日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホーム雀力アップ初級 > 配牌をとったら

雀力アップ 初級

配牌をとったら

 


配牌をとったら、まずすることは?


多牌や少牌をしていないか確認すること

北家の時は、最後の1牌を取り忘れてしまわないように。
また、南家の時は、第1ツモを取り忘れて切ってしまわないように気をつけましょう。

確認するために、三枚ずつ手にとって上においてみてください。

 

このようになっていたら、枚数は合っています。(ツモってない状態)

   

親の人は「チョンチョン」で他家の人より1枚多く取っているので
このようになります。(切り番の状態)

カンした時は、他家の捨てた牌をもらって
さらにリンシャンから1枚ツモって来なければなりません。
カンはとても少牌しやすいので、麻雀に慣れるまでは
打牌をする前にこの方法で枚数確認をしましょう。


次にドラを確認すること。

とりあえず離れている牌を切ったらドラだったというのはよくあること。

配牌時だけでなく、時々確認する習慣をつけましょう。

6巡目にきたオタ風の牌をノータイムでツモ切りしたら

「あ、ドラだった。ハネ満打っちゃった!(f;^^)」 なんてことがないように…。


そして、最終形がどうなるか予想してみる。

三色が見えるとか、一色手に伸びそうとか。

そして、これは他家から出たら鳴く、これは自分でツモってこよう
テンパイしたらリーチしようかな。などの手作りの作戦は
慣れてきたら事前に決めておくように心がけましょう。

例えば、「この手はメンゼンでリーチしよう」 と決めておけば
他家の切り牌に反応してしまうことも少なくなります。



文責:吾妻 さおり

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。