日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 > 東風

雀力アップ

東風

 


以前、よくブログなどで「東風戦の打ち方」について、という質問をされる事が多かった。
自分も、東風戦は東南戦に比べると圧倒的に場数が少ないが、自分なりに勝つ考え方を書いていきたい。

東風=スピード勝負と言う印象を持っている人が多数いる。
間違っているとは思わないが、固執するのは問題あると思う。

フリー麻雀の場合は、1本場が1.500点のところが多い。
その場合は2.000点が3.500点に、そして、3.900点は5.400点になる。
なので、2.000点や3.900点でも、3.900や5.200と同じぐらいの価値があると言える。

本場が多くなればなるほど、安手でも意味のあるアガリになる。
このような時は、我慢して高い手を狙うよりも、スピード重視で早アガリを目指す方が効率的と言えるだろう。

かわし手というものは、本来安手で場を流す(相手の本手をかわす)ものだが、本場が積まれている時は(2本場以上)かわし手は存在しにくくなる。
オカルト的な話をすれば、打点でかわし手と本手の線引きはできないものだと思っている。
だが、この話は感覚的要素が高いため今回の本題とはそれるので、何かの機会があった時に書きたいと思う。

自分が東風戦を打つうえで、一番大事だと思っているのはディフェンス力である。
これは、相手に放銃することを避けるだけではなく、相手の手を進めさせないことがアガリを阻止することになり、それがディフェンス力になる。

東風戦と東南戦の違いは、当たり前の話だが局数である。
最低4局しかない中で、終わったときに一番点数をもっていなければならない。

満貫を、1回でも放銃したらトップを取ることは難しくなる。
しかし、アガらなければトップは取れない。
攻撃一辺倒でも、ディフェンス一辺倒でもダメということになる。
それでは、どういう手組みにすればいいのだろうか?


自分が思うに、キーになるのは字牌だと思う。
字牌は、どの牌でも必ず誰かの役牌になる。
必要以上に絞る事はないが、自分のアガリが見えにくい時に字牌を離してしまうのは問題がある。
1ハンを確定させてしまうのは、相手を助けていることに他ならないからである。


東2局、西家 5巡目 持ち点25.000 トップと3.900点差。

 ツモ ドラ

この牌姿ならどうだろうか?
自分なら、切りが多く、タンヤオと役牌の両天秤に受ける。
別に、字牌を切るのが悪いとは思わないが、そうするならば背水の陣で叩き合う覚悟がなければ、やはり切らない方がバランスよく映る。



東2局、西家 5巡目 持ち点25.000 トップと3.900点差。

 ツモ ドラ

この牌姿でも、タンヤオはないがの対子をほぐす方が、字牌を切るよりも柔軟に思える。
字牌から切り出した方が、順調に手が進めばテンパイは早いかも知れないが、役なしテンパイになりそうである。

リーチは、一発と裏ドラというメリットもあるが、アガリ牌以外はツモ切らなくてはならないというデメリットもある。
無駄な放銃は、できるだけ避けた方がいい。
放銃をテンパイだからしょうがないと思っているうちは、いつまで経っても初級者の域を抜け出せないと思う。


麻雀は、楽をしてはいけないと思っている。
あの牌姿で、字牌に手をかけるのは楽をしている事だと思う。
結果は別物で、どちらを選択してもアガれる時もあるし、アガれない時もある。
しかし、他人をアガらせない事に関しては雲泥の差になる。

楽をしない努力が、強くなる事に通じると信じて麻雀を打っていきたい。







文責:猿川 真寿

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。