日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 受け派の闘い方〜リーチ編〜

雀力アップ

受け派の闘い方〜リーチ編〜

 


いくら守備型と言えども、押すべきところで押せない人は絶対勝てない。
私だって勝負どころと判断すればリーチもかけるし、無筋や生牌を切って前に出る時もある。

ただ私の場合は、GOサインを出す基準値が高いので、前に出る局面が他の人達よりかなり少ないのだ。



プロリーグで一年間にかけるリーチの回数が連盟で1番少ないかと思われる私は、通常ならリーチをかけても悪くないようなケースでもヤミテンに構える事の方が多い。
リーチをかけて高目をツモるというプラス思考よりも、リーチをかけた為にアタリ牌を止められて他家にアガられたり、ダマテンだったら止められた危険牌をつかんで放銃するなどといったマイナス思考の方が強いからだ。

だから、タイトル戦の決勝やトーナメントなどの特殊な条件戦の場合を除いて、普段はマイナス要素よりプラス要素のほうがかなり大きい状況のときしかリーチを打たない。





では、実際の対局からいくつか例を示そう。


まずは、今期のプロリーグ第3節、3回戦目の東1局の事である。
西家の望月君が9巡目に先制リーチ。捨て牌は、


2巡遅れて、北家の私もテンパイ。

 ドラ

起家の老月君の河にが一枚、南家の前原さんの河にが一枚切られており、私の手牌から見ると高目のは良さそうな待ちである。
ここで追っかけリーチを打ち、出アガリ3.900か、1.300、2.600を引きに行く人も少なくはなかろうし、その手もアリだとも思う。
私も好調の手応えを強く感じる親番とか、リーチをかけて原点以上にしなければならないオーラスとかならば、リーチをかける事もある。

しかし、このときは私の危険意識が大きくマイナスのベクトルを指していたので、迷わずヤミテンを選択した。

すると、次のツモが
他にもアタリ牌の候補は何点かあるが、このは入り目でなければ本命に近い。

直前の望月君のツモ切り牌が4枚目ので、私の手牌には安全牌が7枚となり手詰まる心配も無く、を止めればほぼ復活の目もないので、ベタオリを決断した。


オリを選択したその他の主な理由は、まず私がこの日初戦は小さなトップだったが2回戦目は一人沈みのラスで、トータルは10P程のマイナス。
自分の調子にやや自信が持てず、逆にA1リーグの首位に立つ望月君は小さいながらも1〜2回戦共にプラス。
望月君とは一ヶ月前のリーグ戦でも対戦し、最終戦のラス前の親で四暗刻をツモられて私のトップを大マクリされた記憶もまだ強く頭に残っていたし、彼の東一局からの子方の先制リーチが安かろうはずがないから、などであった。


結果は流局。開かれた望月君の手牌は、

私が追っかけリーチをしていれば、即9.000点の支出。
しかも、私の狙い目のがしっかりと雀頭で殺されている。

ヤミテンにされていれば確実にツモ切りで放銃していたところだが、「アガリ点は跳満を基準にしています」という望月君らしいリーチ。
私は内心「助かる〜」と気を良くし、次局から少しだけ積極的に前に出る打ち方で、この日の成績をプラス25P程で終える事が出来た。





次に、これは道場での本走中でのもの。

中盤で、こんなテンパイが入った。

この手でリーチをしてでアガれば打点的に充分なので即リーチを打つ人も少なくはないかもしれないが、ドラの受け入れが全く関係無いとしても最終形とは程遠く、余程の必然性が無い限り、私はリーチをしない。

引きでタンピン、を引いてを引けばタンピン三色。
状況によってはが暗刻になったらツモり三暗刻に受けたり、が暗刻になったときには切りとしておく手とか、多様な変化があるからである。



こんな形ならば最終形と言えるだろうが、ここに他家からリーチが入ったとして、その河に高目が現張りになっていようとなかろうと、私はヤミテンで押す事の方が多い。

アガれたときに、「リーチしておけば跳満・倍満だったのに」とは思わない。
勝負所で勝負手をアガれれば、その半荘は取れる自信があるので、アガれれば充分なのである。

むしろ、リーチ負けしてしまったときに、余計に千点のリーチ棒を取られるのが損だと思うのだ。


ダマで押すのは勇気がいる。
危険牌を引いたときにオリる選択もできるからだ。

リーチをかけていれば危険牌でもツモ切るしかないから言い訳もできるだろう。
しかし、いつも「怖いからリーチ」では、麻雀は強くなれない。
追っかけるにしても、ダマで押すにしても、腹を据えて闘うことが肝心なのである。





最後に、今年3月の「グランプリ2007」ベスト8より。

私は最終戦をトータル2位で迎えたが、4者に大差は無く接戦となっていた。

東2局、ヤミで千点アガって親を迎えた私は、北家・大場君の仕掛けでピンフをテンパイ。
-待ちでがドラ、リーチをかけてをツモれば2.600オールでかなり楽になるし、ドラで放銃する心配もない。
そう思った私は、トータルで勝っている立場にもかかわらず、リーチを打ってしまった。

この局は大場君にアガられ、この勝負の結果はオーラス黒棒1本足りなかったが為に決勝進出を逃した。
無駄にしたリーチ棒1本が大きな敗因の一つとなってしまった。

目先の勝ちを早く決めてしまいたい欲で、長い間培ってきた自分のフォームを崩してしまった心の弱さを反省している。








文責:藤原 隆弘 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。