日本プロ麻雀連盟
第2回ロン2カップ
日本プロ麻雀連盟HOME 日本プロ麻雀連盟のご案内 牌譜データサービス ロン2のご案内 タイトル戦のご案内 インフォメーション プロ雀士情報 雀力アップ
ホームプロ雀士コラム >舞台の裏

プロ雀士コラム

舞台の裏

 


今月(2月)に入って、二度の麻雀撮影がありました。
「モンド21麻雀プロリーグ名人戦」です。
これは50歳以上のプロ8名で予選を行い、上位4名が決勝進出する大会です。

出場選手は、プロ連盟は小島武夫、伊藤優孝、森山茂和とボクの4名で、他団体が4名の割合でした。

これは、女子プロや若手プロの成長と人気が高まってきたので、50歳を区切りとして上と下を色分けした模様です。
その方が視聴者も的を絞れて見やすいし、全員出すのは人数的にも土台無理な話。

テレビは影響力が大きいですから、予選で敗れてはプロの恥、と皆が頑張ります。
しかし、予選は7回戦の短期戦ですから、そうはうまく問屋が卸さない。
「オレだけは負けるはずが無い」なんて思ってはいても、けっこうやられてしまうものなのです。

4人が打っているその間、抜け番の4人の1人が解説にまわり、他の3人は選手控え室で関係者に混じってモニター観戦となるのです。

実は一番笑えるのが、この舞台の裏の話なのです。

3回戦までは皆、余裕があります。
でも、4、5回戦になると陥落組みと決勝進出組が色分けされてきます。
今年も上位は混戦状態でした。、
残りは2回。次に自力でトップを取れはいいのですが、もっといいことは競っているライバルが自滅してくれることなんです。いわば他力本願。

ところが、そのライバルの手がいい。たとえばの話、こんな手が入る。

 ドラ

ここにスコンとを引いて、スパッとリーチが入る。
すると思わず、
「キャッ!」と声が出る。
一発目のツモで「萬」の文字が見えると
「止めて!」悲鳴の雄叫び。しかし、その牌は隣のでした。
周りから笑いが起こる。
観戦のプロも関係者もそのプロがなぜ奇声を発したのか、しっかり状況を把握していたのである。
「でも、--は5枚生きだよ。ツモるよ、この受けは」と、小島さん。
「えっ!そんな・・・どうせツモルなら願わくばの方で・・・」と、なるのである。

ラス前の接戦状態で、ハネ満ツモなら万事が窮する。ところが勝負は、意外な結末を迎えたのである。
このとき、ラス目の親は浮いたドラにドラを重ね流局間際、カンのリーチだ。しかも一発で、このラス牌を先制リーチから打ち取ったのである。
「キャア!この親さんてステキ!」と、こうなるのである。すると観戦していたもう一人のライバルも喜んでいう。
「この○○さんの勝負弱さがオレは好きなのよ!」
次回の出番は、この親をマークしこの○○さんを踏み台とするのが戦い巧者である。
この時にかぎっては因果応報なんてクソくらえ、人の不幸は美徳の喜びとなるのである。

(注:上記の牌姿は、実際の名人戦でのものではありません。)




もちろん、舞台の裏の話は麻雀だけとは限らない。

(ところで検査結果はどうなった?)
(腎臓に小さな石が見つかった。血尿はこれが原因じゃないかって)
(そうか、石なら好かったね)
(うん、ありがとう)
(オレは中性脂肪が多いんだよな)
(大丈夫、ここの選手の6人は皆メタボリック症候群だから。運動と食事療法で落とせるよ!)。
(ねえねえ、尿酸値が8の数値はどうなの?)
(それは痛風の一歩手前だから6の台まで落とすこと。やっぱりそれも適度な運動と食事療法がいいらしいよ)
(何がダメ?)
(まず、魚卵。次に肉系と内臓もダメで蛸もダメ。ようするにプリン体は全部ダメらしいよ。コルステロールでいうと卵黄はダメの方の横綱だってさ)
(蛸刺しは好物なのになァ。でも、卵白は摂っていい食品の横綱だっていうぜ!)
(じゃあ、卵を一個丸々食べたらどうなるの?)
皆、よく分からない。で、結局は、
(うーん・・・一日一個くらいはいいんじゃねえの?)となったのである。
(なら、血糖値が140は、どうなのよ?)
(それは糖尿病予備軍、早く食事療法を摂らないといけないよ。怖いのは合併症だからネ)

誰かが言った。
「ここって、まるで大病院の待合室みたいですね・・・」

これがボクたちの壮年の、「舞台の裏」の話なのである。

 







文責:荒 正義  (執筆:2008年2月27日)

ページトップ
麻雀格闘倶楽部 好評稼働中!
GyaOバナー白
近代麻雀2
モンド21麻雀プロリーグ
麻雀格闘部呂倶
日本プロ麻雀連盟メールマガジン
トップページ牌画の利用について引用・リンクについて広告についてよくあるご質問お問い合わせサイトマップ
日本プロ麻雀連盟
Copyright 1997-2010 Japan Professional Mahjong League. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.
ma-jan.or.jpの記事・写真等の無断転載はお断りします。