日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS 日本プロ麻雀連盟 ロン2カップ2012Autumn

レポート:杉浦 勘介

10月27日(土)、『ロン2カップ2012 Autumn』が開催され、ニコニコ生放送にて放映されました。
今回で7回目(個人戦では5回目)の開催となったロン2カップは、システムも定着して季節ごとの恒例となっており、
ロン2内で行われる予選も非常に盛り上がる注目の大会です。


【大会ルール】
ロン2の「リーチバトルルール」東南戦。一発・裏ドラ・赤ドラあり。

【大会システム】
ロン2内予選勝ち上がりのユーザー代表と、各出場プロが半荘1回戦の予選(A卓〜C卓)を行い、トップ者が勝ち上がり。
勝ち上がった3名が半荘1回戦の決勝戦に進み、春に行われたロン2カップspringのチャンピオン・荒正義プロに挑戦。


司会進行・実況:井出康平プロ
解説:森山茂和プロ+各出場プロ
牌譜解説:山井弘プロ+各出場プロ



予選A卓:佐々木寿人プロ vs ガースプロ vs 杉浦勘介プロ vs 志倉うに丸さん(ユーザー代表)


予選A卓
左から 佐々木寿人プロ、志蔵うに丸さん、杉浦勘介プロ、ガースプロ



 佐々木寿人プロ

ガースプロ

杉浦勘介プロ

志蔵うに丸さん

 

東2局、志倉うに丸さん・ヒサトプロ・ガースプロの3者の手がぶつかります。
3者テンパイの末、めくり合いを制したのはヒサトプロ。カンドラも乗って大きな親の倍満のアガリとなります。
これに飛び込んでしまったのが、先制リーチの志倉うに丸さんでした。

個人戦となった『ロン2カップ2011』以降、出場されたユーザー代表の数は13名。
この内、決勝に進出されたのはわずか1名で、多くの方が普段の実力を発揮されないまま予選敗退となっており、
ユーザー代表の不調はロン2カップのジンクスとなりつつあります。

予選A卓は、それを象徴するかのように各プロの大きなアガリが続き、ユーザー代表の志倉うに丸さんには苦しい展開となりました。
南3局、ガースプロが好手順でヒサトプロから12,000点をアガってトップ争いははさらに拮抗。
オーラスは3者にテンパイが入りますが、トップ目の杉浦プロがアガリ切って決勝進出を決めました。

勝ち上がり:杉浦勘介プロ



予選B卓:伊藤優孝プロ vs 前原雄大プロ vs 板川和俊プロ vs 茅渟吉さん(ユーザー代表)


予選B卓
左から 伊藤優孝プロ、板川和俊プロ、前原雄大プロ、茅渟吉さん



伊藤優孝プロ

前原雄大プロ

板川和俊プロ

茅渟吉さん

 

東1局、前原プロ・伊藤プロの満貫クラスの仕掛けに、茅渟吉(ちぬきち)さんがリーチで応戦。
こちらも開局から手がぶつかります。

これに競り勝ち3,900オールを引きアガった前原プロが、東場にアガリを連発。
点棒は50,000点を超えます。
一気にワンサイド・ゲームになりかけたところに待ったをかけたのは伊藤プロでした。

勝負処と意を決してカン待ちでリーチに踏み切り、ツモという結果を出すと、南場は独壇場となり、見事差し切って決勝進出を決めました。

ユーザー代表の茅渟吉さんは、今回2度目の挑戦ということもあり、終始落ち着いて堂々と戦っておられました。
それでも対局後に各局の内容について反省されていたことがとても印象的でした。

対局前のインタビューにて、普段あまり着用しないという黒のワイシャツで登場した前原プロは、
予選A卓で一旦は大きくリードしながらも敗れた「チーム・ガラクタ」部長ヒサトプロの弔い合戦と銘打ち、
「チーム・ガラクタ」総帥の名にかけて戦うとコメントしていたのですが、後半まさかの失速で部長と同じ道を辿ってしまいました。
どうやら当日は「チーム・ガラクタ」の日ではなかったようです。

勝ち上がり:伊藤優孝プロ



予選C卓:二階堂瑠美プロ vs 和泉由希子プロ vs ジェンプロ vs 複合14枚ビタさん(ユーザー代表)


予選C卓
左から 二階堂瑠美プロ、ジェンプロ、和泉由希子プロ、複合14枚ビタさん



二階堂瑠美プロ

和泉由希子プロ

ジェン
プロ

複合14枚ビタさん

 

前半戦は、ユーザー代表最後の砦となったビタさんが、七対子のアガリを連発。
親番でも連荘を決めて大量リードとなります。
予選A・B卓共に逆転劇が起こっているだけに、後半戦は女流プロ陣の巻き返しに注目が集まりましたが、
最後まで攻め手を緩めなかったビタさんが、結局80,000点超の大トップで決勝進出を決めました。

テンパイの形を崩してロン牌を止めるなど、守備力も見せたビタさんだけに、
決勝戦ではユーザー代表初優勝の大きな期待がかけられることになりました。

勝ち上がり:複合14枚ビタさん



決勝戦:杉浦勘介プロ vs 伊藤優孝プロ vs 複合14枚ビタさん vs 荒正義プロ(前回優勝者


決勝卓
左から 伊藤優孝プロ、複合14枚ビタさん、荒正義プロ、杉浦勘介プロ



荒正義プロ

伊藤優孝プロ

杉浦勘介
プロ

複合14枚ビタさん

 

いよいよロン2カップチャンピオン・荒プロが登場して決勝戦の開局となりました。
東1局、さっそく荒プロがカップ渡すまじというかのようなテンパイ即の先制リーチ。
これにユーザー代表のビタさんと親番の杉浦プロが追い付き、開局から3軒リーチのぶつかり合いとなります。

いきなりの勝負処を制したのはビタさんでした。点棒以上に大きな3,000・6,000にて、ユーザー代表初優勝に向けて好発進となります。
南場に入っても、荒プロの親番で冷静に七対子をアガリ切り、迎えた親番では先制リーチを堂々と迎え撃って勝負あり。
『ロン2カップ2012 Autumn』は複合14枚ビタさんの優勝で幕を閉じました。


見事プロを粉砕してユーザー代表初優勝という快挙を成し遂げたビタさん、本当におめでとうございます!
予選・決勝を通してビタさんの戦いぶりには隙がなく、今回プロ陣はまさに完敗でした。

※この対局の牌譜は牌譜サービスでみることができます。
また、ロン2のプレミアム会員になると、ロン2カップだけではなく、その他の連盟タイトル戦の牌譜もご覧になれます。

ビタさんの快挙によって、ユーザー代表にまつわるジンクスも打破され、今後ますますユーザー方の活躍が期待されます。
プロも負けてはいられませんので、次回カップ奪回をかけてさらに盛り上がることは間違いないでしょう。

それでは次回のロン2カップも是非お楽しみに!




 


日本プロ麻雀連盟の公式オンライン麻雀サイト「ロン2







(レポート:杉浦 勘介)

   

 

 

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。