日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS 日本プロ麻雀連盟 『ロン2』カップ

 
  
パソコンテレビギャオと日本プロ麻雀連盟オフィシャルサイトロン2がお送りする『ロン2カップ』。

GyaOロン2カップ3回戦。
3月16日(金)から放映される3回戦からはプロ対決。
灘麻太郎プロ VS 森山茂和プロ VS 前原雄大プロ VS 二階堂瑠美プロという超豪華な組み合わせです☆

まずは、前原雄大プロにインタビュー。

吾妻    「前原プロの麻雀と言うと、『豪腕』なイメージをお持ちの方が多いと思います。
        雄大というお名前に負けない大きなアガリが印象的ですが、
        一方ではとても繊細な雀士という声も聞かれます。
        ご本人から麻雀スタイルについて是非お聞きしたいのですが…。」

前原    「ベースは超攻撃麻雀ですね。破壊力という言葉を常に意識しています。
        攻めるときは徹底的に攻める。調子の良い時は勢いを殺さないように打ちます。
        そうはいっても、要らない牌だからと言って何でも切るわけではありません。
        麻雀は『濃淡』が大切だと思いますから、守りが必要なときにはきちんと場に対応するようにしています。」

吾妻    「対局前は、どのように過ごされますか?」

前原    「まず、対局開始の5〜6時間前に起きます。これは、脳の働きが最も良い時間帯に対局に臨むためです。
        食事はシーフードカレーを。量は少なめにします。
        途中でお腹が空いてしまってもいけないし、満腹でも集中できません。
        消化されるのは3時間と言われているので、胃に気が行かないように、
        開始3時間前に食事を取るようにしています。」

吾妻    「今回のGyaOロン2カップの対局についてはどのようなことを心がけましたか?」

前原    「TV対局をご覧になっている方々を楽しませ、魅せるのがプロだと思っています。
        アガリ形にこだわって対局しましたが、
        こだわりすぎて自分らしさを魅せることが出来なかったのが今回の反省です。」


対局前の綿密な調整。プロとして多くの実績を残してもなお、自らを省みる姿勢。
前原プロが繊細と言われる理由の一部を見たように感じました。

吾妻    「前原プロにとって、麻雀とは何でしょうか。」

前原    「私にとって麻雀を打つことは、生きることと同義です。
        生き方が良くなければ、麻雀も負ける。そのように捉えています。」

麻雀=生きること。とても印象深いお言葉でした。

吾妻    「ありがとうございました。
        では最後に、皆様にメッセージをお願いします。」

前原    「麻雀は勝つことも大切ですが、楽しむことも同じくらい大切だと思います。
        もし強くなりたいとお思いでしたら、ロン2の観戦機能をお勧めします。
        対局を立体図で観られるので、プロがどうしてこれを切ったかを是非考えてみてください。
        また、成績によって段位が与えられるのですが、
        二段、三段をお持ちのユーザーさんの打ち筋はとてもしっかりしています。
        よく勉強しているな、と感心するユーザーさんが沢山います。
        強さを目指し、ご自分が強くなることを楽しんで欲しいです。」

「強さとは何ですか?強さと上手さは良く比較されますが…。」
インタビューの後、前原プロに訊いてみました。

強さは上手さと対極ではなく、上手であることや勝つことも全て含んでいる…。
更にもう一つ印象的な言葉を残し、インタビューは終了しました。

前原プロの麻雀観に興味がありましたら、連盟のHPに『雀力アップ・上級』が掲載されていますので
是非ご覧くださいね。
雀力アップ・上級


では次に、森山茂和プロにインタビューです。

吾妻     「まずは、インタビューをご覧の皆様に、森山プロの雀風をご紹介いただけますか?」

森山     「手役志向派だね。そしてバランス形。」

このように言い切っておいてから、周囲の人に
「なー。俺って手役志向だよなー??」と確認している森山プロ。
実はお茶目な方なのかも知れません…。

吾妻    「対局前に必ずすることはありますか?」

森山    「え?特にないけど…。
        あ。栄養ドリンクを飲む!1500円位するやつね。
        栄養ドリンクにはカフェインが入ってるから、集中力も成績もアップするよ。
        うーん。あとは、湿布を貼るね。麻雀すると肩が凝るから。(笑)
        この2つはセットだよ。
        あ!そういえばGyaOロン2カップでは湿布を貼ってなかったなー。」

…2つで1セットなのに?(笑)

吾妻    「今回はチーム戦でしたが、何か心がけたことがあったらお聞かせください。」

森山    「チームメイトに迷惑は掛けたくないから、暴牌は打たないようにって思ったよ。
        観ている人たちが 『それはないだろー。』って思うような、ひどい放銃はしたくないよね。
        自分の手牌と場況を合わせて、納得いかない牌は切らないようにって。」

吾妻    「TV対局という点で気をつけたところはありましたか?」

森山    「TVに限らず、プロの対局やロン2でのプレイも同じだけど。
        プロならではの一打をお見せしたいね。
        誰でもそう打つという基本だけではなく、『やっぱりプロは違うなー。』って思ってもらえるように。
        麻雀はただの絵合わせではないから。本当に色んな打ち方がある。
        観戦者の皆さんが気づいていないものをお見せして、麻雀の奥の深さとか、楽しみを知ってほしいね。
        観ていて、『麻雀したい!』 と思うようなものを、こういうTV対局やロン2で提供していけるように。」

全く同じ牌姿でも、そのプロの考え方や雀風によって切る牌はさまざま。
そして、場況や持っている点棒によっても、打牌選択は毎回違うものになります。
何切る?の連続であるTV対局やロン2の観戦機能には、雀力アップの素があふれています。

『GyaOロン2カップ』 3回戦は3月16日放映開始。
皆様、是非ご覧ください☆

灘麻太郎プロは、連盟HPにロングインタビューが掲載されていますので
プロ雀士インタビュー:灘 麻太郎
をご覧ください。
二階堂瑠美プロは、第1回の女流プロインタビューに掲載されています。
ロン2カップ 女流プロインタビュー
 

☆1回戦コーナー☆  和泉由希子プロ × ロン2ユーザーごんぎつねさん

GyaOロン2カップ1回戦。

女流プロ3名と闘牌直前のロン2ユーザー、ごんぎつねさんのインタビューです。

吾妻     「今日は人気女流プロ3名との夢の対局ですね。」

ごんぎつね 「対局者3人ともお綺麗で、本当に嬉しいですね。
         リハーサル中も、みなさんが色々サポートしてくださって。
        優しい気遣いが感じられました。
        今日は思う存分楽しんで行きたいと思います。」

亜樹プロ、和泉プロ、宮内プロの3人に囲まれて、優しくサポートされながら麻雀をする…。
全国の麻雀ファンが夢見るようなシチュエーションですよ♪

吾妻     「予選勝ちあがりのご自慢話をお願いします(笑)」

ごんぎつね 「年末からかなりロン2は打ち込んでいましたね。
         実際に麻雀する時間は1・2週間に1度しかとれないので。
         ロン2の会員になって2年ちょっと経ちます。週20半荘くらい打っています。
         予選は実は3位で、惜しかったなと思ったのです。
         そしたら、キャンセルがあったみたいで、急遽出場出来ることになって…。」

ロン2サービス開始当初からの会員さん。
ユーザーのお手本ですね☆

吾妻     「補欠で出場する選手は強いというジンクスがプロの間でもありますから。
         是非頑張って、そして楽しんで来てくださいね。
         最後に、ごんぎつねさんの雀風をお聞かせいただけますか?」

ごんぎつね 「意表を付く麻雀スタイルです。地獄単騎待ちにしたり。
         七対子が得意ですね。今日も持ち味を生かした麻雀が打てたらいいなと思います。」

一方、和泉由希子プロの対局直前のコメント。

吾妻     「今日の対戦相手のユーザーさんの印象はいかがですか。」

和泉     「良い意味でリラックスしていますよね。
         3対1の法則というのがあって。
         女流プロ3人対男性1人だから、男性が勝ってしまうんです☆
         勝てる自信ないですよー。(笑)」

そして、和泉プロの対局終了後のショートインタビューです。

吾妻     「対局を終えてのご感想をお願いします。」

和泉     「勝負手をリーチしなかった1局があったのですが、前局の展開も悪かったし
         ツモれる気がしなかったのが理由です。
         また別の局では神の声が聞こえたんです!
         リーチされている所に生牌(場に1枚も切られていない牌)の白をツモってきたのですが。
         牌に何も書いていなかったからこそ、何かを感じました。」

吾妻     「私もモニターから観ていましたが、本当にドキドキしましたよ。
         神の声がどんなものだったかは、テレビを観てからのお楽しみですね。」

1回戦、2回戦もパソコンテレビGyaOにて好評放映中です。
1回戦の解説は小島武夫プロ&森山茂和プロ。
2回戦の解説は二階堂瑠美プロ&二階堂亜樹プロです。

まだご覧になっていない方は是非チェックしてくださいね!!







(文責:吾妻 さおり) 

■参加プロ
灘麻太郎プロ、小島武夫プロ、荒正義プロ、伊藤優孝プロ、 森山茂和プロ
前原雄大プロ、滝沢和典プロ、瀬戸熊直樹プロ、藤崎智プロ、佐々木寿人プロ

二階堂亜樹プロ、二階堂瑠美プロ、 宮内こずえプロ、和泉由希子プロ

ギャオ』のバラエティチャンネルにて放送中の「東風王決定戦2」に出場の女流プロ8名が、予選期間中の毎日21時〜23時に予選会場にロン2ゲストとして登場します!

日本プロ麻雀連盟 『ロン2』カップ ゲストプロ登場スケジュール

1/22 二階堂 瑠美
1/23 宮内 こずえ
1/24 二階堂 亜樹
1/25 黒沢 咲
   
1/26 渡辺 郁江
1/27 田村 りんか 
1/27 和泉 由希子
1/28 平岡 理恵

憧れのプロとリアル麻雀&パソコンテレビ[ギャオ]に出演のチャンスを掴むのはあなたかも?!

■大会概要

日本プロ麻雀連盟 『ロン2』カップ〜予選

 【大会期間】2007/01/22 0:00 〜 2007/01/28 24:00(月曜〜日曜)
 【大会会場】東南戦 ロン2道場
 「ランキング」ページで発表される週間ランキングの成績で競います!
  ※連続8対戦の最高成績がランキング対象成績となります。

 1位:2/8収録のテレビ対局参加権利、又は、JCBギフトカード2万円分+希望のロン2登場プロとの対戦権利+
    希望のロン2登場プロのサイン入り色紙
    主な戦績に「日本プロ麻雀連盟『ロン2』カップ〜予選(200X/XX)優勝」

 2位:2/8収録のテレビ対局参加権利、又は、JCBギフトカード1万円分+希望のロン2登場プロとの対戦権利+
    希望のロン2登場プロのサイン入り色紙

 3位:JCBギフトカード5千円分+希望のロン2登場プロのサイン入り色紙

 4位:JCBギフトカード3千円分+希望のロン2登場プロのサイン入り色紙

 10位、20位、30位、40位、50位、60位、70位、80位、90位、100位の方には、「ロン2オリジナルグッズ」をプレゼント!

 ※詳しくは、日本プロ麻雀連盟オフィシャルネット麻雀「ロン2 の「大会情報」ページにてご確認ください。

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。