日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ

プロ雀士インタビュー

今回のプロ雀士 : 清水 香織

 
 

貧乏ヒマなしで、日々を生きていくだけで精一杯なので、時が経ったことはたまにしか意識できない。
意識するとしんどい気持ちになるから、無意識にそうしているのかもしれないが。


ただ、同期の選手がタイトルを獲ったり、テレビ対局で優勝したと聞いた時、
「ああ、あいつも苦節○年か。あれから何年も経ったんだなぁ…」と感じることがある。
清水香織には、何回か時の流れを思い出させられた。

彼女と私は同期で、年も同じ。プロ連盟に入会する前からの知り合いということもあり、一応、何かにつけて、意識はさせられる相手だった。



清水 香織プロ
写真は「天空麻雀2」優勝時のもの

〜ケンカの極意?〜

   
黒木
「もう丸12年です。」
清水
「そんなに経ったの?」
黒木
「ハイ。我々が日本プロ麻雀連盟に入ってから12年。お互いに年もとりました。」
清水
「そりゃ、とらなきゃ気持ち悪いよ。サザエさんじゃないんだから。」
黒木
「四捨五入すると40だね。」
清水
「しなくていいから。」
黒木
「あ、五捨六入でも40か。」
清水
「黒木、女にもてねーだろ!? 昭和48年生まれ、今年で24歳と143ヵ月の清水香織です。これでいいんでしょ?。」
黒木
「そんなキレなくてもいいのに。でもまぁ、そういうストレートというか、男前なところが、清水の強さだと思う。」
清水
「男前って言われてもうれしくないよ。女なんだから。」
 
10年前の清水プロ。
今とあまり変わらないような気が……
現在の清水プロ
お綺麗です
 
   
黒木
「清水と僕とは、プロ連盟入りも同期で、リーグ戦やオープン戦でも戦ったけど、なぜか、根拠のない自信を持っていた。」
清水
「3巡目からオリる段取りをする君に負ける要素などないと思ってたから。そんな奴に負けるわけがねーと。」
黒木
「そして実際に、勝負の場でも上から目線で攻めてきてました。プロになってすぐ、2人ともチャンスがもらえて、
モンド21の『電影大王位決定戦』という番組に出させてもらったけど、その時もそうだったし。 」
清水
「そう?」
黒木
「ハッキリ覚えてはいないけど、こっちはそれまでの展開も悪くなく、十分形でリーチをかけた。確か高目三色のピンフリーチじゃなかったかな?」
清水
「黒木にそんな手が入ること自体が奇跡だよね。」
黒木
「…という不遜な態度で、清水はカンチャン待ちで追っかけてきて。」
清水
「黒木が一発でつかんだんでしょ?」
黒木
「悔しいけど、その通りになった。そういう風に、人をのんでかかるのって、麻雀においては大事なのかなと。」
清水 というより、麻雀は勝負なんだから、ナメられたら終わりでしょう。
黒木
「こっちは、そういうことに気づくのに何年もかかったわけですよ。」
清水
「そんなに!?」
黒木
「それまでは、ナメられていた方がトクかなって思っていたからね。その後の清水の活躍を見ると、やっぱ違うんじゃないのかと。」
清水
「私のはただやるかやられるかのブンブン麻雀がうまくいっただけだよ。」
黒木
「でも、その勢いを相手に感じさせることが大事なんじゃないのかな。
それから、清水は独特の理論を持っているんだなって『天空麻雀2』(CSGyaOの麻雀番組)の時に思わされた。」
清水 優勝した時の?
黒木
「優勝したからというのではなくて。オーラスを迎えた時点では、ほぼ和泉由希子プロの優勝で決まりかなと思っていたら、
清水がまずヤミテンで親満をアガったんだよね。こんな手牌で、清水なら100%リーチかけるだろうって思ってたらヤミにしたから、アレ?っと思った。」



清水
「まずは、冷静沈着なアイスドール(=和泉プロのこと)に対して『あ、この人たまにはヤミテンもするんだ』って思わせたかった。
こんぐらい点差が大きいと(3万点弱)、どのみち一発ではマクれない。だったら、これは親満で大人しくアガっておいて、
次局以降、和泉さんに『もしかしたらヤミテンしてるかも』って思わせておきたかった。そうやって、
少しでも和泉さんの打牌がブレてくれないと、こっちに勝ち目はないだろうからね。点差と状態を考えれば。」
黒木
「決して、何でもリーチではなかったんだね。」
清水
「それから、リーチでアガると、点差が縮まりすぎて、次の局に和泉さんが必死になっちゃうと思ったの。
ヤミテンでアガるだけなら、まだ2万点弱の差が残って、尻に火がつかない。親満ツモでも変わらなければ
『直撃がイヤだから、オリようかな?』という選択肢が残るでしょ。アタシはその『オリ』の選択肢を残させたかったのよ。」
黒木
「という話を、試合後にされて驚いたんだよね。そういう考え方は聞いたことがなかったし。ぶっちゃけもっと勢いだけでやっていると思っていたから。」
清水 もう24歳になってから143ヶ月たってますから、多少は考えるようになったのよ。それに、全盛期に比べたらヒキも弱くなったので…。
黒木
「相手との距離のとり方というか追い込み方が、ケンカしてるみたいだよね。」
清水
「ケンカも麻雀も同じかけひきの勝負だから、共通点はあるのかも。若い頃はイケイケでも、年とったらハッタリかますっしょ?」
黒木
「っていうか、なぜケンカの極意をご存知で?」
清水
「それはまぁ…若気のいたり? 言葉の遣い方あってる?」
黒木
「あっていたらあっていたで問題になりそうなので、追求しないでおきます。」

寝起きですっぴんの…愛犬むっちぃ
若返りのため(!?)
コラーゲンたっぷりの鮟鱇鍋を食す


〜『天空麻雀』連覇の偉業達成〜
   
黒木
「『天空麻雀3』でも優勝して、いわゆる連覇。しかも、戦いぶりがまたスゴかった。
トップ目なのにドラを切ったり役無しのカンチャンでリーチしたり…僕には絶対に真似できない麻雀をやっていたよ。」
清水 だからアンタは優勝出来ないんだよ。決勝ってやるかやられるかだから、自分の勝負勘頼りで好きに打ってみたいわけ。
後悔したくないからね。あと、プロが相手なら特にそうなんだけど、今後も対戦するからっていうのもあるよね。
結果的に行き過ぎて負けても、相手に『この人ヤダ、コワ〜イ』って思わせておけば、今後ハッタリが利くでしょ。
だから、マトモな神経の持ち主が見たら『やりすぎ』と思うような麻雀になっても、アタシはいいの。
黒木
「どのように『やりすぎ』だったかは、テレビの再放送などをご覧ください。ヒールな清水のオラオラ麻雀が楽しめます。」

天空麻雀3女性大会決勝 7月9日(木) 23:30〜再放送
※以降の放送スケジュール&詳細はこちらよりご確認ください。
「CS GyaO。」HPはこちら
「天空麻雀3 〜第三回 プロオールスター戦〜。」 番組HPはこちら
出場者紹介はこちら
この牌譜をご覧になりたい方はこちら


清水
「でもね、ヒールなキャラって得よ。普通にしてるだけで『怖い人と思ってたのにいい人ですね〜っ』って言われるもん(笑)」
黒木
「プラス思考なのも清水のいいところ。」
清水
「アンタはマイナス思考すぎるんだよ。」
黒木
「マイナス思考はよくないのかね?」
清水 アタシはよくないと思うナ。とにかく、対戦相手を恐れない事が第一だね。気持ちで負けたら勝てない!
連盟のトッププロとか、名だたる人々が相手だったら、今度は開き直って『自分は1番下手くそだから好きなようにやらしてもらいまぁす!』
と割り切ればいいじゃん。上手く打とうとすると負けるんだよ。
黒木
「なんか、僕が麻雀教えてもらってるみたいだな。」
清水
「麻雀をそこそこマジメに勉強しているのに勝てない人ってのは、どこかクソマジメすぎるんじゃないのかな?
ただ、アタシもエラソーに言いつつ、唯一そういう考えに至れない相手が、やっぱ師匠の沢崎プロなんだよね。
いつか師匠とも割り切って気負わず対戦出来るようになれれば、アタシも一人前になれるのかな? 」
黒木
「そうやって、ケンカ麻雀で12年間突っ走ってきて、王位、プロクイーンとタイトルも獲って。テレビ対局でも優勝を数回と。とても輝かしい成績です。」
清水
「オバチャン勝つしかいいとこないから(泣)。」
黒木
「強くて格好いい麻雀がみせられれば、オバチャンでも商品価値ありますよ。」
清水 黒木クン、もうちょっと日本語勉強したら?
黒木
「いや、逆に言えば、若くて可愛い女性ではないのに、メディアが出演を依頼するということは、それだけ魅力的な麻雀ができているということでしょう。」
清水
「本望です、ありがとう。たまにはいいこと言うじゃないのよ。 」
   




また年齢のことを口走って、少し不機嫌にさせてしまったが、フォローにならないフォローを繰り出すと、
細かいことは気にせず『魅力的な麻雀』というフレーズに素直に喜んだ。
そういう「天然さ。」というか「鈍感力。」があるから、清水は強いのかもしれない。
今後も男前の麻雀で、ビシビシ危険牌を切り飛ばし、視聴者のストレスを解消していただきたい。


清水 香織  ( しみず かおり )
日本プロ麻雀連盟13期生
⇒プロフィール(ロン2)はこちら

(このインタビューは2009年7月現在のものです)

 インタビュアー:黒木 真生

プロ雀士インタビューのトップへ
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
モンド21麻雀プロリーグ
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。