日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 > 鳴き

雀力アップ

鳴き

 


麻雀の鳴きというものは非常に難しいと自分は考えている。

それは、門前の倍の技術が必要だと言っても過言ではないと思う。


実際、鳴きが苦手と言う人は麻雀打ちの中でも少なくないと思う。
ある程度のレベルまで達したら、
和了りを前提として考え自分の手牌だけの事を考えて門前思考で打てば、
ほとんどの人が同じ最終形になると思われる。


しかし、これを鳴きが前提に考えた場合は、意外と違う最終形になると思う。

当然、鳴きにも基本はある。

これは鳴きだけに限った事ではないが、
和了りを前提としたならば、打点とスピードのバランスが非常に重要となる。

これは正論なのだが、誰もが考えている事であって、
人それぞれ細かいところは違うと思うが、根本はそこにあると思う。

よく「麻雀の王道は門前」と言われる事がある。
自分も否定はしないが、その認識が強すぎる人が、鳴きの苦手の人ではないだろうか。

鳴きが苦手という人は、これはあくまで自分の考えでしかないが、手組みに問題があると思われる。

どういう事かと言うと、おおよそ鳴きが苦手な人は、
門前志向で手を組んで、スピード的に間に合わなそうな時に鳴いて合わせにいくことが多いだろう。

しかし自分は、門前の時の手組みと鳴きを前提にした時の手組みは全く異なるものだと考えている。

簡単な例を出すと、

東1局 西家 ドラ 6巡目



これは自分が何を切るかは別にして、一般的なセオリーは切りだと思う。
微妙な牌は引きであるが、平和の聴牌が組みやすく、受け入れも広いから普通の一打と言えるだろう。

次に、同じ状況で、

この牌姿だった場合はどうだろうか?

自分なら、ほぼ100パーセント切りを選択すると思う。
実際は切りもなくは無いと思うが、オカルト的な意見で言わせてもらうと、
ツモの-待ちで上手くいったようないかないような気がするのは自分だけであろうか?
何よりツモの聴牌逃しは目も当てられない。

もう少しオカルト的な話をさせてもらうと、
切りのツモ-待ちと、切りのツモの-は全然違う物に映って見える。

なぜなら、切りのツモには選択が生まれるからである。
この牌姿は1シャンテンだから違うが、
自分は鳴いた後の形は、トイツが残っている方がやはり速いと思う。

チーは上家からしか出来ないが、ポンは3人から出来るからである、
常に鳴きを想定した時は、どの状況でその牌が打たれてもそれに対して準備をしておかなくてはならない。

2枚目だからポンという事をする人は、そういう状況が全く無いわけではないが、
その局のその人のテーマとはズレている気がする。

次に、鳴きのデメリットは、何と言っても手牌が狭くなり、ディフェンス力が弱くなる事だと思う。

鳴いた時にディフェンス力が弱くなるのなら、それなりのオフェンス力をつけなくてはならないと思う。

かわし手というのがあるが、自分はかなりの手合いにならない限りはそれほど必要なものではないと考えている。

自分は役牌が2種以上トイツの時は、ホンイツやトイトイなどの手役を絡ませるように心掛けている。
簡単に言うと、手役に関連しない牌を消去していくだけである。

例を挙げると、

東1局 西家 ドラ 1巡目



和了りだけを考えるのなら、どう見てもが一番の浮き牌になる。
しかし、ドラも絡まないこの手で、2.000などの安手で終わるのは、やはりもったいない感じがする。
自分なら迷わず切りを選択するだろう。
別に切りでもホンイツになる可能性はそんなに変わらないが、
-を引いた時の旨みが全くなく、が重なった時の牌姿を比べると雲泥の差になる。
を切ってを引いた場合、

を切ってを引いた場合、

どんな手牌でも、状況によって鳴きを考慮しなくてはならない場面があり、
それを想定するように心掛けるだけで、鳴きのレベルは格段に上がると思う。





 
日本プロ麻雀連盟オフィシャルネット対戦サイト 『ロン2』




文責:猿川 真寿

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。