日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士コラム >第2期グランプリMAX中間報告

プロ雀士コラム

第2期グランプリMAX中間報告

執筆:瀬戸熊 直樹

昨年度からリニューアルされた“麻雀グランプリMAX”。
小島武夫プロが第一期記念大会に優勝されたことは、記憶に新しいですね。

さて、十段戦やプロクイーンも終了し、いよいよタイトル戦も後半戦を迎えました。
ここで、出場が確定した選手と、今後のポイント争いをご紹介したいと思います。


★ベスト16トーナメント確定者    

小島武夫(前年度優勝)
奈良圭純(マスターズ優勝)
瀬戸熊直樹(十段戦優勝)


★2次予選確定者     
灘麻太郎(九段シード)
和久津晶(今年度プロクイーン優勝)


★1次予選確定者 
荒正義(九段シード) 
伊藤優孝(九段シード)   
森山茂和(九段シード)
古川孝次(九段シード)
前原雄大(九段シード)
大庭三四郎(新人王)
山井弘(前期チャンピオンズリーグ優勝)
 
 
なお、2次、1次予選出場確定者の中より、獲得ポイント、タイトル獲得によって、繰り上がる可能性が大きいです。
A1所属の、荒、伊藤、前原は2次予選へと繰り上がる可能性が高いでしょう。
  
昨年のポイントランキングによる通過者は29位まで。
ポイントは、12,080Pでした。

次点の30位は、12,050P。
12,000Pという数字は、A汽蝓璽虻濱匱圓蓮■澗腑織ぅ肇襪冒瓦峠仂譴靴討い譴弌△曚椒リア可能な数字です。

A競蝓璽虻濱匱圓蓮∩瓦峠仂譴靴討發匹海である程度勝たないと、大体11,000P止まりです。

B機■足兇料手は、自身のリーグでの上位成績プラス、タイトル戦でのベスト16以上が必須条件です。 

C汽蝓璽旭焚爾料手は、タイトル戦での決勝進出が必須条件となります。

12,000Pをクリアしている、またはクリアしそうな選手は、
十段戦準優勝の堀内正人、同じく十段戦4位の水戸亮祐、
そして春のマスターズ準優勝の樋口新、3位の西川淳の4名が有力です。

ちなみに、現在12,000Pクリアが難しいと予想される選手が、グランプリ出場の為に残されたパターンを紹介しますと、

O王位戦での優勝(ベスト16シード)または準優勝(+8,000P)
O後期チャンピオンズリーグ優勝(1次予選シード)   
O女流桜花優勝(2次予選シード)
O他団体主催のタイトル戦優勝(+10,000P) 
などです。

また、グランプリ開催が近づきましたら、さらに詳しくご報告したいと思います。
各自ポイントを確認のうえ、後半戦も熱い戦いを期待しております。

{注・発表されたポイントに集計漏れなどがあった場合、ポイントランキングの変動がある場合もございますのでご了承下さい}

 


                                  


執筆:瀬戸熊 直樹

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
ALRAN
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。