日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 > 構え

雀力アップ

構え

 


とある研究対局でのこと。
この対局では、終局後に全員が手牌を公開し、観戦者も含めて、気になった点を話し合うということになっている。

起家から、滝沢→北野由実→岡田茂→仁科勇人の座順でスタートした。

東1局。ドラは
7巡目に親番の私が先制リーチを打つと、仁科プロが間4ケンの、ドラのをぶつけて追っかけリーチを打ってきた。
数巡後、仁科プロが2.000、4.000のツモ和了り。

 ツモ

仁科プロの捨て牌を見ると、を切った直後に私からが打ち出されていて、後手を踏んだ格好になっている。
観戦者から仁科プロへ、自分ならドラのを打ち出さずにテンパイも組まないか、テンパイを組んでもヤミテンに構えるのですがいつもそう打つのですか?という質問。
「東1局、まだフラットな状態であるということで、リーチを打つことが多いです。もしドラのを打ち出さないのならば、その前のも打ち出さずにオリにまわります。」

本人なりの方針でも、考え方がしっかりしていれば、どう打っても構わないだろう。
大切なことは、自分で選択したことによって悪い結果が出てしまったとしても、それを受け入れ、処理できるかどうかということで、“構え”がしっかりしている人は何が起ころうとも動じないものだ。

同じ半荘の南2局。ドラ
親番の北野プロは17.000点持ちのラス目。
北野プロがドラのを9巡目に河に放つと、西家の仁科プロがポン。
ドラを打った北野プロと、それをポンした仁科プロの一騎打ちになるのが本来の麻雀の呼吸であろう。
北家の私はドラのを打たない手組みにして、チートイツの1シャンテンになっていたが、ドラのポンが入った瞬間に即ヤメ。無理にイーシャンテンをキープして後で手が詰まってしまうのを想定してのことだ。
同じくドラポンと親に対応して手詰まりした岡田プロが、序盤のスジを追って仁科プロにチーさせてしまったが、そのまま流局で全員ノーテン。
終局後、手牌が開かれる。

北野プロがドラのを切ったときの牌姿は、



ドラを打つことの良し悪しは問題ではない。
を打って2シャンテンに戻そうが、を打って形を決めようが、どちらでも良いのだが、この手牌でドラを打った以上は、腹を括って最後まで行き切らなければならないと思う。
当然北野プロ本人も、そんなことは承知でやっていることであろうが、“構え”がしっかりしていないと、こういった局面で中途半端な打牌につながってしまう。

しかし、無理やり自分の構えを作ってしまうのも問題だ。
実績や稽古量に裏打ちされた自信がなければ、それは間違った構えになってしまうことが多い。
北野プロが今のまま、麻雀に対して誠実でありつづければ、本人の“構え”が確立されるのは時間の問題であろう。

岡田茂プロはプロ入り2年目。周囲の高い評価とは裏腹に、プロリーグや各種公式戦での成績が伸び悩んでいたが、ここ最近は見違えるように打牌にブレがなく、同時に良い成績も残るようになってきた。
それは本人の努力の結果で、圧倒的な稽古量によるものだろう。
打牌と局面をマッチさせるということを体で覚え、勝ちは大きく、負けは少なく、と今まさに油がノッている状態にある。

どれだけ麻雀を理論的に考えることができても、“構え”がしっかりしていなければ、ここぞという時に力を発揮できなくなってしまう。
理論がしっかりした上で、それをどんな場面でも生かせるよう稽古を積み重ねることが大切なことなのだ。






文責:滝沢 和典

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。