日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 >不運が続いたら・・

雀力アップ

不運が続いたら・・

(執筆:滝沢 和典)

まずは1局、短い牌譜だが、打ち手の雀力の高さを感じる1局があったので紹介したいと思う。

東1局。北家の手牌には1メンツもなく、トイツも1組しかない。
ここまで配牌が悪ければ、ほぼアガリには結びつかないだろう、と誰もが考えるような手牌だ。
しかし、手牌のような不運な配牌がどれだけ連続しても、悲観的になってはいけない。
こんなときこそが雀力の差が出る場面でもあるのだ。

〇高い手役だけは落とさない
〇相手の狙いや速度を予測する

手牌の形が極端に悪いときには、以上のような2点を踏まえて打つのが基本であるから、
まずはピンズのホンイツ、チャンタなどを見て手を進める。
この打ち手が選択した第一打は

そして、8巡目となり、親からリーチがかかった場面。
南家がリーチに対して危険牌を打っている。

ツモの時点で北家の手が止まった。
アバウトに親の現物を切る打ち手と、南家のについて考える打ち手とでは圧倒的に雀力に違いがあると思う。

南家の手牌は、北家の手牌と同じく、配牌が悪かったようにも見えるが、
親のリーチに対して打ということからは何らかの理由が隠されていることは間違いない。

とカンチャンが逆切りされていることから、タンピン形等は否定して良いだろうが、
ホンイツや七対子、国士無双など、何かを狙った形跡があるが断定はできない。

北家が打ちたい、は序盤からオリを考え、意図的に残したものであろう。
しかし、これらが南家に対してはどれも危険牌となっている。

国士無双やチャンタ模様の捨て牌は、速度が遅いことが多く、何か特殊な状況がなければ最初から警戒する必要はない。
いくらバラバラの配牌をもらったとはいえ、北家が南家に対する安全牌を用意していないことを責めることはできない。

悩んだ末、北家が出した結論は打という答えであった。

ここで答え合わせをしてみよう。

南家には単騎のメンホン七対子のテンパイが入っていた。
のどれもアタリ牌ではないが、そのうちどれかを打ったとき、放銃したことと内容的に変わりはない。

「南家がテンパイとは限らない」という人もいるであろうが、逆に「南家がノーテンとは限らない」ということも言える。
ともかく、自分にアガリがない以上、放銃すべきではない局面であることは確かだ。

例え北家が打ったが親にアタリだったとしても、ここは打ちが正解と言って良いであろう。
たった7巡の牌譜ではあるが、北家は厳しく、丁寧に相手に対応できる打ち手だということが読み取れる。

また、ひとつ種明かしをすると、打とした南家の正体はA1リーグ所属の藤崎智プロであった。
この打ち手にとって、それが大きな意味を持っていたかどうかは定かではないが、実戦ではそういった「人読み」が効果を発揮することも多々ある。


もう1つ牌譜をご覧いただきたい。これは、瀬戸熊直樹プロの実戦譜から。

南家の瀬戸熊プロは、親のリーチを受けてベタオリ状態。
直前に、北家が無スジのを打ってきている。
を見て、北家もマークしなくてはいけないので、今親が打ったのスジを頼りにまずは打から。

同巡、今度は北家が打。親に対する安全牌のが、無スジのより後に打ち出されたということは、
リーチに対する打牌の順番としては矛盾しているため、要注意。
すると、今度は北家から現物のが打ち出された。


北家のは西家が打ったに合わせ打ちの格好になっている。
つまり、単騎待ちであったことが否定されるので、北家はほぼテンパイ未満。一旦まわったと判断して良いだろう。

さらに言えば、はトイツ落としであることも予想される。
だから、この場面では北家の復活に備えて、北家にも安全牌となるを手に残し、打としている。
そして、今後はを打ち出してきた西家にも注意が必要となるだろう。

このとき手牌をオープンした牌譜がこれ。

親のリーチは若干トリッキーな打ちスジで、読みにくいカンとなっていた。
仮にここで手が詰まり、でオリ打ちとなってしまった時、私はそれほど悪い放銃ではないと思う。
なぜなら、親がストレートな手順で打っていないこと、そして場を見渡すと10巡目の時点でが4枚見えているため、
カンで放銃しても789の三色とはなっていないという理由があるからである。

ただ闇雲に安全牌を連打するのではなく、細心の注意を払いながら、丁寧にオリる。
瀬戸熊プロは、最後まで厳しく麻雀を打つために、体を鍛えることも重要と語る。

ネガティブな思考に陥れば人間の頭は怠けはじめるもので、精神的にはもちろん、肉体的にも“甘えんぼさん”では活路を見出すこともできないのである。
不運が続いたとき、アプローチの方法は千差万別であるが、とにかく冷静に局面を見つめることを怠ってはいけない。

 







執筆:滝沢 和典

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。