日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士インタビュー > 二階堂 瑠美

プロ雀士インタビュー

今回のプロ雀士 :  二階堂 瑠美

インタビュアー: 仲田 加南
 


天空麻雀8で優勝した二階堂 瑠美プロ




インタビューをするにあたって、私はまず、今まで曖昧にしか知らなかったこの言葉の意味を調べた。

【天衣無縫(てんいむほう)】
物事に技巧などの形跡がなく自然なさま。天人・天女の衣には縫い目がまったくないことから、
文章や詩歌がわざとらしくなく、自然に作られていて巧みなこと。
また、人柄に飾り気がなく純真で無邪気なさま、天真爛漫なこと。また、物事が完全無欠で美しいこと。

なるほど・・・。

なんて瑠美ちゃんにぴったりで素敵な言葉なんでしょう。
そして驚くことに、wikipediaにはこう書いてあった。

・ 九蓮宝燈の雅名、別名

・ 女流プロ雀士二階堂瑠美に冠される2つ名

九蓮というより三色のイメージが強い瑠美ちゃんだが、
「天衣無縫=二階堂瑠美」というのはいつの頃からか揺るがない決定事項になっていたようだ。
この先、何十年、もしかしたら何百年、この言葉は瑠美ちゃんのものなのかもしれないなぁと、そんなことを思った。


仲田 「天空麻雀8女性大会、優勝おめでとうございます!」
瑠美
「ありがとうございます。」
仲田 「天空では、第4回、そして7回、8回と3回の優勝を飾り、今回は連覇となりましたが、
予選1回&決勝1回というシステムは、逆に連覇も難しい気がするのですが、どうでした? 」
瑠美
「うーん。連覇できたのはやっぱりついていたからだと思うけど、もしかしたら(天空麻雀と)相性が良いのかもしれない(笑)」
仲田 「一発・裏・赤アリというルールはどうです?好き?」
瑠美
「嫌いではないです(笑)やっぱ競技ルールが1番好き。
でも、TVでやるなら一発とか赤があった方が観ていて面白いかなって思うし、初心者の人にも分かりやすいかなって思う。 」

(常に視聴者のことを考えているところが、さすがトッププロだなぁ。)

仲田 「しかし、TV対局って楽しいですよね。みんなのテンションが少し高いような気がしません?」
瑠美
うんうん。高いと思う!たぶんさ、TVだと一打一打に責任を持ってみんながちゃんとやるじゃない。
もちろん普段からそうあるべきなんだろうけどさ、誰も見ていない、牌譜も残らないとなると、なかなかみんながそうじゃないからさ。
もっともっとみんなでいつも自分の麻雀に責任を持って打てたらなぁって思う。 」

(実はこの日、女流桜花・第3節の対局が終わったばかりだった。
たぶん瑠美プロが、日頃から後輩の女流プロ達に伝えたいと思っていることなんだろうと思った。)

仲田 「前回の優勝インタビューでは、ついてた!を連呼していましたが、今回はどうでした?
正直、私はそんなについている感じに見えなかったんですけど。赤もドラもほとんど無かったような・・・。 」
瑠美
「たしかに、手牌は黒かったね(笑)だけど、やっぱついていたよ。自分の進みたいように牌が来てくれたもん。
かみ合うっていうのかな。あんまり考えることなく自然に打てたから。」


仲田
「決勝戦では、三色のカン即ツモと、一通のカン出アガリと、最後の喰いタン、この3つのアガリがありましたが、感触はどうでした?」
瑠美
「最初の三色は気持ち良かったね。」

 リーチ 一発 ツモ

(8巡目にしてラス牌のだった)

 リーチ ロン

(親で勝負手の亜樹ちゃんから出アガリ)

瑠美
「でもね、アガれたのはホントたまたまで、ついていただけだから、何処で優勝を意識したとか、そういうのはないよ。
あの形を作るまでが私の仕事で、その後のこと(アガリに関して)は私の力じゃないから。」
仲田 「かっこいい!!!私なんて、いつもアガることばかり考えている気がする。そして一発ツモろうもんなら、どうだ!私のツモ力は!!みたいな(笑)
それで、オーラス親番はアガればトップ(アガリ止めあり)状態で、1,400点差には和泉プロ、満貫ツモ条件の黒沢プロに迫られていたわけですが、
どんな心境でしたか?焦りとかなかったですか?」
瑠美
「全然焦りなんてなかったよ。もちろん優勝したい気持ちはあったけど、もし捲くられたとしても、それはその人が頑張っただけで、
私が悪いとかじゃないでしょう。だから、最後も普通に打つだけ。軽い手が入ってラッキーだったけどね(笑)」

(このゆとりが私に足りないものなのかもしれないなぁ。)

仲田 「よく聞かれることだと思いますが、亜樹ちゃんとの姉妹対決についてどう思いますか?やりやすいとかやりにくいとか。」
瑠美
「あ、亜樹ちゃんとTVでの決勝は初めてかもしれない!お互いをよく知っているから、やりやすいし分かりやすいんだけど、
そのせいで一緒にダメになるパターンが多い気がするね。でもあまり意識していないよ。」
   
対局会場にて 
左から宮内こずえプロ、優木美智プロ、仲田加南プロ、二階堂 瑠美プロ、黒沢 咲プロ
   
仲田 「話は変わりますが、オフの日はどんな過ごし方をしているのでしょうか?」
瑠美
「1人でプラプラしているかな(笑)」
仲田 「えっ、1人で何するんですか?」
瑠美
「パチスロとか、買い物とか。でも友達とカラオケに行ったりもするよ。」
仲田 「失礼ですが、友達って麻雀関係者以外でもいますか?」
瑠美
「いるよ(笑)学生時代からの友達と、たまに集まったりもするし。そこでお互い近況を報告し合ったり・・・
私は『おめでとう〜』とか『良かったね〜』とか言うだけの専ら聞き役だけど(笑)」


(当たり前のことだけど、やっぱ瑠美ちゃんも普通の女の子なんだなぁ。)」

仲田 「ほうほぅ。プライベートでもパチスロをやるそうですが、先日『雀龍桜花』という新台が出ましたね!見所というか、宣伝したいことはありますか?」
瑠美
「メインではみんなチャイナを着てるんだけど、プレミアではコスプレで登場するのね。
ちなみにそれが出ると熱いのよ!だから1度それを見るまでは頑張ってほしいなぁ(笑)」
仲田 「そういえば、前に一緒に電車に乗っているとき、パチスロ好きのファンの人にも話しかけられていましたよね。
そっちのTVにはどれくらい出てるんですか?」
瑠美
「月2回とかのレギュラーで、もう3〜4年やっているかなぁ。」
仲田 「そんなにやってるんですね!凄いなぁ。麻雀プロとしてこれだけ有名なのに、パチスロファンもいるとなると、いろいろ大変じゃないですか?」
瑠美
「そんなことないよ。けっこう麻雀ファンとパチスロファンはかぶっているし(笑)」
仲田 「じゃあ、有名で困ることとかないんですか?1人で牛丼屋とか入れないでしょう?」

(そもそも入らないだろう!と思って言ったのですが・・・)

瑠美
「入るよ。1人焼肉も行けるよ。」
仲田 「えっ?!ホントに?私でさえ、1人焼肉はまだなのに・・・。」
瑠美
「まぁ、1人で牛丼食べているときに話しかけられると気まずいけどね・・・。
瑠美さんですか?って聞かれて、そうですって答えて、なるべく早く食べて帰っちゃう(笑)」
仲田 「へぇ・・・」
瑠美
「でも1番気まずいのは、パチスロで大負けして熱くなっているときかな。そうゆうときに話しかけられるとちょっとキツイ。」
仲田 「なるほど。ファンのみなさん、気をつけてくださいね(笑)」
   
仲田 「またまた話は変わりますが、来年の2012版連盟カレンダーはどうでしょう?もう撮影も終わっていると噂に聞いたのですが。」
瑠美
「今回は過去最高だよ!みんな可愛く撮れてる!!」
仲田 「へぇ〜、楽しみ!瑠美ちゃんは何を着たんですか?
瑠美
「私は着物だよ。一昨年の亜樹ちゃんも着物だったけど、それとは全然違う感じ。
亜樹ちゃんはお見合い写真みたいなすました感じだったけど、私は浮かれた感じ。うん、かなり浮かれている(笑)」
仲田 「来年が待ち遠しいです。」
仲田 「では、そろそろ、お約束的ではありますが、最後の質問を。。。今後の目標をお願いします。」
瑠美
「天空麻雀で3連覇狙います!!!桜花は2回も優勝逃したけど、天空は負けない!(笑)」
仲田 「桜花だって、今年こそいけそうじゃないですか。私も頑張るけど(笑)」
瑠美
「プレーオフの8人には残れると思います!」
仲田 「謙虚ですねぇ。私は次回も決勝で瑠美ちゃんと戦う気満々なんですけど(笑)」
瑠美
「うーん。どうだろうね。もちろん頑張るけど、私、対局を楽しみ過ぎているからなぁ。
ホント、勝ち負けなんて二の次で、いつも楽しんでいる。楽しみ過ぎだよな〜。」

『対局が楽しくてたまらない』
『全ての対局で牌譜が残ればいいのに』

そう語る瑠美ちゃんは、まさに天衣無縫。自然で美しく、天真爛漫な天女のようだ。
逆天衣無縫とも言える私との共通点は、ただひとつ。

麻雀プロであること。

せめてこの共通点だけは胸を張って言えるように、志では負けないように精進したい。
また、光の当たる大舞台で、天女の笑顔が見られますように。

 


二階堂 瑠美 (にかいどう るみ)
日本プロ麻雀連盟 16期生
⇒プロフィール(ロン2)はこちら

(このインタビューは2011年8月現在のものです)

  インタビュアー:仲田 加南

プロ雀士インタビューのトップへ
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。