日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

プロ雀士インタビュー

今回のプロ雀士 : 北野 由実

 
インタビュアー:内田 美乃里


第21期チャンピオンズリーグを優勝した北野由実プロ
 

第21期チャンピオンズリーグ決勝前日の夜遅くメールを受け取った。
北野プロからだった。
「決勝に残ったよ。」
「すごい!優勝目指して決勝も頑張ってね。」とだけ返信した。

翌日、少し迷いながら「観戦に行ってもいいかな。」と伺いメールをした。
余計な緊張をさせたりしたら悪いかなと思ったからだ。
すぐに返信がきた。「来てくれたら嬉しいな^^」文面を見て急いで電車に飛び乗った。

対局終了後、小田プロからインタビュアーは誰に・・との折、
「内田さん、引き受けてもらえる?私友達いないから(笑)」北野プロ独特のジョーク。
私はほぼ即答で引き受けた。

北野プロは今年6年目の22期生。誰もが知るところの最難関大学を卒業後、現在はキャリアウーマンとして働くスーパーエリート。
1年先輩の北野プロと親しくさせてもらってから4年が経つ。
親しくしている今は感じることはなくなったが、ごく稀に「麻雀」という接点がなければとてもお付き合いできる人ではないように思う時がある。
今回のインタビューを通して、北野プロの誠実で真面目な人柄と、面白いキャラを同時に皆さんにお伝えすることができればと思います。


北野由実プロと内田美乃里プロ



内田
「チャンピオンズリーグ優勝おめでとう。」
北野
ありがとう。」
内田
「こう改まって話をするのってなんか難しいね。決勝は緊張していた?」
北野
「予戦からここでの優勝が目標だったし、格上相手との決勝だから開き直っていた(笑)。でも最終戦が始まる前くらいからかな、急に緊張してきたよ。」
内田
「私も(笑)。」
北野
え?内田さんが緊張するのはおかしいよね(笑)。」
内田
「そうだけど。母心というか姉心みたいな(笑)でも北野さんすごく堂々としていたよ。予想に反して(笑)。
普段は慎重というか弱気だったりする時があるけど、ホントに頼もしかったよ!どの局面で優勝を意識した?」
北野
最終戦で役牌、メンホン、一通の跳満をアガったときかな。」



内田
「うんうん。全体を通して押し引きが安定していてすごいと思った。」
北野
正直、優勝出来たのは本当にツイていたからだと思うんだ。だけど、目標が果たせたのと、優勝したことでグランプリMAXに出られるのはうれしいな。」
内田
「ツイてたからだけじゃないよ。しっかり打って、そのうえで勝ってカッコ良かったよ。」
北野
うれしい。ありがとう。あとは特昇も出られるから頑張るわ。」
内田
「自信持って頑張ってね!では次の質問に行くね。どういうきっかけで麻雀を覚えたの?」
北野
それはね。大学のサークルの先輩に、部室で突然『今日は麻雀を教えるから』と。その場で役を1つ1つノートに書かされて。
『家の麻雀ソフトで実戦して、自分の牌譜を書き写してくるように。その内容を添削してあげるから。』と言われてね。」
内田
「打ち筋の添削?覚える入り方からして頭の良い人たちオーラが出ているよ(笑)。
教えてくれた人もそうだし、きちんと真面目に提出する北野さんも熱心ですごいよね。」
北野
考えてみたら、そういう教え方をしてくれる先輩って親切だったよね。
あと、その頃UNOが流行っていたのね、UNOは結構強かったから、もしかして麻雀のメンツに入れようと思って教えてくれたのかもしれないな。」
内田
「それからどういう経緯でプロになったの?」
北野
就職先が決まって卒業するまでの間に、雀荘でアルバイトしていたのね。その時の趣味がフリー雀荘巡りだったの。
その頃から麻雀プロっていう存在と、プロの団体があることは知っていたし、麻雀そのものや業界にも興味はあったのだけど、
自分はプロになる資格はないなと思っていたの。でもそれから数年後、たまたまフリーで打っている時に前原プロと話す機会があって、
前原プロに「プロにならないか?」って誘って頂いたのがきっかけになったよ。」
内田
「当時から有名だった前原プロから声を掛けて頂いたらすごく嬉しいよね。そうそう、決勝戦に前原プロが来られた時は心強かった?」
北野
うん。気にかけて下さったのかな、と思って嬉しかったよ。」
内田
「打ち上げの席でもたくさん激励して下さっていたね。微笑ましいというか温かい気持ちになったなぁ。
それからしばらくして、北野さんはお酒が強いはずなのにあの日はかなり酔って・・面白い人になっていたよ(笑)。」
北野
量も飲んだし、すきっ腹だったのと寝不足でかなり回っちゃったみたい。恥ずかしい (笑)。」
内田
「多少お酒が入っている方がイメージとのギャップがあって面白くていいと思うよ。
知り合った最初の頃「酒はうめぇなぁ♪」の陽気なつぶやき?を聞いたとき友達になりたいなって思ったもん(笑)。
今でも口癖だよね。お酒で好きなのは?」
北野
最初はビールだし、その時の気分で何でも行ける。日本酒でしょ、ワインに、焼酎・・お酒は全部好きかも(笑)」
内田
「そうだったね。じゃ麻雀の好きな役は何かな?」
北野
メンタンピン。」
内田
「え?なぜに3つも言うの?普通、聞かれたら三色とか一通とか何か1つを厳選して答えるでしょ?だから1つでお願いしたかったのだけど・・」
北野
いやいや。メンタンピン。このセットが大事。出来たらツモも入れたい。」
内田
「じゃ、何歩か譲って・・理由は?」
北野
メンタンピンのリーチが打てて、しかもツモれる時は体勢がいいと思えるからね。」
内田
「そうか。なるほど。ところで、北野さんの趣味って何?」
北野
温泉とか読書かな。あと、趣味とは違うけど、AKBが可愛いと思う。」
内田
「そうだった。カラオケで北野さんの「ヘビーローテーション」を聞いたとき笑いが止まらなかったなぁ。」
北野
なんでよ〜(笑)。」
内田
「北野さんとアイドルのAKBがなんかこう結びつかなくてさ(笑)」
北野
あっちゃん、可愛いと思わない?」
内田
「う、うん。正直AKB自体をよく知らなかったけどね。今は名前と顔が少し分かるかも。」
北野
趣味とはまた違うけど、最近はジムにも通うようになったよ。」
内田
「若いころと違って、疲れるけどスポーツをすると気分がスッキリするよね。運動不足は身体にも良くないし。」
北野
そうそう。で、まずは形から入ったんだ。ジムに入る前にウエアや水着、シューズやら全部を新調してね。そしたらやらざるを得ないでしょ。
平日は仕事があって行けないから、週末に出来るだけ通うようにして。今では泳いだり走ったりが苦ではなくなったよ。」
内田
「忙しい中でもちゃんと自己管理しているんだね。心技体の3つは麻雀にも必要だと言われているよね。」
北野
本音を言えば麻雀を打つ時間も少ないし、麻雀プロとしては罪悪感に似たような気持ちというか、
他の仕事を持ちながらではプロとは言えないのではないかと。」
内田
「似たような気持ち私にもある。でも、それぞれの立場があるから。
考えが甘いかもしれないけれど、プロとして自分なりに意識を持って、誠実な気持ちで向き合っていたいと思っているよ。
北野さんは具体的にはどう考えている?」
北野
これは私の言い訳かもしれないしエゴかもしれないけど、自分の仕事をする上で取り組む姿勢とか普段の生き方全てが「麻雀に反映される」と思うから、
出来る限り真摯な気持ちでいようと心掛けているよ。」
内田
「そうね。北野さんは麻雀のことに限らず、普段から物事を深く突き詰めて考えているよね。
それを、機会があるごとに話してくれたり問いかけてくれるから刺激を受けるよ。普段あまり使ってない脳が活性化される気がする。」
北野
あと、自分が打つ時間も大事だけど、G1タイトルの決勝やAリーグの観戦が私にとっては大事な勉強の一環かも。これも時間が許す限り続けるつもりだよ。」
内田
「そうだね。私もそう思う。連盟に入る前までは自分が打ちたいっていう気持ちが強かったけれど、
レベルの高い麻雀を学ぶうちに、どの対局も観戦するのがすごく好きになったよ。それでは最後に、今後はどんなタイトルが獲りたい?」
北野
このタイトルがっていうのは正直なくて、どんなタイトル戦でもリーグ戦でも、常に目の前の対局を大切に、1つでも上を目指す気持ちで臨みたいな。
それでいつかまた決勝の舞台にのりたい、って思う。」
内田
「お互い頑張ろうね。今日はありがとうございました。」
北野
こちらこそありがとう。」
 

これで仲良くさせてもらっている清水プロ、仲田プロに続き、北野プロもタイトルホルダーになった。
私ももっと努力して、彼女たちに続きたいなと心から思った。

そしてこの夜、我が家に場所を移しタイムシフトをしておいた鳳凰位戦初日を徹夜で観戦したのち、仮眠を挟んで翌日はリアルタイムで一緒に観戦した。
先輩方の一流の麻雀を共に学んだ北野プロとの時間はとても楽しかった。

 







北野 由実  ( きたの ゆみ )

日本プロ麻雀連盟 22期生
⇒プロフィール(ロン2)はこちら

(このインタビューは2012年2月時のものです)

 インタビュアー:内田 美乃里

プロ雀士インタビューのトップへ
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。