日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士インタビュー > 宮内 こずえ

プロ雀士インタビュー

今回のプロ雀士 : 宮内 こずえ

インタビュアー:ダンプ大橋
 


天空麻雀6 女性大会を優勝した宮内こずえプロ
「純白の牌奏者」
競技麻雀や麻雀プロに少しでも興味を持つ人であれば、この名前を聞いた事のある方がほとんどだろう。

「宮内こずえ」
ルックス、人気、実力と全てにおいて高い水準を持ち、女流プロを牽引する1人である。

そんな彼女に、今回は色々とお話を聞いてみました。
誰もが始めて聞くような事をお伝えできれば幸いですが、如何せん聞き手は私ダンプ大橋。
過度の期待はされぬよう、ご理解いただければ幸いであります。


〜〜〜女流桜花対局会場にて。

ダンプ 「どうもどうも、お疲れ様です。」
宮内
「おつかれー。」
ダンプ 「今日の結果は如何ほどで?」
宮内
「プラス40♪」
ダンプ 「流石です。一時期の不調っぷりから大分復活されたようですねえ。」
宮内
「ホントね。どうなる事かと思ったよ。」
ダンプ 「それじゃどうしましょ?ご飯でも食べながら話しますか?」
宮内
「いいよー。近くに美味しいお蕎麦屋さんあるからそこにいこっ!」

というわけで、お蕎麦屋さんに移動。
2人して天ぷら蕎麦を食べながら話は続きます。

ダンプ 「そうそう、不調から復活〜って言いましたけど、天空麻雀6優勝おめでとうございます。」
宮内
「ありがとー!6回目にしてやっと優勝できたよ!!」
ダンプ 「テレビ対局は得意ってイメージありますもんね。何か秘訣でもあるんです?」
宮内
「秘訣っていうよりも、人に見てもらうのが好きなの。リーグ戦とか普段の対局だと、後ろの人しか私が何を考えて打っているかを見る事ができないけど、
テレビだと何千、何万って人が見られるでしょ?そう考えたらメチャクチャ燃えるね(笑) 」

{※そんな燃えている宮内プロが優勝した天空麻雀6は、連盟HP内にある「牌譜データサービス」より牌譜を見ることができます。
さらに和泉プロがレポート書いているのでそちらも見てくださいね。}


ダンプ 「普通の人は逆に緊張するんだと思いますけどね・・・。流石元女優。」
宮内
「元じゃないし。そりゃ前のプロダクションとは違って今は籍だけ置いている感じだけど。」
ダンプ 「そういえば、元々テレビの企画で連盟受けたんですもんね。遅刻してきたの覚えてます(笑)」

{*宮内プロとダンプは、実は同期なので一緒にプロテスト受けています}

宮内
「細かい事覚えてるね(笑)まぁ、その通りなんだけど(笑)」
ダンプ 「でも、当時って女優で頑張ってたわけでしょ?こんなに長くプロやるなんて思ってなかったんじゃないです?」
宮内
「そんな事ないよー。企画って言っても、私が撮影現場なんかで毎回みんなに「麻雀やろー麻雀やろー」って言ってたら、
プロデューサーが『それじゃ麻雀プロになるって企画の番組作ろうか?』って言ってくれたぐらいだもん。 」
ダンプ 「(筋金入りの麻雀好き…と)」
宮内
「だから、すぐ辞めるとか全然考えなかったし、何より楽しいからね。その時在籍していたプロダクションは、
オーディションとか定期的に受けないといけなかったから、少ししたらそこは辞めて、籍だけ置かしてくれる他のプロダクションに移ったの 。 」
ダンプ 「なるほど。」

〜〜〜話は変わって女流プロカレンダーに。

ダンプ 「女流プロカレンダーって今年も出すんですっけ?」
宮内
「もちろん!しかも今年は今までの大きさのと卓上タイプと2種類出すよ!」
ダンプ 「おー!頑張ってますね!」
宮内
「大変だったよホント!女流プロのみんなのスケジュール管理して、スタジオの候補探して、カレンダー制作会社の人と打ち合わせ何度もして・・・
苦労したけど、その分良い物が出来たと思うよ♪ 」
ダンプ 「ファンなら保存用と観賞用の最低2部ずつは必須…と(笑)」
宮内
「そうそう(笑)ちなみにね、まだ詳しい事は言えないけど、大きいカレンダーはコスプレメイン、卓上は普段の日常を写真にしたって感じかな?
新人の子も登場しているから是非買ってね! 」
ダンプ 「だそうです(このインタビューを読んでいる皆様へ)」
{※カレンダーの詳細は、近日中に連盟ホームページで告知されると思います}
宮内
「人事にしないで、ダンプも買いなさいよ!」

〜〜〜さらに話は進み、話題はロン2ファン感謝祭へ。

宮内
「連盟のホームページにもレポートが載っているから知っているかもしれないけど、この前ロン2の『ファン感謝祭』ってイベントやったの」
ダンプ 「知ってますよ。自分は小島先生がゲストの時に一緒にいましたから。」
宮内
「あ、そっか。それでね、今までは『リアル麻雀大会』しか無かったから、ゲスト以外の時はこういうイベントしか参加できなかったわけじゃない?」
ダンプ 「ですね。雀荘のゲストだと、そもそもフリー雀荘に行くのに慣れていなくて躊躇している方も中にはいるでしょうし。」
宮内
「そうなの。だから、こういうイベントもっとやって、プロと麻雀打つって事がもっと身近になればなって。
できれば東京だけじゃなくて、日本全国で開催できるようになれば良いよね。 」
ダンプ 「そうですね。地方在住の方は東京に来るのも大変でしょうし。リアル麻雀大会も今は東京、大阪、名古屋での開催ですが、
将来的にはもっとたくさんの地域で開催できるようになればいいですね。」

ファン感謝祭にて

と、食事も終わり結構な時間が。

ダンプ 「さて、このぐらいでインタビューは大丈夫っぽいので、そろそろ行きましょうか。」
宮内
「は〜い。お疲れ様でした!」
ダンプ 「あ、そうだ。インタビュー用の写真を取らないといけないので1枚良いですか?」
宮内
「へ?写真?ダメっ!!寝不足で顔酷いから取らないで!」
ダンプ 「寝不足って・・・何やってたんですか。」
宮内
「昨日は家に帰ってから洗濯して、mi○Iのアプリやってたら寝る時間が・・・ね。」
ダンプ 「それは自業自得と言うのですよ。まぁ、それじゃ何か写メ取って送って下さいよ。」
宮内
「了解〜それならいいよ。それじゃこれから麻雀格闘倶楽部打ちに行ってくるね。大橋も行く?」
ダンプ 「お供します!」


と、これが代わりに送ってくれた写メ。



んー・・・軽くツッコミを入れたいところですが、大人の僕はそれをぐっと飲み込んでインタビューの終わりとさせていただきます。
どうもありがとうございました!

 


宮内 こずえ  ( みやうち こずえ )
日本プロ麻雀連盟 18期生 
⇒プロフィール(ロン2)はこちら

(このインタビューは2010年9月現在のものです)

  インタビュアー:ダンプ大橋

プロ雀士インタビューのトップへ
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。