
下家が安手(クイタン等)での仕掛けが入るようなら、どんどん協力しても構わないのだ。
トップとの利害関係が一致している訳で、トップの上家であることも有利だ。
トップ逆転を夢見て無理を重ねるより、確実に2着を死守する事も重要なのだ。


ツモでテンパイとなった。
トップ目の理想は、ヤミテンで出アガリの出来る手だがではなくツモで、そうはならなかった。

トップ目のリーチは望ましい事ではないが、常にそうであるとは限らない。
リーチを掛けても子になら満貫まで放銃できる余裕もある。
親に高そうな仕掛けやリーチが掛かっていれば話が違うが、そういう訳でもない。
ここは切りリーチとしたい。

(あるいは)を切って出アガリのきかないヤミテンに構えると、アガリ牌を黙って指をくわえて見逃すしかない。
ここまでダントツになった戦いの延長線上にあると考え、攻める一手だ。
リーチを掛けないと、上げ潮に手をこまねく事に等しい。
トップ目のリーチは望ましくはないが、禁じ手と言う訳でもない。
いい流れを信じて突き進むのだ。


七対子の1シャンテンで、下家からが切り出された局面。
ダンラスの場面で、3着目の下家との点差は9.400点。
かなり苦しいと言わざるを得ないが、ラス逃れの道を突き進むしかない。

を鳴くか鳴かないかの選択をしなくてはならない。
七対子狙いなら鳴かないでリーチを前提として進めるし、鳴くならピンズのホンイツ狙いでポンして切りだ。

結果は、後者を選択した。
七対子にすると、リーチとして裏ドラを乗せてなおかつ、下家からの出アガリかツモアガリが必要となる。
裏ドラ狙いとしなければ、メンホンチートイツまで持っていかなければならない。
余りに条件が多すぎて、難しいと感じたからだ。

を鳴いてホンイツに進めば、ドラのを一枚使うか、他の翻牌を絡めてツモアガれば(あるいは下家からの直撃)3着に届く。

今回のような場面では、狙いはあくまで3着の下家で、それ以外の二人ではない。
リーチしてしまうと、トップを競り合っている他家から打ち込まれてしまう可能性がある。
見逃せばいいだけなのだが、七対子の単騎待ちを見逃してツモに賭ける事は、実戦的とは言えない。
逆に仕掛けていけば、他家からの見逃しは自由だ。


同局、結局ドラのは引き込めず、でツモアガらずにを切った。
ラスで順位の変わらないアガリは無意味だからだ。

結果的に、北家の放銃という形で終了したが、この形は、チーや、ポンでまだ3着の可能性が残る。
駄目で元々の様な仕掛けだが、座して死を待つよりはましで、100回挑戦すれば数回は成功するかもしれない。
でツモアガってしまえば、自らラスの座を決定してしまう。
この状況なら、最後まで3着狙いで行くべきで、自分でラスのまま終わらせる事はない。

悪あがきも時には必要なのだ。





 
日本プロ麻雀連盟オフィシャルネット対戦サイト 『ロン2』





文責:石崎 洋

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。