日本プロ麻雀連盟
第二回天空麻雀
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士コラム >第3期グランプリMAX中間報告

プロ雀士コラム

第3期グランプリMAX中間報告

執筆:瀬戸熊 直樹



第2期グランプリMAXで、勝又プロが連盟初タイトルを載冠したのは記憶に新しいですが、
今期もはや11月になり、グランプリの出場ポイントが気になる季節となりました。
ここで、これまでの途中経過とポイントボーダーを予測してみたいと思います。

各シード選手とポイント進出者からなるこのタイトル戦。
シード選手が複数のタイトルを獲った場合や、ポイント達成者が出場条件を満たさない場合(四大タイトル戦のうち最低3つの出場が義務)
などにより、ポイントによる通過者は毎年多少変化します。

第1期がポイントによる通過順位は29位。獲得ポイントは12080Pでした。
第2期が30位でポイントは12932P。
2年間のデータしかありませんが、今期もこの辺りが予想されるでしょう。

Aリーガーは、基礎ポイント(プロランキングポイント)が高い為、出場の大多数を占めますが、
昨年度は、タイトルを獲得していないBリーグ以下の出場者は7名(B毅洩勝■足僑洩勝■鱈毅缶勝■牒毅洩勝法
そのポイント内訳を見てみると、G汽織ぅ肇襪侶莨,暴仂譴垢襪、全てのタイトル戦で上位に喰い込む事が条件となります。

例えば、今期の内川幸太郎プロをモデルに考えてみましょう。
B汽蝓璽綾蠡阿瞭眄逎廛蹐蓮△海海泙任粒容瀬櫂ぅ鵐箸6480P。
残すは後期リーグ戦、王位戦、チャンピオンズリーグとなっております。

リーグ戦を前期と同じ順位(5位)で終えた場合、獲得ポイントは、2880P。
王位戦は昨年決勝に残っているので、ベスト72からのシードになり、ここで負けた場合1500P。
チャンピオンズリーグ予選で負けた場合150P。四大タイトル出場ポイントが1000P。合計は12010P。
ボーダーまであと1000P程必要となります。
よって、王位戦でベスト28に入るか、チャンピオンズリーグで3位に入る事が条件となります。

現在5000P台のB〜Dリーグの人は、王位戦で上位に入る事が大切になってきます。
それ以下の方は、王位戦で決勝に残るか、チャンピオンズリーグでの優勝が条件となってきます。
また、Aリーグの人も、マスターズ、十段戦で出場ポイントしか得られなかった人は、
リーグ戦の順位を1つでも上げる事が重要となってきます。


グランプリMAXの優れている点は、何と言ってもこのポイント制の導入にあるのではないでしょうか。
1つ1つの対局が、若い人々にチャンスを与えている気がします。

「チャンスは掴むもの」

これから絶対にこの世界で頑張るんだと言う人には、1日1日を大切に、全ての対局を真剣に挑んで欲しいと思います。
全ての対局がつながっているグランプリMAX。
まさに年度末に相応しいタイトル戦と言えるでしょう。
                                                                

 



                                  


執筆:瀬戸熊 直樹

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
ALRAN
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。