日本プロ麻雀連盟
プロ連2
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
 

NEWS 第11回北海道・関西・静岡交流戦

 

(文責:古橋 崇志)


去る9月16日・17日、第11回北海道・関西・静岡交流戦が日本プロ麻雀連盟静岡支部Lookupにて開催されました。
その模様を、私、静岡支部の古橋崇志がレポートさせていただきます。

北海道・関西・静岡交流戦とは、地方の麻雀の活性化を目的に毎年9月に各地で開催されています。
元々は北海道本部と関西本部の2本部で行なわれていたのですが、第8回より静岡支部も加えていただき、現在は3本部支部で行なわれています。

まず初日の16日には開会式にて灘会長、仲澤北海道本部長、稲森関西本部長、望月静岡支部長の挨拶があり、その後団体戦が行なわれました。

灘会長
仲澤北海道本部長
稲森関西本部長
望月静岡支部長

 



団体戦のルールは日本プロ麻雀連盟Aルールで25分打ち切りの東風戦で行なわれます。
各地区2名を1チームとし5チーム同時に対局し、それを3セット行い合計勝利数の多いチームの勝ちとなります。

緒戦は北海道本部VS関西本部。
関西本部板川プロ・原田プロが3連勝を飾るなど10勝5敗で関西本部の勝利となりました。

 
3連勝で関西本部の勝利に貢献した板川プロ
同じく3連勝の原田プロ
 


第2戦は北海道本部VS静岡支部。
静岡支部には助っ人として何と灘会長に加わっていただきました!
試合は10勝5敗で静岡支部の勝利。
敗れはしたものの灘会長と仲澤北海道本部長の対戦や、
北海道本部の続木プロが緒戦の大三元に続きこの2回戦では四暗刻単騎をアガるなど見所の多い対局でした。

     
灘会長VS仲澤北海道本部長

団体戦2回の役満をアガった続木プロ


3回戦は関西本部VS静岡支部。
両チームとも1勝で並んでいるため、この試合に勝利したチームの優勝となります。
結果は・・・12勝3敗と関西本部の圧勝!!
板川プロ・原田プロのペアはここでも3連勝で、1日通して6連勝負け無しと大記録を達成しました。

     
灘会長より優勝カップと賞金を授与される関西本部の横山船場支部長
 
 
 



交流戦2日目の17日には個人戦が行なわれました。
ルールは日本プロ麻雀連盟Aルールで45分打ち切りの東南戦を4回戦行ないます。(4回戦目は上位対戦)
3回戦を終え、最上位卓には団体戦で2度役満をアガった続木プロ(北海道本部)、女流での個人戦初優勝を狙う田中プロ(北海道本部)、
現鳳凰位の望月静岡支部長、そして灘会長の4人が進出しました。
結果は・・・灘会長が「カミソリ灘」の名の通り鋭いアガりを連発し見事優勝されました!そして2位は静岡支部の小松プロ、3位は望月静岡支部長でした。

チンイツをツモアガる灘会長



仲澤北海道本部長より賞金を授与される灘会長
 2位の静岡支部・小松プロ
 3位の望月静岡支部長(右)



そして閉会式を行い、第11回北海道・関西・静岡交流戦は幕を閉じました。
北海道本部・関西本部の皆様、遠路はるばるお越しいただき、ありがとうございました。
来年の第12回交流戦は北海道本部で行なわれます。北海道本部の皆様よろしくお願いします!





(文責:古橋 崇志)




   

 

 

 

 

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。