日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > ドラの切り時

雀力アップ

ドラの切り時

 


今回もロン2の実戦譜から、ドラの切り時のタイミングを解説していきたい。

東1局1本場でポンの後、ツモの局面。
前局は、南家が親満放銃。
ポンの狙いは、親満で先制した親をこれ以上調子づかせないように、蹴飛ばしてしまう意味合いが強い。
ドラを使ってアガれば高くなるのは当然だが、もう一枚ドラを使わない限りカンという愚形が残る2.000点にしかならない。

ここはドラ切りとして、1.000点ではあるが、スピード重視でアガリ切りたい。
安手であっても、仕掛けた以上はアガる事が重要で、アガリ点は二の次なのだ。
鳴いて手を進めるという事は、手牌が短くなり、守りがおろそかになるという事。
アガリ切らないと、相手からの攻めに守りきれない。
手広く受けて、ドラ牌は無視して進めるのが基本だ。


東風戦オーラス1本場、北家5巡目、ツモの局面。
トップとの差は、12.900点。
供託のリーチ棒と積み場を加算しても、満貫ツモでもトップに届かない。
2着目の上家とは2.400点差で、安くてもアガれば2着でゴールできる。

この点差でトップ狙いは厳しいと思わざるを得ない。
トップ目からの満貫直撃か、跳満ツモしかないからだ。

ここではドラの切りの一手。
ソーズ切りとしてはならない。

もう一枚ドラを引き入れなければトップを望むことは出来ないし、そうなってアガったとしてもトップになる可能性は高くない。
無謀なトップ狙いよりも、より確実な2着取りがベスト。

もうひとつ重要な事は、ヤミテン出アガリできるテンパイになったら、リーチを掛けてはならないという事。
リーチ棒を場に出すと、その時点でラスに落ちる。
どう決着するか分からないのに、トップも見えないリーチは避けるべきだ。
2着狙いに徹する事が重要。

東風戦ラス前、ドラをツモってきた局面。
親の仕掛けが気になってあたりを切りたくなるが、ドラを切るならツモ切りの今しかない。

切りはドラ切りを前提としており、ソーズでのテンパイチャンスを否定することになる。
ドラを捨てるなら、早ければ早いほど放銃の可能性は低い。
ポンされるかどうかとは別の問題なのだ。
最終的にドラを切り出すつもりなら、今切るべきという事。

それでも、どうしても怖くて切れないというなら、切る牌はではなく
切りは、絶対に最初にション牌のドラを切らないという意思表示であり、守備重視の手筋だ。
それはそれで理にかなっている。

最悪の手順は、切りの後、長引いて終盤になってテンパイし、ドラを勝負する事。
こうなると、ただ成り行き任せで打っていると言わざるを得ないし、危険度が最も高い。
危険牌は早めに切るか、合わせて捨てるか、最後まで抱え込むかの3パターン。
手に惚れて、絞り出されるように捨ててはならない。

最後は、分かりやすい手牌。
ツモったドラのは、誰かのアガリ牌の可能性が極めて高い。
捨ててはならない牌で、ここではベタオリするしかない。
テンパイしている場合でも、オリなくてはならない。
当然と言える。

なぜこのような分かりやすい例題を出したのかと言うと、守備意識が問われるからだ。

序盤で主導権を握り、攻めて行くべき局面もあれば、逆に相手から攻められ、守りに徹すべき局面もある。
終盤でただテンパイしたからといって、闇雲にリーチすれば、
今回の南のような放銃に間違いのないような牌でもツモ切りしなければならないということなのだ。

オーラスで、ヤミテン出アガリできる手で、トップなのにリーチする打ち手がいる。
守備意識が欠落しているとしか言いようがない。
トップで終わらせることがテーマなのに、危険を犯して点棒を取りにいく必要は全くないのだ。

リードしている時は、危険を回避して進むことができる。
持ち点が少なく、危険を承知で勝負するしかない場面とは決定的に違うのだ。
山ほど点棒があるのに、いつの間にかなくなってしまう打ち手は、守備に問題があると言わざるを得ない。
貯めこんだ点棒は、オーラスまで守ればそれでいいのだ。





 
日本プロ麻雀連盟オフィシャルネット対戦サイト 『ロン2』





文責:石崎 洋

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。