日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 打ち分け

雀力アップ

打ち分け

 


麻雀は、状況によって“打ち分け”をしなくてはならない。
点棒のあるなし、親か子か、親が残っているのか、一発裏ドラがあるルールなのか、赤牌があるか、等‥。
場面が違えば答えも違ってくるので、ひとつの牌姿での答えがただ一つとは限らない。


A図

 ツモ ドラ

この手で何を切るか? 
最も広い受けは切りで、---ツモでテンパイとなる。
アガリ易さを考えれば、最善の手であり、異論はないと思われる。

問題は、本当にアガリ易さを考えるべき状況なのか?という事なのだ。
安くともアガリ優先なのか、狭く構えても高得点狙いなのかを判断する必要がある。

親もなくなったダンラスなら、苦しくとも得点狙いで行くしかない。
残り少ない局を安手で終わらせれば、自分で自分の首を絞める事になるからだ。
したがって、ツモ切りも状況次第では、正解となる。


B図

 ツモ ドラ

ツモ切りの後、ツモでこうなっても、同じ理由で常に切りが正解とは限らない。
得点だけを考えれば、切りリーチが最も理に適っているからだ。
A図から切りとする広い受けから、B図から切りリーチとする手まで、
目的によって打ち分けができるかどうかが重要なのだ。
平常時の切り、緊急時の切りとなる。

ところが、平常時でも切りが正解となる場合がある。
一発も裏ドラもない競技ルールの場合だ。

一発裏ドラがない場合、表ドラが固まって入ってこないと、役を狙って行くしか高得点は望めない。
受けを広くして、リーチ、リーチと攻め立てた方が有利な一発裏ドラありのルールとは、基本的に異質となる。
しっかりと役狙いをしていかなくてはならない。

チャンス手であるA図から、常に切りとしていると、得点力不足となる。
もちろん、切りとした方がいい場面も多いが、切りが正解の場合も多い。

競技ルールの場合、チャンスは意外と限られている。
狭く受けても得点を叩き出さないといけないときは、そうすべきだ。
ピンフから遠のき、イーぺーコーを嫌う切りより、切りで長打狙いとする。
いわば、ルール上での“打ち分け”と言える。


C図

 ドラ

今度は、“赤牌”が入ったC図の場合。
上家からが切り出されたとする。
テンパイを取るなら、赤牌入りのルールではなかったり、が1枚だけなら、カンでチーしての切りで、


D図

 チー ドラ

こう受けて、ツモ、打での456の三色が残る形にするのがベストだ。

ところが、もう一枚があるルールで、場に見えていない場合はどうか?
その場合は、でチーしてE図とする。


E図

 チー ドラ

456の三色からは遠のくが、二枚目のツモ(打)に対応できる。
D図の方が、残り一枚のに期待するより、四枚ある引きの三色狙いで良さそうに見えるが、
D図とE図の決定的な違いは、
テンパイを継続したまま、万一ツモってきた場合の二枚目のを切り出すことなく対処できるという事。

牌の枚数から考えると、D図とした方が点数が高くなる可能性は高いが、を切らなくてはならないリスクも負うことになる。

赤牌やドラなどは、有効に使うことももちろん大事だが、
その後、切り出さないように手を進める事が、相手にスキを与えない打ち筋と言える。

赤牌やドラが切り出されたら仕掛けて行こうと思っている打ち手も多いし、そうすべき手もまた多い。

自分の手より、相手に赤牌やドラを利用させない事を考える方が、重要なのだ。








文責:石崎 洋

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。