日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS 第三回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦 予選レポート

 




エンタメ〜テレで放送された「第三回麻雀トライアスロン雀豪決定戦」はご覧になりました? 
面白かったですよね?

・出場選手紹介はこちら 
・エンタメーテレ 番組詳細ページはこちら


ゲスト雀豪全体写真
一次予選の様子

 

1卓 左から  金子 達仁 さん、佐々木 寿人プロ、
二階堂 瑠美プロ、先崎 学さん
2卓 左から 小池 一夫さん、灘 麻太郎プロ、
二階堂 亜樹プロ、伏見 俊昭さん

3卓 左から 海堂 尊さん、小島 武夫プロ、
勝又 健志プロ、見栄晴さん
4卓 左から ガッツ石松さん、荒 正義プロ、
田中 佑樹さん(格闘倶楽部代表)、マギー審司さん

5卓 左から 坂上 忍さん、伊藤 優孝プロ、
宮内 こずえプロ、 crystal boy さん
6卓 左から 蛭子 能収さん、森山 茂和プロ、
和久津 晶プロ、宝田 明さん

7卓 左から 武宮 正樹さん、前原 雄大プロ、
和泉 由希子プロ、佐々木 慎也さん
8卓 左から 武藤 敬司さん、滝沢 和典プロ、
瀬戸熊 直樹プロ、畑 正憲さん




麻雀トライアスロンは、東風戦、半荘戦、三人麻雀を1回ずつ打ち、それを1クールとします。
まずは1次予選として1クール打ち、その結果下位者は敗退。二次予選に進出することができないというサバイバル形式です。
ゲスト雀豪16名中下位4名、プロ雀士16名中下位4名が敗退となるのですが、その憂き目にあったのはこの方々。

一次予選終了時成績        
ゲスト雀豪   プロ雀士   総合
順位
名前
東風戦 半荘戦 三人麻雀   順位 名前 東風戦 半荘戦 三人麻雀   順位 名前 東風戦 半荘戦 三人麻雀
1 武藤 敬司 31.1 47.7 25.9 104.7   1 森山 茂和 32.3 66.2 26.2 124.7   1 森山 茂和 32.3 66.2 26.2 124.7
2 畑 正憲 4.9 50.0 23.1 78.0   2 和泉 由希子 21.9 63.3 14.0 99.2   2 武藤 敬司 31.1 47.7 25.9 104.7
3 Crystal Boy ▲ 5.9 50.0 13.0 57.1   3 宮内 こずえ ▲ 16.7 49.9 12.5 45.7   3 和泉 由希子 21.9 63.3 14.0 99.2
4 マギー審司 26.7 ▲ 60.8 45.3 11.2   4 和久津 晶 ▲ 32.3 20.2 42.4 30.3   4 畑 正憲 4.9 50.0 23.1 78.0
5 先崎 学 13.5 26.6 ▲ 32.9 7.2   5 前原 雄大 10.0 38.8 ▲ 24.4 24.4   5 Crystal Boy ▲ 5.9 50.0 13.0 57.1
6 海堂 尊 ▲ 19.9 9.2 12.0 1.3   6 二階堂 瑠美 ▲ 10.3 9.5 23.9 23.1   6 宮内 こずえ ▲ 16.7 49.9 12.5 45.7
7 佐々木 信也 ▲ 10.0 ▲ 17.5 23.1 ▲ 4.4   7 田中 佑樹 ▲ 20.3 ▲ 45.6 84.7 18.8   7 和久津 晶 ▲ 32.3 20.2 42.4 30.3
8 小池 一夫 ▲ 8.8 ▲ 36.3 39.2 ▲ 5.9   8 勝又 健志 ▲ 9.1 28.1 ▲ 10.4 8.6   8 前原 雄大 10.0 38.8 ▲ 24.4 24.4
9 ガッツ石松 ▲ 9.0 25.9 ▲ 32.9 ▲ 16.0   9 滝沢 和典 ▲ 24.9 39.0 ▲ 9.2 4.9   9 二階堂 瑠美 ▲ 10.3 9.5 23.9 23.1
10 武宮 正樹 ▲ 21.9 ▲ 11.6 13.9 ▲ 19.6   10 佐々木 寿人 23.6 ▲ 9.4 ▲ 20.3 ▲ 6.1   10 田中 佑樹 ▲ 20.3 ▲ 45.6 84.7 18.8
11 坂上 忍 4.8 6.9 ▲ 33.3 ▲ 21.6   11 灘 麻太郎 1.9 ▲ 51.4 40.2 ▲ 9.3   11 マギー審司 26.7 ▲ 60.8 45.3 11.2
12 蛭子 能収 16.0 ▲ 18.8 ▲ 19.1 ▲ 21.9   12 荒 正義 2.6 ▲ 11.7 ▲ 9.2 ▲ 18.3   12 勝又 健志 ▲ 9.1 28.1 ▲ 10.4 8.6
13 宝田 明 ▲ 16.0 ▲ 39.0 10.8 ▲ 44.2   13 小島 武夫 5.3 17.5 ▲ 50.1 ▲ 27.3   13 先崎 学 13.5 26.6 ▲ 32.9 7.2
14 伏見 俊昭 ▲ 21.3 ▲ 28.6 ▲ 11.2 ▲ 61.1   14 瀬戸熊 直樹 ▲ 11.1 ▲ 0.2 ▲ 39.4 ▲ 50.7   14 滝沢 和典 ▲ 24.9 39.0 ▲ 9.2 4.9
15 見栄晴 23.7 ▲ 75.6 ▲ 44.0 ▲ 95.9   15 伊藤 優孝 17.8 ▲ 53.0 ▲ 26.3 ▲ 61.5   15 海堂 尊 ▲ 19.9 9.2 12.0 1.3
16 金子 達仁 ▲ 26.8 ▲ 66.7 ▲ 15.0 ▲ 108.5   16 二階堂 亜樹 28.2 ▲ 24.6 ▲ 75.5 ▲ 71.9   16 佐々木 信也 ▲ 10.0 ▲ 17.5 23.1 ▲ 4.4
                            17 小池 一夫 ▲ 8.8 ▲ 36.3 39.2 ▲ 5.9
                            18 佐々木 寿人 23.6 ▲ 9.4 ▲ 20.3 ▲ 6.1
                            19 灘 麻太郎 1.9 ▲ 51.4 40.2 ▲ 9.3
                            20 ガッツ石松 ▲ 9.0 25.9 ▲ 32.9 ▲ 16.0
                            21 荒 正義 2.6 ▲ 11.7 ▲ 9.2 ▲ 18.3
                            22 武宮 正樹 ▲ 21.9 ▲ 11.6 13.9 ▲ 19.6
                            23 坂上 忍 4.8 6.9 ▲ 33.3 ▲ 21.6
                            24 蛭子 能収 16.0 ▲ 18.8 ▲ 19.1 ▲ 21.9
                            25 小島 武夫 5.3 17.5 ▲ 50.1 ▲ 27.3
                            26 宝田 明 ▲ 16.0 ▲ 39.0 10.8 ▲ 44.2
                            27 瀬戸熊 直樹 ▲ 11.1 ▲ 0.2 ▲ 39.4 ▲ 50.7
                            28 伏見 俊昭 ▲ 21.3 ▲ 28.6 ▲ 11.2 ▲ 61.1
                            29 伊藤 優孝 17.8 ▲ 53.0 ▲ 26.3 ▲ 61.5
                            30 二階堂 亜樹 28.2 ▲ 24.6 ▲ 75.5 ▲ 71.9
                            31 見栄晴 23.7 ▲ 75.6 ▲ 44.0 ▲ 95.9
                            32 金子 達仁 ▲ 26.8 ▲ 66.7 ▲ 15.0 ▲ 108.5

 

成績表を改めて見て驚きました。
何と、若かりし頃から灘麻太郎会長や小島武夫特別顧問らと打ち合ってきた雀豪で、日本を代表する俳優の宝田明さんが13位。
そして、第2回大会では決勝戦に進出された競輪界の大スター、アテネオリンピック銀メダリストの伏見俊昭さんが14位。
そして初出場の見栄晴さんが15位で、金子達仁さんが16位。

宝田明さん
伏見俊昭さん
 
見栄晴さん
金子達仁さん

 

いずれも「この人が負けちゃったの?」という方が敗退となったのですが、よく考えて見ましょう。
12位から上にも、ものすごい名前が掲載されているのです。
これだけ実力者が集まっているのだから、あとは時の運やその日の調子、気合の乗りやバイオリズムなどといった要素によって勝敗が決まるのでしょう。


誰が勝っても納得で、誰が負けても仕方がない。
そういう超・キビシイ戦いなのが麻雀トライアスロンなのです。
 
プロ雀士の成績にも同じことがいえます。

小島 武夫プロ
瀬戸熊 直樹プロ
 
二階堂 亜樹プロ
伊藤 優孝プロ


13位には、第1回大会決勝進出の小島プロ。14位は第2回大会決勝進出の瀬戸熊直樹プロ。
そして15位は副会長・伊藤優孝プロ。何と最下位は、女流プロ人気ナンバー1の二階堂亜樹プロ。
あれ? いずれも連盟の「顔」と呼ばれる人たちなのに…と驚きましたが、こちらも連盟オールスターズが出場しているので、仕方がないのです。


1次予選が終了した後は小休止。レセプション会場に移動して、ホテルのお食事を楽しみながらご歓談です。

レセプションの様子


同じ著名人同士でも、普段はあまり共演されない方々が、仲良く麻雀のお話をされていました。
格闘家と漫画家さん、文化人と俳優さん。そして麻雀プロとの交流…。
 


談笑中の
灘 麻太郎プロ、佐々木 信也さん
同じく談笑中
小池一夫さん、森山 茂和プロ、小島 武夫プロ

瀬戸熊 直樹プロ、佐々木 信也さん
勝又 健志プロ、伊藤 優孝プロ

 金子達仁さん、坂上 忍さん


惜しくも敗退となってしまった見栄晴さん
二階堂 瑠美プロ、和泉 由希子プロ、宮内 こずえプロ
受付を務めた高宮 まりプロ、ガッツ石松さん


麻雀格闘倶楽部を遊戯中
マギー審司さん、crystal boy さん、佐々木 寿人プロ
武宮 正樹さん、二階堂 亜樹プロ


 

その世界で名を成した方々が、楽しそうに麻雀のプチ感想戦をされているのを見ると、いつも「麻雀ってそういうところがいいよなあ」と思います。
老若男女問わず、業界を問わず、麻雀を通じて仲良くなったり、相手を尊敬したりちょっとムキになって戦ったり。とても良いことですよね。

武宮正樹さん、宝田 明さん、畑 正憲さん

灘 麻太郎プロと畑 正憲さん


二人ともおっきくなっちゃいました
二階堂瑠美プロとマギー審司さん
先崎 学さんと海堂 尊さん


姉妹で決めポーズ
二階堂姉妹
トランプマジックのレクチャーでしょうか?
二階堂瑠美プロ、マギー審司さん、 蛭子 能収さん

左から和久津 晶プロ、和泉 由希子プロ、二階堂 瑠美プロ
二階堂 亜樹プロ、宮内 こずえプロ
宮内 こずえプロ と和泉 由希子プロ




 
さて、レセプション終盤で成績発表があり、しばらく後、2次予選が始まりました。

一次予選 雀豪1位通過
畑 正憲さん
同じく2位通過
武藤 敬司さん

プロ1位通過
森山茂和プロ
同じく2位通過
和泉 由希子プロ



二次予選の様子



1卓 左から  海堂 尊さん、森山 茂和プロ、
佐々木 信也さん、荒 正義プロ
2卓 左から 小池 一夫さん、和泉 由希子プロ、
先崎 学さん、灘 麻太郎プロ

3卓 左から 佐々木 寿人プロ、ガッツ石松さん、
宮内 こずえプロ、マギー審司さん
4卓 左から 和久津 晶プロ、滝沢 和典プロ、
武宮正樹さん、 crystalboyさん

5卓 左から  坂上忍さん、畑 正憲さん、
前原 雄大プロ、勝又 健志プロ
6卓 左から 蛭子 能収さん、二階堂 瑠美プロ、
武藤敬司さん、田中 佑樹さん(格闘倶楽部代表)




上位で勝ち上がった人たちは意気込んで卓に着いたと思いますが、実はシステム上、上位陣も、それほど有利ではないのです。
1次予選の点数は、3分の1だけ持ち越しなのです。

順位 名前 持ち越し
1 森山 茂和 31.2
2 武藤 敬司 26.2
3 和泉 由希子 24.8
4 畑 正憲 19.5
5 Crystal Boy 14.3
6 宮内 こずえ 11.4
7 和久津 晶 7.6
8 前原 雄大 6.1
9 二階堂 瑠美 5.8
10 田中 佑樹 4.7
11 マギー審司 2.8
12 勝又 健志 2.2
13 先崎 学 1.8
14 滝沢 和典 1.2
15 海堂 尊 0.3
16 佐々木 信也 ▲ 1.1
17 小池 一夫 ▲ 1.5
18 佐々木 寿人 ▲ 1.5
19 灘 麻太郎 ▲ 2.3
20 ガッツ石松 ▲ 4.0
21 荒 正義 ▲ 4.6
22 武宮 正樹 ▲ 4.9
23 坂上 忍 ▲ 5.4
24 蛭子 能収 ▲ 5.5

 

たとえばプロレスラーの武藤敬司さんと森山茂和プロは100ポイント以上プラスして1次予選を終えましたが、
2次予選に入る時点で3分の1にすると表の通りになってしまいました。

1次予選の点数をそのまま持越しだと、ギリギリで通過した人の望みがゼロに近くなってしまいます。
かといって、すべてリセットでは、1次予選の緊張感が希薄に。
そこで、ポイントを3分の1にするシステムを採用しているのですが、1次予選で好調だった人にはちょっと酷だったかもしれません。

一方、このシステムの恩恵を受けた人もいました。その一番手が荒正義プロです。
荒プロは、1次予選をギリギリで通過。
つまり2次予選開始時点では最下位でしたが、3分の1によって、2位の和泉由希子プロとの差は100から30程度に縮まります。
そして2次予選が終了すると、荒プロのポイントは和泉プロより満貫1つ分ぐらい上になって決勝進出。
これ、相当うまくシステムを利用したという感じですね。
 
ただ、予選はこの2次予選が最後。ここでとにかく各部門で上位2名に入らなければいけません。
いけなければ3位も12位も同じ。自ずと白熱した打撃戦が展開されます。

crystalboyさん
マギー 審司さん
 
先崎 学さん
海堂 尊さん

佐々木 信也さん
小池 一夫さん
 
ガッツ石松さん
武宮 正樹さん

坂上 忍さん
蛭子 能収さん
 
宮内 こずえプロ
和久津 晶プロ

前原 雄大プロ
二階堂 瑠美プロ
 
田中 佑樹さん
勝又 健志プロ

滝沢 和典プロ
佐々木 寿人プロ
 
灘 麻太郎プロ
荒 正義プロ

 


2次予選で、個人的に最も印象強かったのはCrystal Boyさんの手筋。
2次予選の半荘戦オーラス、親を迎えたCrystal Boyさんは7巡目にテンパイ。

 ツモ ドラ

狙っていた345の三色にはなりませんでしたが、親でタンヤオのテンパイなのでとりあえず打とする人が多いのではないでしょうか?
ところがCrystal Boyさんは打としてテンパイとらず。アーティストらしい「美意識」でしょうか。
それとも、現在ラス目なので一撃でトップまでマクってやろうという計算でしょうか。

次巡、ツモで三暗刻への手変わりを逃し、痛テテッ…という感じ(観ていた私の感想ですけど)でしたが、その次巡ズバリ、カンをツモ!!
これで見事に三色のテンパイを果たし、打としました。
この切りもなかなか面白い。ツモをカンすると三色が崩れてしまいますが、ツモカンなら崩れません。
そのあたりを考慮して、打としたのです。

ここでリーチをかけなかったので、おそらく三色狙いは「一撃必殺のための計算」ではなく、どちらかというと「美意識」だったのではないでしょうか。
終盤、をツモってきましたがそのままツモ切り!
そして二階堂瑠美プロからが出て、7,700点のアガリ。

結局、Crystal Boyさんは2着まで浮上することができました。
これでCrystal Boyさんはゲスト雀豪部門で2位となりましたが、最後の三人麻雀で浮きながらも3着。
集計してみると、惜しくも4位となり、決勝進出はできませんでした。

同じく悔しい思いをしたのはプロレスラーの武藤敬司さん。
武藤さんはポイント3分の1の影響をはねのけ、2次予選の半荘戦が終わった時点までゲスト雀豪部門の首位をキープ。
しかし、三人麻雀で小さなマイナスの3着となり、3位に転落してしまいました。

このあたりが麻雀トライアスロンの難しいところ。
それまでずっと上位にいても、最後の三人麻雀の爆発力を生かしきれないと、勝ち上がることができなくなります。

それを熟知している大ベテラン、ムツゴロウさんこと畑正憲さんが三人麻雀で大ブレイクして予選を首位で通過。
2位には、三人麻雀で大きな2着をとった、こちらも大ベテランの佐々木信也さんが入りました。

プロの1位通過は佐々木寿人プロ。2位は荒正義プロでした。
この名前を見て、私はビックリ。逆に、あまりにも意外性がなかったからです。

畑さんは第一回大会でも決勝戦に進出。第二回大会は決勝進出できませんでしたが、惜しくも雀豪部門で4位という成績。
佐々木信也さんは第二回大会からの出場で、前回は準優勝。雀豪部門では一位となり、全自動麻雀卓をお持ち帰りされています。

佐々木寿人プロは、第一回大会でプロ部門3位。惜しくも決勝進出はなりませんでしたが、あと数千点でイケたのに! という悔しい思いをしています。
そして荒プロは前回の優勝者です。
長くてクドくて恐縮ですが、何がいいたいかというと、つまり皆さん、いつも麻雀トライアスロンでの成績が良いんですね。
つまりこのシステムは実力が出やすいのかもしれません。

いや、これが強いから麻雀が強い! 
と断定するのはよくないかもしれませんが、少なくとも、向き不向きがハッキリしているような気がします。

雀豪1位通過
畑 正憲さん
同じく2位通過
佐々木 信也さん

プロ1位通過
佐々木 寿人プロ
同じく2位通過
荒 正義プロ


 
さて、こんな濃ゆ〜いメンツで行われた決勝戦ですが、すでに#1で、東風戦の途中までは放送されました。
続きは#2(東風戦の続きと半荘戦)現在放送中!!と#3(主に三人麻雀)をご覧ください。

絶対に面白いですよ!!






#2は6月28日(木)18:30分から再放送

第三回麻雀トライアスロン・雀豪決定戦 出場選手紹介はこちら 
エンタメーテレ 番組詳細ページはこちら


※以降の放送スケジュール&詳細はこちらよりご確認ください。






レポート:黒木 真生
 

 

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。