日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 正確な応手

雀力アップ

正確な応手

 


今回は、ロン2の実戦譜から例題としていくつか取り出して、解説していきたい。

まずは、仕掛けた後の手牌方針について。



東風戦ラス前での南家5巡目で、対面の北家からが切り出された局面だ。
チャンス手であり、翻牌のは絶好の仕掛け時で、ポンに異論はないと思われる。
問題は、鳴いた後の切りにある。
切りでホンイツ、もしくは切りでトイトイへと向かう形になる。

ホンイツは捨て牌が分かり易くアガリ辛いと考えられているが、巡目や仕掛けた牌でその正体を見抜かれない。
あるいは、ホンイツ手が相手に分かってしまうのを少しでも遅らせる事ができる。
オタ風からの仕掛けや、序盤から他の種類の中張牌のバラ切りをしてしまうと、相手に分かってしまうという事だ。
切りのホンイツ狙いと、ピンズ切りのトイトイ狙いでは、ホンイツに進んだ方が受けが広い。
露骨な一色手に見えなければ、広く受けて切りが正解となる。

切りが正解となるもう一つの理由は、を引き込めば、ホンイツトイトイまで望めるという事。
ピンズを切ってしまうとこれ以上の伸びがなくなるが、切りはさらに上まで狙えるのだ。
チャンス手は、最高の形を頭に描いて進む事が重要。




次に、オーラスでの対応について。


オーラス1本場トップ目の親での局面。
ノーテンで終局し、トップで終了したのだが、最後の捨て牌がとなっている。

 ツモ 

最終ツモがで、ここから切りでのノーテンとしたのだが、決して-が切りきれなくてを捨てたわけではない。
テンパイ形をわざと崩して、ノーテンにした事になる。
なぜそんな事をしたかというと、2着目との点差を見ていただきたい。
上家が39.800点、こちらが43.500点。その差が3.700点。

ロン2ルールでは、ラス親でテンパイ取りでのトップ終了が出来ないからなのだ。
テンパイを取ってしまうと、トップであってももう一局やらなくてはならない。
2着目の上家がノーテンなら、テンパイ取りをしてはならないのだ。アガリがないならノーテンにしなくてはならない。
本来ならテンパイ形のまま終了して、ノーテン宣言すればいいだけの事なのだが、自動的にテンパイとしてしまうシステムなので致し方ない。

この手がテンパイしたのは13巡目。が1枚出ていて、は場に出ていない。
ヤミテンではの出アガリは出来るが、は出アガリできない。

こんな時、リーチとしてはならない。
理由は、もし流局したら、もう一局やらなくてはならない事と、他家の攻めに対して無防備になるからだ。
2着目の上家からの攻めならば仕方がないが、3着以下から戦いを挑まれたらどうだろう。
早まったリーチだったと、後悔するのではないか?
リーチ棒の千点を場に出した為にトップから転がり落ちる事もないとは言えない。

この局で重要なのは、上家がテンパイしているかどうかの一点なのだ。
上家の一人テンパイか、こちらの一人ノーテン以外なら、トップで終了できる。
上家のノーテンが確信できるなら(事実そうであったので)終局の一手だ。
トップの取り方も色々あるのだ。




最後も、やはりオーラスの場面から


オーラス、32.000点でラス親と同点トップの局面。
アガリトップの場面なので、点数は関係なく、スピード重視の局面といえる。
上家から出たは、チーして、打とする。
メンゼンで手を進める必要がないからだ。価値ある千点に向かって一直線とする。
この牌姿でのポイント牌は、
の1メンツと余分なと考えると、早めにを切ってしまいがちだが、
なのだと考えると、を嫌ってクイタンにも進んでいける。

 ツモ

が上家から切り出されたのではなく、ツモだとしたどうだろう。
同じ理由で、今度はピンフが残る切りが正解。
切りは、クイタンを断ち切ってしまう手で、悪手となる。
が切られたら(場合によっては、)仕掛けていける手に構えておく必要がある。
切りで手を狭くしてはならないのだ。
一見不必要なだが、他でメンツが出来たからといって手拍子で切ってはならない牌といえる。
クイタンに行くなら絶対に必要な牌なのだ。

ちなみに、最初の牌譜の最終形は、

 ポン ポン ロン

となり、最後の牌譜の最終形は、

 チー チー ロン

となった。


このように、しっかりと勝ち切る為には、
様々な場面において、より正確な応手が必要となってくるのである。






文責:石崎 洋

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。