日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士インタビュー > 田村 りんか

プロ雀士インタビュー

今回のプロ雀士 : 田村 りんか

ほとんどの人が知っていることだが、彼女は、過去に写真集も何冊も出しているアイドル出身のプロ。
今年でプロ入りして2年が経つ。  
その2年目に連盟のタイトル戦である「プロクイーン」の決勝に見事進出。
惜しくも3位ではあったが、彼女自身が持つ華やかさが、決勝の麻雀にも表れていたように思う。

インタビュアーは、彼女とプロ同期であり、プライベートでも親しくさせてもらっている私、優木が勤めさせていただきます。

この日は、インタビューを兼ねて、二人で食事をしました。
いつも待ち合わせに現れる彼女は笑顔で、この日は、雨がすごかったのですが、いつもの天真爛漫な笑顔。
会うたびに「かわいいなぁ〜」
同性の私も、彼女の魅力には惚れ惚れします。


愛息子ケンシロウ君と

まず、オーソドックスな質問からしました。

優木 「麻雀を始めたきっかけを教えて。」
田村 「高校一年生のとき。友達に教わってはじめたよ。友達の家にみんなで集まって、手積みでさぁ。よくやってたな〜楽しくって。」

私は、女の子で、高校生(それも高1)から麻雀をやってる子ってどれくらいいるんだろ?とふと思いました。
てか、まさか、りんかちゃんがそんな昔から麻雀好きだったなんて!とビックリ。
『アイドル』と『麻雀』って全然イメージ違うから(笑)

田村

「フリーデビューは、実はプロになってからなんだ〜。誰か知り合いがいるお店とかなら大丈夫なんだけど。 もともと人見知りだから、初めてのお店は知らない人ばかりだと緊張しちゃって。」

やっぱりりんかちゃんは、女の子らしい女の子。
食事をしながらのインタビューだったけど、話しながらの食べ方もすごく品があってきれい!!

優木 「麻雀をやっていて楽しいなって思うときってどんなとき? 」
田村 「調子が悪かったのに、あるきっかけで、手が入ったりしたときとか・・・
あとね!配牌ひらいて、赤がキランって光ってると楽しい♪  
うん。いつも楽しいよ。・・・あ、でも『いつも』って思いえるようになったのは、結構最近からかな〜。タレントをずっとやっていてもうやめようかな、って思ってるときに麻雀プロのお話を頂いて。『私なんかが』って思ったときもあったけど、やってる以上は一生懸命やりたい。そう思うと、麻雀やってるときは最近はいつも楽しいな。」
優木 「じゃあ、プロになってよかったなって思うよね?具体的にはどういうときにそう感じる? 」
田村

「小島先生(小島武夫プロ)と森山茂和プロが、私の尊敬している、プロでもあり人でもあるんだけど。
一緒に麻雀は打てないけどプロになったおかげ(?)で、知り合えたし、お仕事も一緒に出来て。麻雀をみせてもらって勉強もできて。そういう時によかったなって思う。
いつかは一緒に麻雀うちたいな。」

前述したように、彼女は今年、プロ入り二年目にして、初のタイトル戦決勝を経験している。
女流プロだけで行われる「プロクイーン」だ。

優木 「プロクイーン決勝、惜しかったよね!3位おめでとう!! 」
田村

「ありがとう〜。私がビックリだよ。準決勝の日も、決勝の日も、・・・私ね、まさか自分が残れる、なんて思ってなかったから、仕事入れてたんだよね(笑)
もちろん全部キャンセルして会場に行ったけどね」

優木 「緊張した? 」
田村

「うん。一年分くらいの緊張を、まとめてしちゃった、って感じかな。
でもね、ほどよい緊張感だったんだ。」

『ほどよい緊張感』という言葉が、彼女から出てきて「さすがだな」と、私は感心した。
普通は、初めてのタイトル戦の決勝卓にガチガチになってしまうんじゃないのかなって思う。
それは、舞台慣れしている彼女の経験と、持ち前の気持ちの強さ、それに、彼女の心の美しさから出ている麻雀への姿勢の表れではないのかな、と感じた。

とにかく彼女は、麻雀うんぬんより、何事にもまっすぐで、したたかじゃない。
すごく可愛くておまけにアイドル出身なのに(って言ったら失礼かな?)気取ったところがなく、いつも謙虚なのだ。
一言で言えば「性格がいい」。

決勝の感想を聞くと

田村

「二年目にして、こんな大舞台に出れたことに、自分の運の良さみたいなものをかんじたな。すごく嬉しい。」

と、りんかちゃんらしい謙虚な答えが返ってきた。

連盟HPにもUPされているが、私のような凡人には、ミラクルに感じてしまう和了も、彼女の持つ素晴らしい感性なんだなと思った。

そういえば、プロ1年目の初のリーグ戦で、彼女は男性プロ3人を相手に、4連勝!
そのポイントは+88という数字で残っていたな・・・
と、ふと思い出しました。

優木 「麻雀格闘倶楽部、TV対局について教えて。 」
田村

「TV対局は、今年の、さんクイーンカップの決勝にでれたことが嬉しかったな〜。  
格闘倶楽部はね、楽しいよ!!麻雀がのびのび打てるの。普段出来ないこと、例えば、もう1つ高い手を狙ってみようかな、とか。
それからイベントでは、格闘倶楽部ファンの人たちとの交流の場があって、嬉しい。
格闘倶楽部のプロの人たちが強くてさぁ。」

優木 「『格闘倶楽部のプロ』って・・・(笑) 」
田村

「大体14時〜20時位の時間にゲームセンターでやってることが多いから、私を見かけたら声をかけてもらえると、嬉しいなぁ。」

優木 「ロンロンはどう? 」
田村

「ロンロンは今年の夏からデビューさせてもらったばかりで、PCの扱いが苦手な私は、まだどきどきしながらのプレイなんだよね・・。
でもすごく楽しいよ♪キャーとか、時にはブスっとしたり独り言を気兼ねなく言えるし(笑)
チャットを返すのが遅くて、申し訳ないんだけど。当たって嬉しいとかメッセージをもらえて、あたしと当たって喜んでくれるんだ!ってテンションがあがる。そして観戦者も増えれば増えるほどテンションがあがる!!
ロンロンはリアル麻雀に近いほうだと思うんだけど、たくさんの人が見てると、もう一個上の手を狙ってみようとかかっこつけマンなあたしが出てくる(笑)
大きな手を和了れるプロになりたいな!
これはロンロンに限らず麻雀全般の意気込みだけど。」


日本プロ麻雀連盟オフィシャルネット麻雀サイト「ロン2」

優木 「プライベートのことを聞かせて。 」
田村

「趣味は、海外旅行と料理、それにお酒かな。
今年は既に、バリ、ニューカレドニア、グアムに行ったよ!
それに、もうすぐ友達とベトナムに行くんだ!!
これからもいろんなところへいっぱい旅行したいな〜。」

優木 「料理は?」
田村

「大体なんでもつくれるよ!(自身満々)グラタンとか・・煮込み料理が好きかな〜。お酒は、焼酎とワインがすき。友達や気の合う仲間とおいしいご飯を食べながらおいしいお酒を飲んでるときが幸せ〜。

いま、習い事もしててね。着付けと英会話。 着付けのほうは、年内に終わるから、そしたらまた新しく何か始めたいなぁ・・・。 お花か、フランス料理かな〜。

最近、岩盤浴とホルモンにはまっててね。いきつけのおいしいホルモンを出してくれるお店があるんだけど、変わった部分がすきなの!変わったとこであればあるほど、好きなんだよね〜(笑)」

いつも生き生きしてて可愛いりんかちゃん。
元気の素は、プライベートも充実してるところにあるみたいです。

ついで(?)だから、好きなタイプもききました。

田村 「好きなタイプは・・笑いのツボが一緒の人!それから謙虚な人! 嫌いなタイプはねぇ。笑いのツボが違って、偉そうな人!! あれ?私、同じこと言ってる??」
優木 「(笑)じゃあ最後にファンの方たちへメッセージをお願いします。 」

という質問に

田村 「・・・。ねぇみち。私って、ファンいるかな?」

いるし!いるに決まってるでしょー。
どこまでも、謙虚なりんかちゃんでした。



2006年夏、バリにて


2006年春、ニューカレドニアにて。
すっぴんでごめんなさい BYりんか♪


田村 「話しかけてもらえると嬉しいです!PCが苦手で、みんなのように自分のブログを作ったりして、
自分で交流の場をつくるのが難しいので、私を見かけたら、是非是非声をかけてください!!」

私が、彼女と初めて出会ったのは、連盟のプロ試験会場。
その時の第一印象は「すっごい美人がいる!!」(笑)
でも美人過ぎて、敷居が高く感じてなかなか声かけられなかったっけ。

実際は、すごく優しくて、人への気配り思いやりがあって、それでいてしっかりしていて・・・。
まさに、巨細にという言葉がふさわしい女の子です。

この日、傘を忘れた私を気遣って、ぬれないように駅まで送ってくれたんだけど、
私に雨がかかるまいと、傘をさしてりんかちゃんが少しぬれていました。

これからも、麻雀もプライベートも頑張ってね!

田村 りんか ( たむら りんか )
日本プロ麻雀連盟21期生 東京都出身
⇒プロフィール(ロン2)はこちら

(このインタビューは2006年10月現在のものです)

 インタビュアー:優木美智

プロ雀士インタビューのトップへ
ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。