日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士コラム > リレーエッセィ

プロ雀士コラム

まずはじめに、お断りしておかねばならぬ事がある。
このリレーエッセィは、ある者があるものを書き、それを名指しである者に送る。
送られたある者は、一ヶ月以内にやっぱりあるものを書き、それをある者に送る。
これ、いわば幸福の手紙の麻雀版である。
もちろん、送られた方は幸福どころか不幸の矢を射られたようでたまったものではない。
しかし、こんな読み物が麻雀ファンや仲間の見る楽しみとなれば幸いである。

(ホームページ編集部)

 


第33回:右田 勇一郎



はじめまして。
伊藤優孝プロからバトン受けとりました、A1リーグの右田勇一郎といいます。
今までは、観戦記やレポートなどを書くことは断ってきたのですが、A1まで昇り詰めたということもあり何かを残したくチャレンジする事にしました。
A1在籍2年目の無名Aリーガーですがよろしくお願いいたします。

まずは、私の事をほとんどの方が知らないと思うので簡単に自己紹介を。
右田勇一郎、新潟県生まれの千葉育ち。
自分の実力を試してみたくなり、10年前にプロ試験に挑みました。
16期生で入った当初は、鳳凰位をとりテレビ対局や麻雀講座をしたいと、高い目標をもって門をたたきましたが、フリー麻雀とは違う競技ルールになかなか対応しきれなかったため、挫折の連続で今まで地味に戦ってきました。

趣味は草野球です。
現在自分でチームを立ち上げ、監督兼選手として活動しています。
きっかけは、麻雀プロになった10年前、将来鳳凰位決定戦で1日6半荘戦える体力と集中力を身につけなければと思ったことです。
あと、ジム通いもはじめました。

少年時代は、5年間試合でエラーをした事が一度もなく、守備には絶対の自信がありました。
しかし、10年以上のブランクで下手に・・・
努力を怠ると力が落ちるのは麻雀にも共通していると思います。
努力は裏切らない!!

それから失った月日を取り戻すために、麻雀と共に力を入れて活動しています。
今では、連盟で5本の指に入るくらい野球上手いんじゃないの?と勝手に思っています。
あっ…
最初の目的は麻雀のためだったはずが・・・
肝心の麻雀は5本の指どころかまだまだ勉強中です・・・
最近あまり打つ機会がありませんが、月に2回ほどAルールのセットでフォームのチェックをしています。


さて、プロになろうとした動機ですが、
19歳の時に、2歳年上の津田沼で一番強いと言われてたメンバーさんと同卓しました。
この時メンバースリー入りで、半荘5回何もできずに3着ばかり・・・
思わず帰りに「麻雀教えてください」と弟子入りしました。
師匠とはそれからずっと一番仲がよく、いつも一緒に遊んでいて色々教えてくれました。
おかげで、知識も増えてフリーでも毎年トップ率0.36以上、ラス率0.15以下を10年近くキープしていました。

その師匠は、数年前にB1リーグのまま退会してしまい、師匠の分も自分は頑張りA1まで昇り詰めようと誓いました。
それからは、リーグ戦で好成績をあげるために自分に厳しく、降級したら引退の覚悟でリーグ戦を戦っています。
ここ3年間、リーグ戦でいい結果が出ているのは、勝つために日々の生活を改め、リーグ戦に悪影響が出ないように気を使って生きているからだと思います。


1、自分で決めた約束事は辛くても必ず守る。


負けた日は食事を抜いたり、3駅くらい手前から歩いて帰るなど自分に罰を与えたりしてます。

2、集中できない状態で麻雀を打たない事。


この2つを守る事と、あとは体力と集中力がついた事がいい結果に繋がっているのだと思います。


今年でA1リーグ2年目ですが、前年度のリーグ戦ではいい経験をさせていただきました。
最初の半年間は、A1の壁が予想よりはるかに高く、体調がかなり悪かった事と大きなマイナスを背負った事で、雑なひどい内容の麻雀になっていきました。

8節を終え最下位。
この時は降級すると覚悟しました。
しかし、降級するにしてもあと2節、結果はどうあれしっかり打とうと決心し、体調を整えて挑みました。

最終節、友人2人が観戦に来てくれました。
時間の都合で1回戦しか観戦できませんでしたが、卓内で一番集中して打てていた。
多分残留するだろうと話しながら帰って行ったそうです。

自分でもあの最終節は、今までで一番集中できていました。
冷静で我慢が効いていたと思います。
半荘4回を通して、当たり牌をギリギリで止めた局面が多かったのが残留につながったと思います。

あの最終節の経験が今期は活かされているからか、現在好成績を残せています。
今後も冷静に内容のいい麻雀にこだわって打っていきたいと思います。

では、次のバトンは同世代のA1リーガー老月貴紀プロにお渡ししたいと思います。








執筆:右田 勇一郎

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。