日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS 第一回麻雀トライアスロン・雀豪決定戦

 

2009年を迎え、日本プロ麻雀連盟では新しくタイトル戦が創設された。
『麻雀トライアスロン・雀豪決定戦』である。
麻雀トライアスロン・・?
一般的にトライアスロンとは鉄人レースと言われ、水泳・自転車・マラソンの3種目を1日で行う耐久競技である。

では、麻雀トライアスロンとは!?

東風戦・東南戦・三人麻雀の順に3種目を闘い、総合得点で勝敗を競う新しいスタイルの競技である。種目ごとに対戦者が変り、(三人麻雀は一人抜け番の4人打ち対戦)一次予選・二次予選・決勝と勝ち進んで行くシステムの、斬新なタイトル戦である。

最後の種目である、三人麻雀は打点力が高く爆発力のあるゲームだけにスリリングな展開が予想される。
東南戦までのマイナスも、一気に挽回可能な「ネバーギブアップ!」
これも麻雀トライアスロンの醍醐味の一つとなっているのだ。


白熱の一次予選が終わり、見事に二次予選へと勝ち進んだのは、ゲスト雀豪・プロ雀士、各12名の計24名であった。

二次予選の前には、別会場にてレセプションが行われ、ゲスト雀豪とプロ雀士の他にも新聞、雑誌など各メディアの方々で賑わい、和気あいあいとした雰囲気の中、食事や会話を楽しんだ。


 

左から 二階堂 亜樹プロ、池谷 直樹さん、
南部
虎弾さん森山 茂和プロ
和やかに談笑する
工藤 紀夫さん(左)と
正憲さん(右)

左から 白川 道さん伏見 俊昭さん、佐々木 寿人プロ
左から 和泉 由希子プロ 黒沢 咲プロ、宮内 こずえプロ


注目の二次予選は、一次予選の得点を1/4持ち越して、一次予選同様、東風戦・東南戦・三人麻雀と戦い、その合計得点を競う。
そして、ゲスト雀豪・プロ雀士の各上位2名が、決勝戦へと進む。


一次予選からの持ち越し成績


  ゲスト雀豪       プロ     総合成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 西村 京太郎さん 11.2   1 伊藤 優孝プロ 32.4   1 伊藤 優孝プロ 32.4
2 先崎 学さん 9.0   2 佐々木 寿人プロ 31.6   2 佐々木 寿人プロ 31.6
3 立川 談春さん ▲ 0.4   3 二階堂 瑠美プロ 25.0   3 二階堂 瑠美プロ 25.0
4 白川 道さん ▲ 1.9   4 小島 武夫プロ 23.5   4 小島 武夫プロ 23.5
5 武藤 敬司 さん ▲ 3.9   5 朝武 雅晴プロ 14.3   5 朝武 雅晴プロ 14.3
6 畑 正憲さん ▲ 4.3   6 黒沢 咲プロ 12.9   6 黒沢 咲プロ 12.9
7 ガッツ石松さん ▲ 4.4   7 森山 茂和プロ 10.3   7 西村 京太郎さん 11.2
8 小沢 一敬さん ▲ 6.0   8 沢崎 誠プロ 9.3   8 森山 茂和プロ 10.3
9 ワッキーさん ▲ 6.0   9 荒 正義プロ 9.3   9 沢崎 誠プロ 9.3
10 池谷 直樹さん ▲ 10.3   10 清水 香織プロ 1.3   10 荒 正義プロ 9.3
11 こしば てつやさん ▲ 11.1   11 滝沢 和典プロ ▲ 2.9   11 先崎 学さん 9.0
12 南部 虎弾さん ▲ 16.4   12 二階堂 亜樹プロ ▲ 3.8   12 清水 香織プロ 1.3
                13 立川 談春さん ▲ 0.4
                14 白川 道さん ▲ 1.9
                15 滝沢 和典プロ ▲ 2.9
                16 二階堂 亜樹プロ ▲ 3.8
                17 武藤 敬司さん ▲ 3.9
                18 畑 正憲さん ▲ 4.3
                19 ガッツ石松さん ▲ 4.4
                20 小沢 一敬さん ▲ 6.0
                21 ワッキーさん ▲ 6.0
                22 池谷 直樹さん ▲ 10.3
                23 こしば てつやさん ▲ 11.1
                24 南部 虎弾さん ▲ 16.4





ゲスト雀豪のトータルトップは、+11.2Pの西村京太郎さん。続いては先崎学さんの+9.0P。
その他のゲスト雀豪の方も、その差はほとんど無く、この後の戦いも接戦が予想される。

プロ雀士の1位は伊藤優孝プロの+32.4Pで、続く2番手は佐々木寿人プロである。
上位の二人は、このまま波に乗って決勝に駒を進めたいところであろう。
一次予選を終え、プロ雀士12名中10名がプラスの成績である。


伊藤 優孝プロ
佐々木 寿人プロ
 
二階堂 亜樹プロ



果たして、この後もプロ雀士の優勢は続くのか!?
それとも、ゲスト雀豪の反撃はあるのか!?



さあ、いよいよ二次予選スタート!第一種目は東風戦である!!

まず、ゲスト雀豪の方は西村京太郎さんと先崎学さんがトップを取り、ポイントを伸ばして上位をキープ。
それに待ったをかけたのは、ワッキーさん(ペナルティー)、畑正憲さん、池谷直樹さんで、トップを取って二人を追う。


正憲さんとガッツ石松さん
先崎 学さんと森山 茂和プロ
 
ワッキーさん(ペナルティー)

 

一次予選も、第一種目の東風戦はゲスト雀豪優勢であったが、この二次予選でも同じ展開となり、6卓中5卓でゲスト雀豪の方々がトップを飾った。
さあ、遂にゲスト雀豪の反撃開始か!?

そのゲスト雀豪の嵐に飲み込まれ、プロ雀士1位の伊藤優孝プロと2位の佐々木寿人プロが揃ってラスを引いてしまい順位を落としてしまった。
その中で、唯一トップを取ってプロ雀士11位から一気に1位までランクアップしたのは滝沢和典プロであった。
その他では、小島武夫プロと森山茂和プロの二人が2着となり上位に着けた。


滝沢 和典プロ
小島 武夫プロ




二次予選 東風戦成績

  ゲスト雀豪       プロ     総合成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 西村 京太郎さん 32.0   1 滝沢 和典プロ 37.0   1 西村 京太郎さん 43.2
2 先崎 学さん 29.0   2 森山 茂和プロ 10.4   2 先崎 学さん 38.0
3 池谷 直樹さん 27.2   3 小島 武夫プロ 8.0   3 滝沢 和典プロ 34.1
4 ワッキーさん 24.1   4 二階堂 亜樹プロ 5.3   4 小島 武夫プロ 31.5
5 畑 正憲さん 22.1   5 清水 香織プロ ▲ 6.5   5 森山 茂和プロ 20.7
6 小沢 一敬さん 15.0   6 沢崎 誠プロ ▲ 9.9   6 ワッキーさん 18.1
7 白川 道さん 7.8   7 朝武 雅晴プロ ▲ 20.0   7 畑 正憲さん 17.8
8 こしば てつやさん 0.9   8 伊藤 優孝プロ ▲ 20.9   8 池谷 直樹さん 16.9
9 立川 談春さん ▲ 5.7   9 二階堂 瑠美プロ ▲ 25.4   9 伊藤 優孝プロ 11.5
10 南部 虎弾さん ▲ 6.0   10 荒 正義プロ ▲ 29.5   10 小沢 一敬さん 9.1
11 ガッツ石松さん ▲ 6.5   11 黒沢 咲プロ ▲ 36.4   11 白川 道さん 6.0
12 武藤 敬司さん ▲ 7.0   12 佐々木 寿人プロ ▲ 45.0   12 二階堂 亜樹プロ 1.6
                13 二階堂 瑠美プロ ▲ 0.4
                14 沢崎 誠プロ ▲ 0.6
                15 清水 香織プロ ▲ 5.3
                16 朝武 雅晴プロ ▲ 5.7
                17 立川 談春さん ▲ 6.1
                18 こしば てつやさん ▲ 10.2
                19 武藤 敬司さん ▲ 10.9
                20 ガッツ石松さん ▲ 10.9
                21 佐々木 寿人プロ ▲ 13.5
                22 荒 正義プロ ▲ 20.2
                23 南部 虎弾さん ▲ 22.4
                24 黒沢 咲プロ ▲ 23.5





さあ、続いての種目は東南戦である!!

この種目は、順位点が東風戦の倍ということで、各選手、ここでトップを取って最終種目に繋げたいところである。

ゲスト雀豪の、上位である西村京太郎さんと先崎学さんは、揃ってトップを取り決勝進出に王手を掛けた。
しかし、南部虎弾さん、小沢一敬さん(スピードワゴン)、立川談春さん達もトップを飾って二人に迫り、最終戦の勝負となった。

一方、苦しくなったのが、こしばてつやさん、武藤敬司さん、白川道さんだが、最後の三人麻雀はトライアスロンならではの大逆転が可能なだけに、
まだまだ「ネバーギブアップ!」で、上位を狙ってほしい。


南部 虎弾さん
小沢 一敬さん(スピードワゴン)
 
立川 談春さん

こしば てつやさん
白川 道さん
 
武藤 敬司さん


そして、プロ雀士で唯一トップは、ミスター麻雀・小島武夫プロで、2位の滝沢和典プロに70P近くの差をつけて独走態勢に入った。
その、2位につけている滝沢和典プロのポイントも+15.5Pと、それほど高くはなく、12位の沢崎誠プロも最後の種目で大きなトップを取れば、決勝進出の二人に入る可能性は十分にある。


沢崎 誠プロ
熱気溢れる会場の様子
 
清水 香織プロ



こうして、最終種目を残しゲスト雀豪・プロ雀士の戦いは混戦となった。
決勝へ進める4名はいったい誰か!?



二次予選 東南戦成績

  ゲスト雀豪       プロ     総合成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 小沢 一敬さん 67.0   1 小島 武夫プロ 50.6   1 西村 京太郎さん 93.9
2 南部 虎弾さん 55.7   2 朝武 雅晴プロ 18.5   2 先崎 学さん 84.5
3 立川 談春さん 53.5   3 清水 香織プロ 18.0   3 小島 武夫プロ 82.1
4 西村 京太郎さん 50.7   4 黒沢 咲プロ 15.8   4 小沢 一敬さん 76.1
5 先崎 学さん 46.5   5 佐々木 寿人プロ 10.4   5 立川 談春さん 47.4
6 畑 正憲さん 21.2   6 二階堂 亜樹プロ ▲ 17.3   6 畑 正憲さん 39.0
7 池谷 直樹さん 17.1   7 滝沢 和典プロ ▲ 18.6   7 池谷 直樹さん 34.0
8 ワッキーさん ▲ 11.0   8 森山 茂和プロ ▲ 18.7   8 南部 虎弾さん 33.3
9 ガッツ石松さん ▲ 11.6   9 荒 正義プロ ▲ 24.8   9 滝沢 和典プロ 15.5
10 こしば てつやさん ▲ 43.8   10 伊藤 優孝プロ ▲ 46.9   10 朝武 雅晴プロ 12.8
11 武藤 敬司さん ▲ 57.0   11 二階堂 瑠美プロ ▲ 58.3   11 清水 香織プロ 12.8
12 白川 道さん ▲ 60.7   12 沢崎 誠プロ ▲ 58.3   12 ワッキーさん 7.1
                13 森山 茂和プロ 2.0
                14 佐々木 寿人プロ ▲ 3.1
                15 黒沢 咲プロ ▲ 7.7
                16 二階堂 亜樹プロ ▲ 15.8
                17 ガッツ石松さん ▲ 22.5
                18 伊藤 優孝プロ ▲ 35.5
                19 荒 正義プロ ▲ 45.0
                20 こしば てつやさん ▲ 54.0
                21 白川 道さん ▲ 54.8
                22 二階堂 瑠美プロ ▲ 58.8
                23 沢崎 誠プロ ▲ 58.9
                24 武藤 敬司さん ▲ 67.9




最後の種目は大逆転可能な三人麻雀である!!

まず、ここで今大会初めての役満が飛び出した!
しかも、一気に三人もの選手からである。
まずは、荒正義プロが国士無双をアガり、続いて、二階堂瑠美プロが四暗刻をアガった。
そして、朝武雅晴プロが大三元をアガり、この三人麻雀ならではの派手なアガりが連発した。



荒 正義プロ
朝武 雅晴プロ
 
二階堂 瑠美プロ



しかし、この3名はトータルではマイナスだったため、最終戦はトップを取るも決勝進出までは惜しくも届かなかった。

一方、ゲスト雀豪の方は大波乱が起きていた。
まずは、白川道さんが大きなトップを取って追い込んだのだが、トータルでは+19.7Pと決勝進出には厳しい数字となった。
その同じ卓で、トップを取れば決勝進出もあった南部虎弾さんだが、残念ながら三着となってしまった。

そして、ここまで好調を維持してきた西村京太郎さんだったが、まさかのラスを引いてしまい、決勝進出に赤信号が点滅。
しかし、何と2位の先崎学さんもここでラスを引いてしまうと、3位・小沢一敬さん(スピードワゴン)と4位・立川談春さんも揃ってラスを引き、大混戦となった。


左から ワッキーさん、西村 京太郎さん、小島 武夫プロ
左から 伊藤 優孝プロ、沢崎 誠プロ、畑 正徳さん



その中を、終始安定した麻雀でこつこつとポイントを伸ばしてきた、畑正憲さんがゲスト雀豪トータルトップで決勝のステージへと進んだ。
そして、接戦の末3.6Pの僅差でトータル2位となった先崎学さんが、嬉しい決勝進出となった。
3位で、惜しくも決勝進出とはならなかった西村京太郎さんであったが、麻雀を楽しそうに打つ姿が印象的で、その周りには何時も多くの人達が集まった。


左から 小沢 一敬さん、二階堂 亜樹プロ
二階堂 瑠美プロ、先崎 学さん

惜しくも決勝進出を逃した
西村 京太郎さん
 
南部 虎弾さんと小沢 一敬さん



さて、プロ雀士の決勝進出者の2名は、こちらも大熱戦となった。

トータル上位である小島武夫プロと滝沢和典プロが同卓、滝沢和典プロが70P近くあった差をひっくり返してトータル首位となり、決勝進出を決めた。
独走かと思われた小島武夫プロは三着になり、他の卓の結果待ちとなった。

その中、6位からこの最終種目で一気に追い込んできたのが、佐々木寿人プロであった。
大きなトップを取って小島武夫プロに迫り、総合3位まで順位を上げるも、僅か0.8P届かず涙を飲んだ。


ボーダーラインを気にする
小島 武夫プロと滝沢 和典プロ



二次予選 三人麻雀&総合成績

  ゲスト雀豪       プロ     予選最終成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 白川 道さん 74.4   1 二階堂 瑠美プロ 66.5   1 滝沢 和典プロ 66.2
2 ワッキーさん 19.8   2 佐々木 寿人プロ 61.8   2 小島 武夫プロ 59.6
3 畑 正憲さん 17.0   3 荒 正義プロ 56.6   3 佐々木 寿人プロ 58.8
4 ガッツ石松さん 5.3   4 滝沢 和典プロ 50.7   4 畑 正憲さん 56.0
5 こしば てつやさん ▲ 1.1   5 朝武 雅晴プロ 42.9   5 朝武 雅晴プロ 55.7
6 池谷 直樹さん ▲ 9.7   6 二階堂 亜樹プロ 16.1   6 先崎 学さん 49.5
7 南部 虎弾さん ▲ 27.0   7 沢崎 誠プロ 14.4   7 西村 京太郎さん 45.9
8 武藤 敬司さん ▲ 33.3   8 黒沢 咲プロ ▲ 22.2   8 小沢 一敬さん 28.5
9 先崎 学さん ▲ 35.0   9 小島 武夫プロ ▲ 22.5   9 ワッキーさん 26.9
10 立川 談春さん ▲ 38.6   10 森山 茂和プロ ▲ 28.5   10 池谷 直樹さん 24.3
11 小沢 一敬さん ▲ 47.6   11 清水 香織プロ ▲ 50.2   11 白川 道さん 19.7
12 西村 京太郎さん ▲ 48.0   12 伊藤 優孝プロ ▲ 62.8   12 荒 正義プロ 11.6
                13 立川 談春さん 8.8
                14 二階堂 瑠美プロ 7.8
                15 南部 虎弾さん 6.3
                16 二階堂 亜樹プロ 0.4
                17 ガッツ石松さん ▲ 17.2
                18 森山 茂和プロ ▲ 26.5
                19 黒沢 咲プロ ▲ 29.9
                20 清水 香織プロ ▲ 37.5
                21 沢崎 誠プロ ▲ 44.5
                22 こしば てつやさん ▲ 55.1
                23 伊藤 優孝プロ ▲ 98.3
                24 武藤 敬司さん ▲ 101.2





こうして、二次予選も終わり決勝の舞台へと進む4名が決定した。
ゲスト雀豪からは、畑正憲さんと先崎学さんのお二人が最終決戦へ。
そして、プロ雀士からは、滝沢和典プロと小島武夫プロの2名が決勝へと駒を進める事となった。


総合1位、プロ1位で決勝進出
滝沢 和典プロ
総合2位、プロ2位で決勝進出
小島 武夫プロ


総合4位、ゲスト雀豪1位で決勝進出
畑 正憲さん
総合5位、ゲスト雀豪2位で決勝進出
先崎 学さん








過酷な予選を勝ち上がってきたこの4名に、いったいどんなドラマが最後に待ち受けているのだろうか!?

気になる決勝戦の模様は、

CS GyaO(シーエスギャオ)720ch
パソコンTV GyaO

で放送予定です。
皆さんお楽しみに♪

CS GyaO 決勝戦放送スケジュール(全3回放送)

第1回 4月3日(金) 放送開始(東風戦)
第2回 4月10日(金) 放送開始(東南戦)
第3回 4月17日(金) 放送開始(三人麻雀)
※放送スケジュールは変更されることがあります。
⇒CS GyaO特設ページはこちら


パソコンテレビ GyaO 決勝戦放送スケジュール(全3回放送)

第1回 4月13日(月) 放送開始(東風戦)
第2回 4月20日(月) 放送開始(東南戦)
第3回 4月27日(月) 放送開始(三人麻雀)
※放送スケジュールは変更されることがあります。
⇒パソコンテレビ GyaO特設ページはこちら


「CS GyaO」 
HPはこちら 
パソコンテレビ「GyaO」 HPはこちら

第一回麻雀トライアスロン 参加者紹介はこちら
第一回麻雀トライアスロン 一次予選レポートはこちら

第一回麻雀トライアスロン 決勝レポートはこちら


(文責・編集部)



 

 

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。