日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 > 見切り

雀力アップ

見切り

 


「見切り千両」という言葉がある。
若干の解釈の違いはあるが、一般的には・・下落傾向にある株(等、価値の上下があるもの)をズルズル持ち続けて火傷をするよりも、思い切った決断でマイナスを抑えることを指す。

麻雀に限らず勝負事において、「見切り」というものは非常に大切なポイントだと最近つとに感じる。
人間は常に全勝できるものではないし、麻雀もまたしかり。
ということは、「いかにロスを抑えるか」という事が勝敗の鍵になってくる。

以前の私は短絡的に「マイナスを抑える=放銃を抑える」ということだと考えていた。
確かにそれはそうなのだけど、ツモられたって点棒は減るのだし、親番での連荘など「加速するポイント」というものは、
『自分からきっかけを作りにいくもの』なのではないか、そう考えるようになった(この項に関しては次回のテーマにする予定)。

もちろん、基本は「無駄な放銃は避けつつ勝負所では押す」事なのだが、その勝負所という概念が、
「自分の手牌が良いとき」だけではないのだと考えて実践するようになると、麻雀観そのものが大きく変化するように思う。
その意味で、 崛蠎蠅縫船礇鵐垢鰺燭┐覆ぁ廾戮鵬燭鬚垢襪。現在の状況にマッチするテーマは何か。自らの可能性をどう判断するか。
この3点を考えていくと「見切る」局面というものが往々に現れてくる。

例えば、とあるタイトル戦の四回戦でのこと。



今半荘トップめのAプロ(南家)は、7巡目に以下の手牌となった。

 ツモ ドラ

通常であれば、夢の膨らむワクワクするような手牌。タンピン、伸びれば三色も見えてくる(現状ではメンツ整理の妙が必要ではあるが)。
この打ち手は、ほぼノータイムで打といった。
・・・ん? 
そのヒントは、下家(西家)の捨て牌にある。しかも、前巡のに若干の小考が入っている。
ちなみに東家と北家の捨て牌も見てほしい・・。

自分の可能性を信じてみたい、伸ばせる時に伸ばしたい、下家(西家)は遠い所からかも知れない、などなど。
メンタルを強く保つ近道は「余計な情報を頭に入れないこと」だと、ある予備校講師のカリスマが語っていた。
彼曰く、受験は「知力体力時の運」全てを駆使した総力戦であり、その勝敗を決するのは、いかに強いメンタルを構築するかだそうだ。
麻雀においても、自分本位で余計な心配はしないほうが有利に働く事は相当多い。
おそらくこの打ち手も、そういう麻雀の側面(いや、本質なのかもしれない)は充分理解していることだろう。

それでも彼女は自手を「見切った」。
これは勝負自体を避けたのではなく、相手の手を不自然に進めてしまう事で展開自体を傾けてしまう可能性を避けたのだと私は感じた。
実際の下家の手牌は下記の通りで、

厳密にいえば、タンピンに伸ばさない限り、を与えることは無い。

だが、の好形を伸ばしていくならば、場に高いワンズでのテンパイの可能性も高くなるし、ツモに押されて前に出やすい状況を自ら作り出すことが起きるだろう。
それが今の自分には利さないのでは。そう感じたからこその打なのだろう。

打ち手の主観というものは、「客観の評価」を大きく損なうものではない方が、得に働くことが多い。
特にテレビ等で目の肥えた多くの麻雀ファンに見られる機会が多い女流プロにおいては、
「無難な一打・言い訳のつく一打」を選択していけば、それである意味役割を果たせると言ってしまうのは言い過ぎだろうか。
その「無難の壁」を一歩踏み込んでいく事は、心身ともに傷つく危険性も多い。
だがその一歩を踏み出す勇気、それは案外こういう埋もれやすい局面に足跡が落ちているのかも知れない。
抑える事が踏み込んで行く事になる、一見矛盾した道理だが、私の心に響く打牌選択であった。

ちなみに、この次局(オーラス)。
今度の主役は先程の下家、Bプロ。

南家5巡目の手牌。

 ツモ ドラ

既にテンパイしているこの手。
アガると600点上の西家を交わせる状況であり、跳ツモはトップ目の親を抜くことができる。
Bプロは、ここでやや間を置いた後、打とした。

可能性という点で言えば、全く間違いない所だと思う。
一発もしくは裏期待でメンピン一通のリーチが打てるし、好形への変化を無理なく行えるのだから。
結果論からいうと、この打ち手は、

 リーチ

こうなりリーチを打ち流局となった。
は出てもいたしツモってもいる。
私はこういう時、全く気にする必要がないと思っている。
自らのテーマは「トップを狙う」ことだったのだろうし、だからこそ中盤過ぎから役ありリーチに踏み切ったのだから。

だが一方で、この時はトップ目の序盤の捨て牌をうまく活かせた選択肢もあったのだという認識は忘れてはならないとも思う。
「好調である」と皆が感じているトップ目が早々に放っているセンチャン牌の
このラックの種を拾っておくこと、言い換えると「(半荘トップを)見切ること」も、また長丁場の中で好位置を逃さずにおく、引き出しのひとつなのかも。

こういう『見切り』というものは、ともすると「チャンスを逃がし、打点不足に至る」と思われがちだろう。
しかし、私が読者に伝えたい『見切りの要諦』とは、むしろその対極にある。

「(放銃の)恐れを見切る」こと。
この部分が対になっていないと単なるチキンであり、それは全く以って「麻雀プロ」の一打にはなりえないのだ。
また、そうでないと例えば先程紹介したケース(下家の一色手へのケア)が、「ビビりの選択」といったような誤った括りで見られてしまうのだろうし、
『観られ、評価される宿命』の麻雀プロにとってはそれこそ「恐れ」るべきものなのだと思う。







執筆:今里 之彦

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。