日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 >役牌は早く打ち出したほうが得か?

雀力アップ

役牌は早く打ち出したほうが得か?

(執筆:滝沢 和典)

最近、麻雀でも統計に基づいた記事や意見を多く見かけるが、
代表的なものに「役牌を打つなら早いほど良い」というものがある。

東家の手牌がこのようになっている。

 ドラ

西家の手牌がこれ。

西家の手牌では、手役の方向性や、使えるドラや赤牌が確定してから仕掛けるのがベスト。
現状の形のままでもが鳴きたい、と考える打ち手は少ないだろう。
アガリ回数で勝負が決まるようなルール設定なら話しは別だが、着順を競う勝負では打点力も必要とされるからだ。

何より防御力がなくなるため、打点力とリスクのバランスが見合っていない。
このときの西家のような手牌に対しては、よりを先打ちする方が有利と言える。
さらに、終盤になるにつれて、手牌に役牌のトイツができる可能性も高くなるので、
このサンプルを見ると「なるほど役牌は早く打つべきだ」と思う。

しかし、それだけでは大雑把で危険な理論である、と私は思う。
役牌を早く打つほうが良いという理論に、最低でもこれらを付け加える必要がある。

【1】手牌がある程度の勝負手である
【2】その役牌が自分の手牌に不要である
【3】序盤に限る

まずは【1】の「手牌がある程度の勝負手である」について。

東2局、西家の手牌。

 ドラ

カンチャンが多く、効率良くメンツを作ることが難しい手牌だ。
このまま手なりで進めても、仕上がるまでには時間がかかりすぎる。
余程ツモに恵まれない限りは、他家に先行されることが予想され、そのときには死に手になることが多い。
手牌が悪く、捨て局になる可能性が高い手牌は絶対に丁寧に打つべきで、このような手牌でから打ち出すのは得策とは言えない。


【2】「その役牌が自分の手牌に不要である」

東1局、東家の配牌。

 ドラ

タンピン形に決め打つのはまだ早い。
手牌の形がそれほど強くはないため、が重なれば仕掛けも考えることができる。

愚形のマンズを払い、一気にソーズのホンイツまで狙える。
【1】で使った手牌にも同じようなことが言える。

 ドラ

勝負手ではないが、ドラが重なった形、またが重なった形ならばアガリを狙う価値が出てくる。

 

 

これならホンイツやチャンタを考えることができ、局面にマッチしていればメンゼンにこだわる必要もない。
本当に不要かどうかをしっかり考えてから打牌を選択する必要がある。


【3】「序盤に限る」

これが最も重要で、一言に「序盤」といっても4、5巡目に「終盤」が訪れることも多々ある。
単純に配牌の良し悪しでも局のスピードは決まるし、速いもの同士、手牌がぶつかれば局面はさらに速まる。
東3局に南家が3巡目にオタ風のを1枚目からポン。

 ポン ドラ

この状況を序盤ととらえるか、まだまだととらえるかは、仕掛けた打ち手のフォームにもよる。
オタ風でも早めに仕掛けて先手を取ろうとする打ち手もいれば、他の役牌が出にくくなってしまうことを考慮して仕掛けない打ち手もいるからだ。
前者なら、

まだこんな形であることも想定できるし、
後者のようなスタイルの打ち手なら、上の形は否定される。最低でも、

これくらいの形にはなっていることが予想できる。

前者のように、主導権を取ろうとする打ち手に対しては、役牌から先に打ち出した方が良いし、
後者のような手牌が整ってから仕掛けるタイプの打ち手に対してはギリギリまで引っ張る、もしくは最後まで打ち出さない方が良い。

ここで生牌の役牌を打ち出せば、他家の打牌選択を簡単にすることにもつながるので、
いずれにせよ局面を早めることになってしまうことは理解しておく必要がある。

また、この局面については相手のテーマも加味する必要がある。
コンピューターが相手なら、統計学に基づいた打ち方で完全攻略できるであろうが、相手は人間である。
統計を取るにしても、相手のフォームやテーマを踏まえたサンプリングが必要。
同じスタイルの打ち手がいないのが何よりの証拠で、一流の成績を残す打ち手でもベーシックな部分は通ずるものがあるが、
細かく見ていくと、打ち筋は大きく違っていたりする。

勝つための手段が一定でない以上、統計を取ることは非常に困難なことなのである。
機械的に打てるのが究極であるとは思うが、その機械が大雑把な機械であってはならないと思うのだ。

新しく、斬新な理論は多くの人を魅了し、心を惹きつけるが、その背景が痩せていては勝利につながる戦法にはなり得ない。
まずは必ず自分で深く考えてみることが必要なのである。

サンプリングが確かならば、統計に基づいたマニュアルは間違いなく武器になるであろう。

 







執筆:滝沢 和典

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。