日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 >サーフィン打法 終章

雀力アップ

サーフィン打法 終章

 


サーフィン打法とは鳴き主体であるが、鳴くポイントを見極めないと、仕掛け倒れになったり、リーチを掛けられ受けに回ったりとフラフラになってしまう。

そのような事態に陥らないようにするためには、仕掛けた瞬間から手役をチラつかせて打点を高く見せる必要がある。

大切なことは、戦いの主導権を握ることである。




あるとき、日本プロ麻雀連盟・中部Aリーグの対局で、こんな形で流局したことがあった。

 ポン ポン ポン

ドラはである。
ある人が、「ここまで鳴いたら出和了りは期待できないし、テンパイ止まりだな。」とポツリと言った。
出てもツモっても跳満であるが、私の心中にはホンイツ仕掛けでを打たせない思惑もあった。
この単騎の途中、をツモってきたがいずれもツモ切りして、あえて単騎で押し通した。
一緒に打っていたある人は、を切る機会を逃したと言っていた。
他家三名にツケ入るスキを与えないが為の単騎である。

ちなみに、このときの配牌は、

これをピンフ形にまとめる人もいるが、私はここでをポンして主導権を握った。
牌の構成上、ここではトイツが3つあるのでメンホン七対子ドラ2を視野に入れる人が大半であると思う。実際、その方が目立たない。
しかしサーフィン打法では、あえて目立って、こちらに目を向けさせるのも一つの戦略なのである。






サーフィン打法を駆使して大物手に仕上げるためには、七対子の仕組みと似ていて、

こんな牌姿のときは、まずメンツになりやすいの部分を切り飛ばす。
一度メンツになってしまうと、そこを丸ごと外していくには、かなりの勇気が必要になる。
そして、次のような形になったら、いよいよ鳴き始める。

もちろんのポンから鳴き始めるが、場合によってはのポンからもありえる。
ただし、が出てもチーからは入らない。
3.900点の和了りは不本意で、せめて5.200点の手は作りたいものだ。

鳴き処のポイントは人それぞれ違うが、やはりホンイツやチンイツの染め手は一つ鳴いてテンパイが理想である。




あるとき、こんな配牌を手にした。

 ドラ

八種十牌で流せず、国士無双を視野に入れていたら、四枚目の牌が切られて断念することは多い。
そんなとき、ベタオリしないで方向転換もサーフィン打法の見せ場となる。
8巡目を過ぎて、立て続けにポンと仕掛け、こんな和了りが完成した。

 ポン ポン ポン ツモ

驚くような手の発展、これこそがサーフィン打法の醍醐味である。
手牌4枚で相手に立ち向かうこともしばしばだが、そういった勝負をこなしていけば精神力が強くなり、地力がついて麻雀が強くなる。

ギリギリの処まで攻めて大物手をものにする、それこそサーフィン打法の極意である。








文責:古川 孝次  

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。