日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 幸か不幸かツキ加減

雀力アップ

幸か不幸かツキ加減

 


四人が場所決めして着席、サイコロが振られ、マージャンが始まる。
この時点では、誰がツイているのかは神のみぞ知る。
東場を一廻りくらいすると、誰がツイていて誰がツイてないのかを、自分を基点として考えていかなくてはいけない。



例えば、南一局八巡目に北家からリーチが入った。

捨て牌は、


四者の点棒状況は、

東家 42,000点
南家 28,000点
西家 17,000点
北家 13,000点

自分は南家で、この牌姿。

のシャンポン待ちテンパイのところに、を持ってきた。
ここでの打牌候補はであるが、その選択をするにあたっては、リーチ者のツキの度合いと自分のツキの度合いを比べる必要がある。
自分が上と判断した時は切りでリーチと行くが、その逆の場合は切りでダマテンとするのだ。




ある時、こんな場面があった。

 ドラ

中盤で他家のリーチが入っていたが、こののシャンポンテンパイで押していた。
ここにをツモって打としたが、ダマテンのままにした。

後ろで見学していた人が、何故リーチを掛けないのだろう、とでも言いたげな怪訝そうな顔で私の顔を覗き込んだ。

やがてドラのをツモってきて、相手の捨て牌に並んであるを切って、やっと納得してもらえた。

案の定、相手は待ちだった。

リャンメン待ちに振り変わったからリーチするのではなく、もう一手先、二手先を読むのが上級者である。
更に言うならば、ここでは345の三色も視野に入れる力を養ってほしい。

上の例は構想とツモが上手くいった場合だが、大切なことは、今自分が好調なのか不調なのかをしっかりと見極めることである。





ある半荘でのこと、13巡目にツイてない東家の親からリーチが入った。

東家の持ち点は10,000点弱である。このリーチに私が一発目に引いた牌がだった。
は私が二枚捨てており、安全だと思ってそのまま河に捨てた。すると、東家が手牌を開いた。

リーチ一発チートイドラ2、18,000点の献上。

いわゆる地獄待ちである。古川さんのツモ筋で絶対を持ってくると確信してリーチに踏み切った、と相手に言い切られた私は、頭に血が昇りカーッとなってしまった。

それから東家は四本場まで積んで、私をマクってトップを取った。

こんなことが起こるのも麻雀である。不用意な切りであった。
いくら地獄待ちでも、細心の注意を払ってケアするのが防御の基本である。
ここから、私のツキはどん底状態になった。
ツキの変わり目というものは、こういった出来事をきっかけに起きるのである。
やはり、甘い一打だった。




ある時、こんな牌姿になった。

 ドラ

自分がツイてない状態。12巡目に二枚目のが出たが、ポンをしなかった。

次巡に親がリーチを掛けて、他家も追っかけリーチ。
結果は親の勝利、もう一人のリーチ者がリーチ棒と24000点の支出でトビ、ゲーム終了。

起こるべくして起きたと自分を戒める。
この出来事は、いつもならを鳴くのに鳴かなかった私に責任がある。
ツカない状態の時、ドラのを引いて三色が出来上がることなどめったにない。
私のヌルい打ち筋があって、こんな大物手が爆発するのである。

ツカない状態の時に手役を追っても、それが完成するには、どうしても巡目が遅くなる。
そんな時には他家にもキッチリ手が入っていて、ツカない人より早く仕上がることが多い。スピードで追いつけないのだ。

ツイている時は、牌がすんなり入って来て、構想に近い手作りが決まるが、ツカない時に同じ手順を追っても、それは無理筋というものである。

自分のツキの状態をしっかりと分析して、それぞれの場面での打ち方を決めてほしいものである。









文責:古川 孝次  

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。