日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

プロ雀士インタビュー

今回のプロ雀士 : 灘 麻太郎

インタビュアー:蒼井 ゆりか
 

「灘麻太郎の生きている証」

数々のタイトルを獲り、常に麻雀界のトップを歩み続けている日本プロ麻雀連盟会長の灘麻太郎。

灘会長は、麻雀プロ以外にも歌手に作家に、幅広い分野で活躍しており、多忙な日々を過ごしている。

そんな灘会長の、貴重なお話を聞かせていただけるとなると胸が躍らずにはいられない。

今回インタビュアーを務めさせていただく事になりました蒼井ゆりかです。
皆さんよろしくお願いします。



灘 麻太郎プロ
   
〜カミソリ灘の誕生、強さの秘密〜
   
蒼井
「麻雀を始めたきっかけをお聞かせください。」
「北海道では、正月になると子供会で百人一首の大会があったんだ。その横で大人達は麻雀を打っていた。小学5年生の時にそれを見て覚えたよ。
覚えてからは、よく知り合いの大人達の中にまじって麻雀をしていたよ。」
蒼井
「当時、師匠や尊敬する方はいらっしゃいましたか?」
「いない(笑)
僕は、学生時代に麻雀がどうやったら強くなるかと考えていた。ひたすら牌を並べ、ツモって切っての繰り返し。研究と練習を重ねたもんだよ。 」
蒼井
「会長の強さは、努力の積み重ねから生まれたものなのですね。会長流の麻雀の必勝法はありますか?」
「ん?必勝法?・・・他流試合をする事だよ。それも自分より強い相手とね。
自分の目標とする人間を見つけ、後ろで見たり質問したりして技を盗み、いい部分を吸収するんだよ。自分の型や勝ち方・負けた時にどうするかを考える。
自分の型を持っている人間は強い。同じメンバーとずっと打っていたらずっとそのレベルで終わってしまうもの。
プロ連盟に入って皆強くなっていくのは、リーグ戦で揉まれ勝ち上がっていった時に、レベルの高い人間と打つ事により、自分のレベルも上がるんだ。」
蒼井
「なるほど。」
「例えば対局中に、裏ドラは何が眠っているのかな?とそこまで突き詰めていけるようなプロが現れたら、
ゴルフの石川遼のようなスーパースターが生まれるんじゃないかと思う。百戦百勝出来るようなプロが今欲しい。
今のプロ達が本当に強くなろうと思っていたら、もうちょっと探究心があってもいいよね。
究極の強さ、精神力や技も全て勉強する位の真剣さが欲しいんじゃない。・・・って言われたらどうする?」
蒼井
「{逆に、質問されてしまいました}はい。勉強します!
過去に、この勝負には絶対勝ちたい!!と思う試合はありましたか? 」
「昔は、初対面の人間には100%勝っていた。タイトル戦の決勝に残れば『このタイトルは自分のものだ』と思っていたしね。」
蒼井
「100%・・・さすがです。」
「勝ちたいと思うのではなく、それ以前の問題だよ。このタイトルは自分のものだという意気込みでのぞむ気持ちが大事。
麻雀は気力とメンタルのゲームだから、ハートが弱かったら勝てないものだよ。」
   
灘 麻太郎プロ(左)と蒼井 ゆりかプロ(右)

 

   
〜プロ団体の誕生〜
   
蒼井
「日本プロ麻雀連盟を創設したきっかけをお聞かせください。」
「当時、僕たちは麻雀評論家と呼ばれていたが、賞金で飯を食えるプロとしての団体組織にしたいと思い、つくったんだ。
1981年、全国各地から約30名が集まったのが連盟の出発。初めての女流プロは創設5周年記念の時に誕生したんだよ。」
蒼井
「創設後、苦労や苦悩はありましたか?」
「苦労は勿論沢山あったよ。何も無いところからのスタートだからね。」

〜黄金時代〜

蒼井
「麻雀ブームと世間が騒いでいた、黄金時代の時の事をお聞かせください。」
「黄金時代といわれたのは昭和4年〜9年までが第一期黄金期。それから戦後にちょっとあって、最高に盛り上がったのは昭和53年、今から30年も前のこと。
その当時、麻雀荘が全国に3万6千軒近くあり、数々の麻雀本のヒットも影響し麻雀のタレント軍団が出来たんだ。」
蒼井
「そんなに沢山の麻雀荘があったんですね。ブームの火付け役に麻雀本の影響も大きかったのですね。」

〜未来の為に〜

蒼井
「現在はインターネット通信対戦・テレビ対局・フリー雀荘など様々な環境で麻雀を打ったり観戦したりする事ができますが、
更なる麻雀界の発展には何をしていくべきかと思いますか?」
「プロ個人がどういうプロになりたいのかを考える必要がある。仕事は与えられるものだけではなく、自分の足で探していく事だって出来る。
個々の為には連盟も全力でバックアップするし、お互いが一体となっていけばいい組織となり、発展に繋がるんじゃないかな。
夢を見て考えて実現してけばいいんだよ。プロは常に夢を持つことが必要。プロは高見を目指さなければいけないでしょ。」

未来を見据える灘 麻太郎会長

蒼井
「考えて行動に移していくべきですよね。」
「まだ、麻雀には完全な定石が書かれている本が無い。
だから、これから本を売り出していこうとする人間のテーマとして、麻雀の定石本を作って欲しいと思うよ。僕が書こうと思ったら考え方はあるけどね。」
蒼井
「麻雀の参考書のようなものですね。」
「そう。定石研究会みたいなものがあってもいいよね。研究する人間を20〜30人集めて問題を定義し意見を言い合う。
やる意識の人間がいたら僕も手伝うよ。」
蒼井
「会長は、麻雀プロ以外にも、歌手・作家など様々な方面で活躍をされていますが、これから新しく挑戦していきたい事はありますか?」
「僕はね、麻雀プロなんだから、新しく挑戦したいと言うより、気力を充実させていってこれからも真剣に麻雀プロとして取り組みたい。
最近タイトルをとってないからな・・・。」
蒼井
「来年は、日本プロ麻雀連盟の創設30周年を迎えますね。」
「30周年は大きな節目だから、世間にもアピールして盛大にパーティーをしたいね。」
蒼井
「華やかになりそうですね。」
   
蒼井
「今回は、貴重なお話をいろいろと聞かせていただきありがとうございました。全国の麻雀ファンの方に、メッセージをお願いします。」
「今年はタイトルとるぞー!!(笑)
プロである以上、強い麻雀を魅せたいね。今年は寅年。寅のように獰猛に戦って行こう。」
蒼井
「灘会長の活躍を期待しています!」
   
   
蒼井
「最後に1つ・・・灘会長にとって麻雀とは?」
   
「人生そのもの。生きている証だよ。」
   




気力に溢れていて、いつもエネルギッシュな灘会長。
頂点であり続けながらも更なる高見を目指して、灘会長の挑戦は続いていくだろう。
今回のインタビューを通して、日本プロ麻雀連盟・麻雀界の発展と未来のことを真剣に考え、取り組む姿勢に私は深く感銘を受けた。




灘 麻太郎  ( なだ あさたろう )
日本プロ麻雀連盟会長
⇒プロフィール(ロン2)はこちら

(このインタビューは2010年1月現在のものです)

 インタビュアー:蒼井 ゆりか

プロ雀士インタビューのトップへ
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。