日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS「S級麻雀 荒システム」販売開始!

解説:佐々木寿人

優れた打ち手の資質は「勝負に勝ち切ることより対戦相手や観戦者をいかに惹きつけるか」というところに現れる。
プロたるもの、それが決して自己満足の世界であってはならない。
発信する側が受け取る側にどんな印象を与えられるか、一流であればあるほどその意識は備え付けられているものなのである。

では優れた書き手の資質とは一体なんであろう。
わざわざ考え込む必要はない。
やっぱりこれも同じことである。
読み物である以上、人に読ませてこそのプロ。
文章に説得力があって読む側に新しい発見をさせてくれる、それこそが一流の書き手に求められる必要条件ではないだろうか。 



「S級麻雀 荒システム」

文字通りプロ連盟が誇る最強の勝負師、荒正義プロが書き下ろした最新の戦術書である。
私もこの書を一通り読まさせてもらったが、とにかくその内容の濃さに驚かされた。

前作となる「麻雀進化論」では二進法という観点から麻雀の押しと引きに関する独自の理論を展開して、
我々を大いに「荒ワールド」へと引き込んでくれたが、今作で最も目を引くのはやはり、「ファイリング」に代表される対戦相手を含めた「読み」の部分ではなかろうか。

ここに書かれてある通り、荒プロと私は過去何度となく真剣勝負の場で戦ってきた。
戦ってきた者だからこそわかることがある。
彼の土俵で戦っても勝てっこないのだと。
だから自分の土俵で戦う。
それが長きに亘る実戦で荒プロから無言のままに教わったことなのである。
 
さらに、この書には名だたる打ち手とのリアルな闘牌シーンも随所に盛り込まれている。
実際の闘牌だから見応えもあるし、我々が実戦に生かす上で大変役立つのである。

小見出し形式の実戦麻雀の項は、アマチュアの方にもわかりやすいよう、柔らかいタッチで描かれているし、エッセィでは勝負師としての生き様などが記されている。
荒プロ本人が「自信作」と口にするだけあって、どのページに目を移しても飽きのこない仕上がりになっているのではないだろうか。

以前荒プロに自著のまえがきをお願いしたとき、
「敵に手の内明かして何になる…」という一文があったのだが、そっくりそのままお返ししたいと思う。


百聞は一見にしかず。
この作品は必読の価値ありだ!


「素人はテンパイを目指す。
ベテランはアガリを目指す。」



この文句がいつまでも頭から離れない。




   

書籍・ビデオ・ゲームの紹介はこちら



解説:佐々木寿人

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。