日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS 第一回麻雀トライアスロン・雀豪決定戦

 

2009年を迎え、日本プロ麻雀連盟では新しくタイトル戦が創設された。
『麻雀トライアスロン・雀豪決定戦』である。
麻雀トライアスロン・・?
一般的にトライアスロンとは鉄人レースと言われ、水泳・自転車・マラソンの3種目を1日で行う耐久競技である。

では、麻雀トライアスロンとは!?

東風戦・東南戦・三人麻雀の順に3種目を闘い、総合得点で勝敗を競う新しいスタイルの競技である。種目ごとに対戦者が変り、(三人麻雀は一人抜け番の4人打ち対戦)一次予選・二次予選・決勝と勝ち進んで行くシステムの、斬新なタイトル戦である。

最後の種目である、三人麻雀は打点力が高く爆発力のあるゲームだけにスリリングな展開が予想される。
東南戦までのマイナスも、一気に挽回可能な「ネバーギブアップ!」
これも麻雀トライアスロンの醍醐味の一つとなっているのだ。


さて、遂に記念すべき第一回麻雀トライアスロンの火蓋は切られた!
各卓にプロ雀士2名、著名人ゲスト雀豪2名の、全8卓32名により一次予選は争われる。

まず、最初の種目は東風戦である!
ルールは一発裏ドラあり、持ち点は30.000点で、順位点は5.000点-15.000点となっている。

司会の、荻野滋夫アナウンサーから「闘牌の開始です!」の合図で白熱の戦いは始まった!!



司会を務める荻野 滋夫アナウンサー
一次予選の様子
 
優勝トロフィー


当初は、プロ優勢の予想であったが、それを覆して好スタートを切ったのはゲスト雀豪の方々であった。
8卓中5卓で立川談春さん、坂上忍さん、先崎学さん、西村京太郎さん、ガッツ石松さん達がプロ雀士を抑えトップを飾った。
各界で活躍される方々とあって、その雀力にはプロ雀士も圧倒されたようだ。


立川 談春さん

真剣な面持ちの
荒 正義プロ(左)と坂上 忍さん(右)
 
先崎 学さん


西村 京太郎さん

左から 滝沢 和典プロ、ガッツ石松さん、 
清水 香織プロ、
南部 虎弾 さん
 
ガッツ石松さん



そんな中、プロ雀士でトップを取ったのは、伊藤優孝プロ、佐々木寿人プロ、清水香織プロの3名であった。
こうして、第一種目の東風戦はゲスト雀豪優勢で終わった。

はたして次の種目である東南戦で、プロ雀士の巻き返しはあるのか!?


プライベートでも交流のある
伏見 俊昭さん(左)と佐々木 寿人プロ(右)
対局の合間に和やかに談笑する
麻太郎プロ(左)と西村 京太郎さん(右)



一次予選 東風戦成績

  ゲスト雀豪       プロ     総合成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 立川 談春さん 27.0   1 佐々木 寿人プロ 46.5   1 佐々木 寿人プロ 46.5
2 坂上 忍さん 25.7   2 伊藤 優孝プロ 23.2   2 立川 談春さん 27.0
3 先崎 学さん 22.8   3 清水 香織プロ 21.0   3 坂上 忍さん 25.7
4 西村 京太郎さん 20.3   4 和泉 由希子プロ 12.5   4 伊藤 優孝プロ 23.2
5 ガッツ石松さん 18.6   5 沢崎 誠プロ 11.6   5 先崎 学さん 22.8
6 小沢 一敬さん 8.2   6 二階堂 瑠美プロ 7.4   6 清水 香織プロ 21.0
7 畑 正憲さん 7.8   7 前原 雄大プロ 5.6   7 西村 京太郎さん 20.3
8 池谷 直樹さん 2.6   8 灘 麻太郎プロ 5.2   8 ガッツ石松さん 18.6
9 志生野 温夫さん ▲ 5.6   9 宮内 こずえプロ ▲ 7.4   9 和泉 由希子プロ 12.5
10 工藤 紀夫さん ▲ 7.3   10 朝武 雅晴プロ ▲ 7.6   10 沢崎 誠プロ 11.6
11 伏見 俊昭さん ▲ 8.9   11 二階堂 亜樹プロ ▲ 12.1   11 小沢 一敬さん 8.2
12 こしば てつやさん ▲ 12.1   12 小島 武夫プロ ▲ 14.6   12 畑 正憲さん 7.8
13 ワッキーさん ▲ 13.8   13 黒沢 咲プロ ▲ 20.3   13 二階堂 瑠美プロ 7.4
14 南部 虎弾さん ▲ 22.6   14 荒 正義プロ ▲ 20.7   14 前原 雄大プロ 5.6
15 武藤 敬司さん ▲ 28.4   15 森山 茂和プロ ▲ 24.8   15 灘 麻太郎プロ 5.2
16 白川 道さん ▲ 34.5   16 滝沢 和典プロ ▲ 25.3   16 池谷 直樹さん 2.6
                17 志生野 温夫さん ▲ 5.6
                18 工藤 紀夫さん ▲ 7.3
                19 宮内 こずえプロ ▲ 7.4
                20 朝武 雅晴プロ ▲ 7.6
                21 伏見 俊昭さん ▲ 8.9
                22 こしば てつやさん ▲ 12.1
                23 二階堂 亜樹プロ ▲ 12.1
                24 ワッキーさん ▲ 13.8
                25 小島 武夫プロ ▲ 14.6
                26 黒沢 咲プロ ▲ 20.3
                27 荒 正義プロ ▲ 20.7
                28 南部 虎弾さん ▲ 22.6
                29 森山 茂和プロ ▲ 24.8
                30 滝沢 和典プロ ▲ 25.3
                31 武藤 敬司さん ▲ 28.4
                32 白川 道さん ▲ 34.5





続いての種目は東南戦である!
東風戦とルールは同じだが、順位点が倍の10.000点-30.000点となっているので、一気に逆転するチャンスである。
プロ雀士は、東風戦の借りをここで返して最終種目に繋げたいところであろう。

一方、ゲスト雀豪の方は初戦の勢いに乗って、このまま突き進みたいところか。

しかし、2種目目の東南戦でプロ雀士の反撃が始まった。
8卓中7卓でトップを取ったのは、小島武夫プロ、伊藤優孝プロ、森山茂和プロ、佐々木寿人プロ、二階堂亜樹プロ、二階堂瑠美プロ、黒沢咲プロといった7人のプロ雀士で、その底力を発揮した。


南部 虎弾さん(左)と伊藤 優孝プロ(右)
森山 茂和プロ
 

左から小島 武夫プロ、ワッキーさん、和泉 由希子プロ


和泉 由希子プロ(左)と宮内 こずえプロ
 
二階堂 亜樹プロ(左)と二階堂 瑠美プロ(左)
 
黒沢 咲プロ



そして、ゲスト雀豪の中で唯一トップを取った白川道さんが、東風戦のマイナスを一気に返上してゲスト雀豪トータルトップへと躍り出た。
その他でも、西村京太郎さんや、ガッツ石松さん、こしばてつやさんがゲスト雀豪のトータル上位につけた。


白川 道さん
工藤 紀夫さん(左)とこしば てつやさん(右)
 
畑 正憲さん


こうして、東風戦とは打って変わって東南戦ではプロ雀士の優勢で終わった。
一次予選では、ゲスト雀豪とプロ雀士の各下位4名が敗退となるため、ボーダーライン上の選手達にとって次は負けられない一戦となる。

その、気になるボーダーラインは、ゲスト雀豪では13位の小沢一敬さん(スピードワゴン)の▲41.9 P。

そして、プロ雀士の方は13位の荒正義プロの▲3.3P。

最後の三人麻雀は打点力あり、爆発力ありの大逆転可能な種目であるため、どんな結果が待ち受けているのか!?



一次予選 東南戦成績


  ゲスト雀豪        プロ     総合成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 白川 道さん 56.6   1 小島 武夫プロ 72.5   1 佐々木 寿人プロ 82.0
2 こしば てつやさん 11.9   2 伊藤 優孝プロ 51.1   2 伊藤 優孝プロ 74.3
3 ワッキーさん 4.5   3 黒沢 咲プロ 49.5   3 小島 武夫プロ 57.9
4 志生野 温夫さん ▲ 5.5   4 二階堂 亜樹プロ 41.9   4 二階堂 瑠美プロ 48.4
5 畑 正憲さん ▲ 10.6   5 森山 茂和プロ 41.5   5 二階堂 亜樹プロ 29.8
6 西村 京太郎さん ▲ 13.4   6 二階堂 瑠美プロ 41.0   6 黒沢 咲プロ 29.2
7 南部 虎弾さん ▲ 14.1   7 佐々木 寿人 プロ 35.5   7 白川 道さん 22.1
8 ガッツ石松さん ▲ 17.7   8 荒 正義プロ 17.4   8 沢崎 誠プロ 20.4
9 池谷 直樹さん ▲ 19.6   9 宮内 こずえプロ 14.6   9 森山 茂和プロ 16.7
10 工藤 紀夫さん ▲ 36.8   10 朝武 雅晴プロ 13.8   10 前原 雄大プロ 15.9
11 先崎 学さん ▲ 37.3   11 前原 雄大プロ 10.3   11 宮内 こずえプロ 7.2
12 武藤 敬司さん ▲ 41.6   12 沢崎 誠プロ 8.8   12 西村 京太郎さん 6.9
13 伏見 俊昭さん ▲ 44.7   13 滝沢 和典プロ 4.2   13 朝武 雅晴プロ 6.2
14 立川 談春さん ▲ 47.3   14 灘 麻太郎プロ ▲ 10.6   14 清水 香織プロ 1.8
15 坂上 忍さん ▲ 47.3   15 清水 香織プロ ▲ 19.2   15 ガッツ石松さん 0.9
16 小沢 一敬さん ▲ 50.1   16 和泉 由希子プロ ▲ 59.3   16 こしば てつやさん ▲ 0.2
                17 畑 正憲さん ▲ 2.8
                18 荒 正義プロ ▲ 3.3
                19 灘 麻太郎プロ ▲ 5.4
                20 ワッキーさん ▲ 9.3
                21 志生野 温夫さん ▲ 11.1
                22 先崎 学さん ▲ 14.5
                23 池谷 直樹さん ▲ 17.0
                24 立川 談春さん ▲ 20.3
                25 滝沢 和典プロ ▲ 21.1
                26 坂上 忍さん ▲ 21.6
                27 南部 虎弾さん ▲ 36.7
                28 小沢 一敬さん ▲ 41.9
                29 工藤 紀夫さん ▲ 44.1
                30 和泉 由希子プロ ▲ 46.8
                31 伏見 俊昭さん ▲ 53.6
                32 武藤 敬司さん ▲ 70.0


一次予選最後の種目は三人麻雀である!
これまでの種目と三人麻雀との違いは、4人打ち対戦となり一人抜け番となること。
ルールは、60.000点持ちで順位点が10.000点-20.000点となり、その他には赤ドラ(5が各一枚)が入り、アガリ連荘となる。
高打点が続出する三人麻雀では、沈んでいる選手にとっては一機に挽回可能なため大逆転が期待できる。
そして、浮いている選手にとっても次の二次予選へは一次予選の点数が1 /4持ち越しとなるため、ここでさらなるポイントを稼ぎたいところであろう。

そんな各選手の思いの中、最終戦は始まった。

まず、ゲスト雀豪一位で一次予選を通過したのは、東風戦と三人麻雀でトップの西村京太郎さん。
その他では、先崎学さん、立川談春さん、白川道さん達が上位での通過となった。
ゲスト雀豪のボーダーライン上にいた 小沢一敬さん(スピードワゴン)は、二着に粘って嬉しい一次予選通過となった。

そして、ゲスト雀豪のトータルラスに沈んでいた武藤敬司さんだが、オーラスにハネ満を引きアガリ大逆転トップで二次予選進出となった

左から 宮内 こずえプロ、ワッキーさん、小沢 一敬さん

池谷 直樹さん

 
左から 滝沢 和典プロ、白川 道さん、
武藤 敬司さん、清水 香織プロ



一方、2種目が終わってゲスト雀豪トータル7位につけていた志生野温夫さんと11位の坂上忍さんが、この三人麻雀で痛恨のラスを引いてしまいまさかの敗退となった。
そして、残念ながら伏見俊昭さんと工藤紀夫さんのお二方も、今回はその力を発揮することが出来ず涙を飲んだ。

さあ、気になるプロ雀士の方はボーダーラインが厳しい状況となり、そのライン上にいた荒正義プロがトップを取って難なく一次予選をクリアーする。
そして、2種目を終わってプロ雀士のトータル15位と今一つ波に乗り切れない滝沢和典プロが、2着を取ってセーフティーゾーンへ。

逆に、危険な位置になったのが、女流プロの二階堂亜樹プロ。東南戦ではトップを取るも、この三人麻雀でラスを引いてしまいもろにボーダー付近の順位となった。


しかし、前原雄大プロが得意とする三人麻雀でラスを引いて敗退となると、何と灘麻太郎プロもここでラスを引いてしまいまさかの予選敗退という波乱の一次予選となった。
そして、和泉由希子プロは東南戦での大きなマイナスが響き残念な結果となった。
最後に、宮内こずえプロが最終戦でポイントを伸ばす事ができず、二階堂亜樹プロと僅か4.5P差で涙を飲んだ・・

しかし、宮内こずえプロ・和泉由希子プロの仲良しコンビは、この後もめげずにチャイナ服姿で場の雰囲気を和ませてくれた。



   
宮内 こずえプロ
前原 雄大プロ
 
灘 麻太郎プロ
 
 
志生野 温夫さん

   
和泉 由希子プロ
坂上 忍さん
 
工藤 紀夫さん
 
 
伏見 俊昭さん




一次予選 三人麻雀&総合成績

  ゲスト雀豪       プロ     総合成績
順位 名前
得点
  順位 名前
得点
  順位 名前
得点
1 武藤 敬司さん 54.6   1 伊藤 優孝プロ 55.1   1 伊藤 優孝プロ 129.4
2 先崎 学さん 50.3   2 二階堂 瑠美プロ 51.4   2 佐々木 寿人プロ 126.2
3 西村 京太郎さん 37.8   3 朝武 雅晴プロ 51.0   3 二階堂 瑠美プロ 99.8
4 立川 談春さん 18.8   4 佐々木 寿人プロ 44.2   4 小島 武夫プロ 93.8
5 小沢 一敬さん 18.1   5 荒 正義プロ 40.4   5 朝武 雅晴プロ 57.2
6 畑 正憲さん ▲ 14.5   6 小島 武夫プロ 35.9   6 黒沢 咲プロ 51.5
7 ワッキーさん ▲ 14.7   7 森山 茂和プロ 24.6   7 西村 京太郎さん 44.7
8 ガッツ石松さん ▲ 18.6   8 黒沢 咲プロ 22.3   8 森山 茂和プロ 41.3
9 池谷 直樹さん ▲ 24.3   9 沢崎 誠プロ 16.8   9 沢崎 誠プロ 37.2
10 南部 虎弾さん ▲ 28.8   10 滝沢 和典プロ 9.4   10 荒 正義プロ 37.1
11 白川 道さん ▲ 29.5   11 清水 香織プロ 3.2   11 先崎 学さん 35.8
12 工藤 紀夫さん ▲ 35.1   12 和泉 由希子プロ ▲ 21.9   12 清水 香織プロ 5.0
13 伏見 俊昭さん ▲ 37.0   13 宮内 こずえプロ ▲ 26.7   13 立川 談春さん ▲ 1.5
14 こしば てつやさん ▲ 44.2   14 灘 麻太郎プロ ▲ 34.7   14 白川 道さん ▲ 7.4
15 坂上 忍さん ▲ 52.5   15 二階堂 亜樹プロ ▲ 44.8   15 滝沢 和典プロ ▲ 11.7
16 志生野 温夫さん ▲ 57.4   16 前原 雄大プロ ▲ 50.2   16 二階堂 亜樹プロ ▲ 15.0
                17 武藤 敬司さん ▲ 15.4
                18 畑 正憲さん ▲ 17.3
                19 ガッツ石松さん ▲ 17.7
                20 宮内 こずえプロ ▲ 19.5
                21 小沢 一敬さん ▲ 23.8
                22 ワッキーさん ▲ 24.0
                23 前原 雄大プロ ▲ 34.3
                24 灘 麻太郎プロ ▲ 40.1
                25 池谷 直樹さん ▲ 41.3
                26 こしば てつやさん ▲ 44.4
                27 南部 虎弾さん ▲ 65.5
                28 志生野 温夫さん ▲ 68.5
                29 和泉 由希子プロ ▲ 68.7
                30 坂上 忍さん ▲ 74.1
                31 工藤 紀夫さん ▲ 79.2
                32 伏見 俊昭さん ▲ 90.6




こうして、白熱の一次予選は幕を閉じた。
二次予選へと駒を進めた選手たちにとっては、まだまだ過酷なレースが待ち受けているに違いない。
果たした、決勝に進む事が出来るゲスト雀豪、そしてプロ雀士は誰か?!

気になる、激戦となった二次予選の模様は、次回のレポートでお伝えしたいと思います。

尚、決勝の模様は、

CS GyaO(シーエスギャオ)720ch
パソコンTV GyaO

で放送予定です。

皆さんお楽しみに♪

CS GyaO 決勝戦放送スケジュール(全3回放送)

第1回 4月3日(金) 放送開始(東風戦)
第2回 4月10日(金) 放送開始(東南戦)
第3回 4月17日(金) 放送開始(三人麻雀)
※放送スケジュールは変更されることがあります。
⇒CS GyaO特設ページはこちら


パソコンテレビ GyaO 決勝戦放送スケジュール(全3回放送)

第1回 4月13日(月) 放送開始(東風戦)
第2回 4月20日(月) 放送開始(東南戦)
第3回 4月27日(月) 放送開始(三人麻雀)
※放送スケジュールは変更されることがあります。
⇒パソコンテレビ GyaO特設ページはこちら


「CS GyaO」 
HPはこちら 
パソコンテレビ「GyaO」 HPはこちら

第一回麻雀トライアスロン 参加者紹介はこちら
第一回麻雀トライアスロン 二次予選レポートはこちら

第一回麻雀トライアスロン 決勝レポートはこちら

(文責・編集部)



 

 

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。