日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ上級 > 私の麻雀観

雀力アップ

私の麻雀観

 


人は私の事を「感性」で鳴いていると評す。
褒められているのかどうかは分からないが、これは自分なりの信念に基づいた私のスタイルである。




私が鳴く上で決めている事は、



1、迷ったら鳴かない

チー材、ポン材が出てすぐに声が出ない時は鳴かないようにしている。
迷って鳴いた場合、まず悪い結果が待っている。


2、頭で鳴くな、体で鳴け

前述に続き、牌姿を見てから鳴くのではなく、体が鳴く行為を示せるかどうかが鍵だ。


3、なるべくポンから入る

ポン材は、一枚見送るとなかなか鳴けないことが多い。
私の経験上、ポン材があるのに一枚目も二枚目もスルーして鳴きそびれてしまった時に、決まって他家の大物手が炸裂する事が多々ある。


4、好調ヅモの時は食い伸ばしをしない

食い伸ばしをしない牌姿は、などである。
但し、の時は、に限りチーを入れる場合がある。






普通、鳴きを入れるにはある程度の形が整ってから鳴きなさいと教えられるが、鳴いてから手牌を整えていくのが私の麻雀だ。

たとえば、



こんな配牌をもらって、二巡目でをポンするのは私くらいであろうか。

この最終形が、


 ポン ポン


こんな形になることがよくある。
1,000点の仕掛けから跳満に化ける、そんな可能性を追いつつ鳴きに向かうのである。
牌が寄らず1,000点に終わる事もあるが、後悔はしない。


ここ最近の赤3枚入りのリーチ麻雀で、鳴きを入れての2,000点や3,900点のアガリを繰り返していては、相手にリーチを掛けられてカブせられるのが関の山である。
そこを、鳴いて満貫、跳満を効果的にアガると、相手に与えるインパクトも大きい。




では、何故鳴くのか?

それは一つには相手の手牌進行を遅らせることを目的としている。
一つ鳴くと手役が見えて不利だと大半の人は言うが、切り牌を自由に捨てさせないのも狙いの一つで、その間に着々と手を作っていくのである。


 ドラ


こんな牌姿のとき、門前派と鳴き派によって意見が真っ二つに分かれる場合がある。
門前派としては、を雀頭のチャンタドラ1目指すが、鳴き派としては白チャンタドラ2ぐらいを想定して満貫を狙う。
ペンが入れば3,900点止まりであるが、理想はドラをもう1枚持って来てのペンか、のシャンポン待ちでの満貫である。

鳴いて自分に風が吹いている時は、ドラを続けて引いてきて何ら打牌に迷いが生じない。
私は、鳴いて自分のイメージする形に膨らんでいく時には、これでもかというくらいに鳴きを入れる。

鳴くことは、門前よりもはるかに聴牌スピードが速い。
門前の攻めは単調で、手数も不足し、他家を圧倒できない。
故に、与えられた手牌が門前なのか、それとも鳴きを入れたほうが有利なのかを素早く判断することが大切である。

そして、鳴いて手を進めて行きながらも慎重に打ち廻す大胆さと臆病さが今日の私を支えている。












文責:古川 孝次  

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。