日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士コラム >勝負の神髄

プロ雀士コラム

勝負の神髄

執筆:荒 正義

 

瀬戸熊直樹は、麻雀に人生を賭けた男です。前に述べた通り、その点ではボクも同じです。
ボクが彼より勝るとすれば年季であり、引出しの数。
それは技であり麻雀の幅と、とらえても結構です。これは多少…自信があります。
しかし、麻雀の勝負はそんなもんでは決まらない。

まず、その日の「運」がある。次が体力、これは大事です。体力の有無はすぐに勝負に直結します。
そして展開があり、流れがある。これは卓につくまで未知数です。また名前と実績が、相手に与える影響も大きい。
麻雀はこれらの総力戦です。勝っているものが勝つのです。

では瀬戸熊と比べてみよう。
その日の運量は、若い分やっぱり向こうが上。
しかし1回戦の流れから、この日の運だけは自分に目があるかもしれません。
ただし、今日勝てても後3日残っているから、不安である。

体力は、圧倒的に瀬戸熊に軍配が上がる。
年は18歳こっちが上だし、体力づくりのジョギング対ウォーキングの運動能力の差を見ても、それは歴然である。
思考能力は体力から生まれるのです。

展開と流れは、引出しの数で変えることができるかもしれない。
しかし、それがうまくいくという保証も自信もなしだ。

名前と実績にしてもそうである。
それはこっちが少し上かもしれぬが、過去と現在の人――という差も考慮しなければならない。
彼は「十段」戦も手中に収め、鳳凰3連覇に挑戦中なのである。

下馬評だって彼の方が上なのだ。ただ下馬評は、ボクの闘志を奮い立たせる原動力にはなります。

(最終日、瀬戸熊と一騎打ちになれば、負けそうだ…)
これが正直な、ボクの気持なのでした。

では、それを避けるためにはどう対応すればいいのか――。
出した結論は、3日目までに大差をつけることでした。
その数字は100ポイントが目安。これで捲られたらしょうがない。


第2戦の東1局は、前回の流れが良いせいかボクに好手が入ります。
高めを引けば跳満で、断然有利です。ところが…見てくださいこの牌譜。

テンパイは遅く場に高いピンズの受けでしたが、1回戦の流れから引ける予感がありました。
が、その4枚目のを右田がツモ。しかも2,600オールで、かなりの打点です。

この時…
(それはボクのだ、ちゃんと名前が書いてあるだろう!)
…と思いました。

麻雀はアガリも放銃も連動します。いや、少なくともボクはそう考える。
しかし、このアガリを見た瞬間、前回の流れは無いものとし、一からのスタートを意識しました。
これがボクの、場合の状況判断です。

東2局はボクの親番ですが、瀬戸熊のアガリで決着。

やっぱり、怪しい雲行きです。ツモって右田が集めた点棒が本命の瀬戸熊に流れる…喜べない話です。
そして次の局は、望月の親の攻めが飛んできます。

この局は成功しませんでしたが、これが望月のパワー麻雀です。
彼のリーチをなめてはいけません。彼はヤミテン満貫でもリーチで跳満を引きに来るケースが多いからです。
この場合は安めではアがれませんからリーチは当然ですが、彼は仮に安めで上がれたとしてもリーチをかけて来る公算が高い。
侮れないタイプとみていいでしょう。
現にA1から降格したのにもかかわらず、1年で復帰を果たしたのは実力の証明といえるでしょう。

瀬戸熊の親番が来ました。
ボクの持ち味は、勝負の感性ですから五感をフル活動します。目、耳、脳、盲牌の感触、予知能力などです。
日常の鍛錬でこの五感を磨くのが、ボクの仕事です。そして同時に、相手の打ち筋や癖も合わせ見る。

この時、瀬戸熊の目に力が入っていました、これが目ヂカラ。打牌のトーンも少し高くなっています。となると、要注意です。
ですからのポンテンでかわしにかけます。しかし、瀬戸熊からリーチが入る。

流れが悪く、ここでボクはオリに回ります。
幸いに親の現物が4枚、オリ切れると思いました。がその後、受けの固い右田からが飛び出します。親のリーチに無筋の
彼が来ている―。そしてリーチではなく黙テンとなれば、親リーの現物の公算が大です。

このときボクは、今の瞬間しかないと思いに手をかけました。
2人の安全牌のがあるのは百も承知です。しかし右田の場合、危険を察したとき突如オリる可能性があります。
となれば瀬戸熊の1人旅、だから今なのです。

2本場で4,500の失点。
ラス目で痛い出費のようですが、そうではありません。
瀬戸熊もリーチ棒を出しているから、結果は3,500です。これで彼の勝負手を蹴れるなら、安い買い物とボクは思います。

右田の開かれた手を見て、ボクが感じたのは…
「その手は、リーチだろう…」でした。

たとえ相手が怖いオヤであろうと出て満貫、引いて跳満を取りに行く戦う姿勢がなければ、「鳳凰」は獲れないとボクは思います。
彼が勝負と出、リーチならボクはを切り勝負は見守っていたでしょう。

ただしヤミテンなら、この打ちは場合の応手です。

マークするということは…相手の思い通りには打たせない、という意味があります。
相手も損害を被るが、その分こちらも血を流し返り血も浴びる。
それが勝負の神髄、だと思います。

結果、第2戦は瀬戸熊との差がさらに開き1万点となりました。
さあ後は、振り返らず前を見て走るだけです。

(文中敬称略・以下次号)






執筆:荒 正義

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。