日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 可能性の追求

雀力アップ

可能性の追求

 


今回も、ロン2の実戦譜から抜き出して、打ち筋を解説していきたい。




東風戦のオーラスで、トップとの差が5000点の南家、2着目。
出アガリなら5.200点以上、ツモアガリだと1.000・2.000が必要な局面だ。
手なりで打って、最終形がペン待ちという苦しい形にはしたくない。
好形のマンズの下を伸ばすか、まだ見えないピンズでもう1メンツ作りたい。
したがって、ここは切り。

次巡のツモが。ピンズでもう1メンツ作るには、絶好のツモと言える。
ペンを嫌うことになるが、切る牌は
  

次巡にを切る事になるが、
更なるツモでの雀頭切り替わりによるタンヤオ移行の可能性を1巡でも残したい。

その後、を引き込み、8巡目。

 ツモ

を切れば、テンパイチャンス ()が増える事になるが、マンズの伸びを切り捨てる事にもなる。
形が決まったように見えているが、マンズを残すことによってまだ変化は望めるのだ。



ツモでメンツオーバーとなった。
マンズ、ピンズ、ソウズ、いずれかのシュンツを嫌わなくてはならない。

トップとの差を考えると、マンズ切りはいただけない。
もう1枚のドラを使い切ってリーチとすれば、トップ確定のアガリとなるからだ。

では、嫌うのはピンズかソウズのどちらか‥‥?

全体牌譜をよく見ていただきたい。
場に出ていないのは、ピンズ。出ているのはソウズだ。
こんな時、単純に待ち牌の数を捨て牌で数えてはならない。

場に出ていないのは、残り山にあるのではなく、相手の手の中にあると考えるべきなのだ。
別の言い方をすれば、相手の不要牌で待った方がアガリに近いという事だ。

ピンズとソウズ、どちらが良いかは明白で、ピンズ切りのソウズ待ちを残すのが鉄則となる。

色々な選択肢があって、的確に選ぶことが出来れば、勝率も上がってくる。
何を残して何を切り出すか、場の状況を正確につかむ事が重要なのだ。

この局の配牌とツモ牌を記すので、場にピンズが高いと想定して、手を進めてみていただきたい。


配牌  ドラ
ツモ 


実戦では、ツモでリーチとし、でのツモアガリとなった。

 リーチツモ

皆さんの最終形は、どうなりました?





次は、相手からリーチが掛かって、一発目でをツモってきた場面。
上家のが間に合わず、現物安全牌は、
リーチがなければ切りとしたいが、遮二無二攻めていけるほど、手は整っていない。
前局、対面に2.000点の放銃をしたばかりで、連続の打ち込みは避けたい。
ドラが待ちもありそうだ。

こんな場面は、切りで手を遅らせるのだ。

本来であればシャンテン数を減らして行くべきものなのだが、
相手に先制されたなら、受けに回らなくてはいけない局面も出てくる。
手を遅らせて粘っている内に、安全牌が増えて、進むべき方向性が見えてくる場合も多い。
相手リーチに対して、を鳴いて勝負するという考えは、無謀で、バランスを欠いた打ち筋と言える。

早いリーチに対して苦しいのは、他の二人も同じ。
現物を抜き打ってベタオリするのではなく、
遠回りに見えても、大きく回っていった方が手役も大きく育つ場合がある。



こんな形になってから勝負すれば、得点力も出てくる。
早いリーチに現物安全牌のを切ってしまっては、大物手には育たないのだ。

巡目が早いという事は、ツモがまだたっぷりと残っているという事。
相手のアガリさえなければ、チャンスは大きいし、手牌も変化して行く。

相手に先制されたなら、粘って放銃を避け、理想形を頭に描いて手を進める事が重要なのだ。

このように、手牌が伸びる芽を摘むことなく、ギリギリまで粘りながら最大限に活かすことを念頭に置いて戦うべきである。








文責:石崎 洋

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。