日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士コラム > リレーエッセィ

プロ雀士コラム

まずはじめに、お断りしておかねばならぬ事がある。
このリレーエッセィは、ある者があるものを書き、それを名指しである者に送る。
送られたある者は、一ヶ月以内にやっぱりあるものを書き、それをある者に送る。
これ、いわば幸福の手紙の麻雀版である。
もちろん、送られた方は幸福どころか不幸の矢を射られたようでたまったものではない。
しかし、こんな読み物が麻雀ファンや仲間の見る楽しみとなれば幸いである。

(ホームページ編集部)

 


第45回:朝武 雅晴



内川プロからバトンを受け取った朝武雅晴です。
名前は見たことある!でも…なんて読むの?という方もいると思います。

「ともたけ まさはる」と読みます。本名です。
これを読んで下さった方は覚えて下さいねm(._.)m

さて、僕が連盟に入って今年で20年、成人式を迎えました。
振り返れば「あっ」という間に過ぎてしまいましたが、これも僕がおじさん(本人は一つも思っていない)の仲間入りをした証でしょうか(笑)

僕が入会した時のリーグは、A1、A2、B1、B2、Cという5段階で、全て1年制でした。
A1に行くには最短で4年、「ストレートで昇級してやる!」という気持ちでリーグ戦に挑みました。

順調に得点を積み重ね、3節を終えた時点で首位に立ち「良し!良し!」と思っていたのもつかの間、落とし穴が待っていました。
「五月病」や「気の緩み」ではないのですが、絶対にしてはいけない大遅刻をして、▲100Pのペナルティーを課せられました。

当然リーグ戦の成績も悪く、積み重ねた貯金を全部吐き出しマイナスの世界へ…
20数名いたCリーグの仲間からは「余裕」とか冷やかされ辛い思いをしました。
自分で招いた結果だから仕方のない事ですが、「もし昇級できなかったら1年で辞めよう」と決意し、当時お世話になっていた人達にはそう話していました。
結果は、今も続けられているので、無事昇級できた訳ですが、1年制のシステムに助けられたと言ってもいいでしょう。

2年目には、リーグ制のシステムに大きな改革がありました。
現在行っているBリーグ以下が半期制となり、編成もA2〜B2が16人(以前は12)になりました。
その恩恵か、前年度Cリーグ昇級組は、B2を飛び越しB1へ昇級することが出来たのです。

「ラッキー!」と思いましたが、次のB1では足踏みです。
A2に上がるのには3年かかりました。
途中+200Pあって次点という期もあり、1/8での昇級は難しいと思った時もありましたが、逆に、不思議と落ちる気は全くしませんでした。
ようやく、5年目でA2に昇級できたのですが、ここでは1年で降級という初めての挫折を味わいました。

それからが波瀾万丈、B1に戻って前期で昇級、また1期で降級、また前期でA2へ昇級(通算3期目)と繰り返して上がった年に優勝を飾り念願のA1選手へ。
当時はまだ入れ替え戦(A1の10位・11位とA2の2位・3位で戦い、上位2名がA1へ行くシステム)というのがあって、
無条件昇級は「優勝」のみだったので、トップと70P差で迎えた最終節はさすがに力が入ったのを覚えています。

こうしてA1選手になって11年目となりましたが、3年前には悲願の初タイトル「鳳凰位」を取ることができました。
取った瞬間、不思議と涙は出ず、安堵感からか笑顔でした。
数々のタイトル戦の決勝に残り、流した悔し涙はたくさん(人前では見せませんけど)あるのに、嬉し涙は寝る前の一筋だけでした。
まだまだタイトルは取りたいと思っていますし、1つで終わらせたくはありません。


ざっと20年の足取りを書いてきましたが、僕は「プロ」という意識は今でもあまり持っていません。
こんな事を書くと怒られるかもしれないので、誤解されないよう説明しますが、
「本当のプロ」にはまだまだ遠い「ひよっこ」だと思っていると言うことです。

少しは近づけたのかなと思うのは、僕の主な活動である「麻雀教室」の講師が出来、麻雀に常に携わっている点です。
これからも麻雀教室等を通して、麻雀というゲームの面白さを普及して行きたいと思っています。
ここまで長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。

それでは、プロクイーンの決勝を控え、緊張の糸で張り詰めている岩井茜プロにバトンを渡して終わりたいと思います。







執筆:朝武 雅晴

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。