日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ中級 > 強さとは

雀力アップ

強さとは

 



東1局南家 3巡目 ドラ

  ツモ

 「ロン、にいろく。」
早い巡目でバタっと手牌が倒れる。カン の一盃口ドラ1だ。
なぜリーチに行かないのだろう?
待ちが不安なのだろうか。万全になるまではヤミテン策ということか。
フリー雀荘でもたまにこういうアガリを見かけることがある。

では万全とはなんだろう?
を引いて の待ちを増やしてやることだろうか。
それとも 引きを待って変則三面チャンという名前だけの安心感が欲しいのだろうか。
私にはどれも弱気に映ってならない。開局の5,200なら打点に不満なし。
私なら断固リーチである。
「ヤミテンのうちに出ればアガるし、手が変わればそこでリーチを打ちます。」
打点が安くなっても、まず待ちの形に拘っている打ち手をよく見かけるが、それでは点箱の中身は増えていかないのである。
引きのリーチはその時点で3,900、 引きのリーチに至ってはカン のヤミテンと同じ2,600である。
これにどれほどの意味があるというのだろう。確実にアガリを拾いたいだけなら、勝利の道は近づいてこない。
最後に一番点棒を持っている人間だけが勝利を手にすることができるのである。
今一度、何のために手役が存在するかを考えて欲しい。
どんなに形が悪くても、それを補ってくれるのが手役というものなのである。
例えば平和は両面待ちに限られるが、苦しいカンチャン待ちやペンチャン待ちにも希望を与えてくれるのが手役なのである。一盃口やチャンタなどそれは様々である。
この手牌がまさにそうだ。打点力アップの即リーチ、これが私の選択である。

「強さ」とは一体何だろう?
私は、その一牌をどこまで引っ張れるかということだと思う。強い最終形を作るために自分にとって必要になりうる牌をどこまで抱いていられるかということだと思う。

  ツモ   ドラ

手牌は東1局12巡目、親のものである。これをアガり切ることができれば絶好のリードを築くことができるが、だいぶ巡目も深くなってきた。
そこに場に三枚飛びのツモ である。今のところどこにもリーチや仕掛けは入っていないが、もたもたしていれば他から戦火が上がることは十分に想像できる。
或いはすでにヤミテンが入っているかもしれない。危険な牌はさっさと処理したいところである。
場を見渡して見ると、 が3枚、 が1枚、 が2枚、 が1枚、そして が1枚飛んでいる。
これくらい関連牌が顔を見せているとアガリはかなり厳しそうだ。
ただ一点でもこちらにアガリの目があったとしたなら、その種をムダにしてはならない。
 それがこの 残しだけだったとしたら、そのミスを引きずる可能性があるからだ。
 私は をツモ切った。ピンズで二メンツはどうやったって欲張りすぎである。
願わくばマンズの下で二メンツを作り、1枚の でゴールインさせる、これが理想である。
 次巡 引きで構想通りの展開を見せる。
願わくば 待ちになって欲しいところだったが、ツモ にも不満なし。
これで正々堂々のリーチである。
 

 
結果は の引きアガリ。裏が1枚乗っかって6,000オールだ。
の先切りにこのアガリなしである。
 
一言に「強さ」といってもそれは実際難しいことである。この 残しがいつもいいという訳ではない。
ただ長い目で見たなら多少のリスクはつきものである。勝ちたいなら強い最終形を作り続けることだ。
きっと勝率は上がるはずである。




文責:佐々木 寿人

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。